風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: ドライブ

Comment (6)  Trackback (0)

肘折損の草臥れ儲け

 夕べから未明にかけての強風は、物凄かったですね。
 空気の圧力が急変するのを実感しました。


 暮れの鶴岡の散策散歩は散々でしたが、今回のツーリングの第二のミッションへ向かいます。

 藤島からまず立川へ。立川ウィンドファームの風車たちが元気に発電しているのを確認し、国道47号線を最上川に沿って東進。

 新庄市に入ってから道を南へそれて、今度は国道458号線。大蔵村に入り、銅山川に沿って山を登ります。

s-124.jpg

 再び、雪道です。

s-125.jpg

 なんとスキー場をかすめてさらに登ります。この道はいつかきた道なんですが、こんな山奥だったかな。

 肘折トンネルを通った先に突然開ける集落が、肘折温泉郷。
 タイムトンネルの向こう側です。

s-190.jpg

 最新のデータによれば、温泉宿が27軒もあるのです。

 しかし流石に冬は1/3が閉まっていたように見えました。

IMGP0496.jpg

 この銅山川の上流には、永松銅山と言う、戦前までは日本有数の銅山があったそうで、同じ新庄盆地周辺には、銀山と銅山があったわけです。金山もあったかな。表彰台独占。

IMGP0497.jpg

 銀山温泉もそうですが、実に絵になる秘湯の地なんですね。

IMGP0457.jpgby Pentax K-x + DA21mm/F3.2

 普段は朝市で有名な目抜き通り。

IMGP0464.jpg

 流石に真っ暗だったのですが、最新のデジタル一眼は、自動でISO6400まで感度が上がるので、手持ちで写真が撮れてしまいます。

               IMGP0459.jpg

 この旧肘折郵便局の写真、ISO-6400、絞り開放で、1/20秒ぐらいですよ。

IMGP0460.jpg

 肘折温泉の開湯由来を得意のコピペで。温泉のHPからです。

 地蔵権現の教えを信じ、今に伝わる長い歴史を湯の中に見る。
 肘折温泉の発見は、今から約千二百年ほど前、大同二年(807)平城天皇の時代とされ、第百代後小松天皇の御代明徳二年(1391)の正月二日に、初めて温泉場として開業しました。


IMGP0484.jpg

 発見にまつわる伝説も興味深く、“昔、豊後の国(大分県)からきた源翁という老人が山中で道に迷い途方にくれていたところ、後光きらめく老僧に出会った。”というようなことがらが縁起書に記されています。この老僧こそが地蔵権現であり、かつて肘を折って苦しんでいたときに、この湯につかったところたちまち傷が治った、と語り、世上に湯の効能を伝えるべく翁にいい渡したとされています。以後、近郷の農山村の人々が農作業の疲れを癒す温泉場として、また骨折や傷に有効な湯治場としてにぎわってきました。

IMGP0482.jpg

 また、老僧が住んでいた洞窟は“地蔵倉”と呼ばれるようになり、今では縁結びの神として参詣が絶えません。

               IMGP0475.jpg

 肘折の名物のひとつに挙げられるのが朝市。自分で作ったもの、畑で採れたものを気さくなおばちゃんたちが旅館の軒先で直接売ってくれる、全国でも珍しい市です。冬場を除く毎日、午前5時になると地元・朝市組合のおばさんたちが新鮮な野菜や山菜、果物、また自分で作った笹巻きやしそ巻きなど、その季節の新鮮な旬のもの、サルノコシカケ、マムシといった漢方薬などを道端にズラリと並べ、賑やかに朝市が始まります 。

               IMGP0463.jpg

 そして両側に並んだ市をのぞきこみながら、カランコロンと下駄を鳴らして歩く湯治客に、おばさんたちから元気よく声がかかります。毎年訪れる常連さんも多く「おばちゃん、今年も来たよ」「元気で来られて良かったね」といった会話や「元気になって明日帰るから、何か珍しいもの持ってきて」といった声があちこちから聞こえ、ほのぼのとした雰囲気が街に広がります。

IMGP0467.jpg

 今では、旅館で食事を出してもらう人が多いのですが、以前は湯治と言えば自炊が一般的でした。肘折に泊まっている湯治客は、この朝市で材料を調達し、自炊しながら何日も滞在したといわれています。もちろん、今もその風情を残し、自炊する人もいます。また、家族や知人へのお土産として、新鮮な肘折特産品を買って帰っていきます。

IMGP0471.jpg

[泉質] 塩化物泉  炭酸水素塩泉
[浴用] 切傷・やけど・慢性皮膚病・虚弱児童・慢性婦人病
[飲用] 慢性消化器病・慢性便秘・糖尿病・痛風・肝臓病
*腎臓病・高血圧症などで、むくみのある場合は禁忌。


IMGP0474.jpg

 そして今宵のお宿は「湯宿 元河原湯」

IMGP0489.jpg

 源泉かけ流しのお湯を、惜しげもなく路面凍結防止に使用しています。

               IMGP0490.jpg

 ”風”の文字と、正時を告げる古い振り子時計の前に、インターネット用のパソコン。

IMGP0491.jpg

 湯治宿にも、ネット環境はあった方が良いのです。
 こっち側に戻れなくなる。
関連記事
テーマ : 温泉旅行  ジャンル : 旅行

Comments


素晴らしい写真、つげ義春の世界のようですね。そういえばつげ義春も「ピント屋」をやっていましたっけ。
ジモティもびっくり
大雪・吹雪・ホワイトアウトの世界からやっと帰還してまいりました。自然は怖いです。
実家の家族に風写さんたちの年末ドライブコースを話したら、「鶴岡さ来て肘折さ泊まる!? なんだどってや!? オイがだだば、まんず考えらいねの…」と驚いてましたヨ。
タイトルに拍手!
苦し紛れのタイトルに、このツアーの厳しさが伝わってきます。ISO6400恐るべし、です。このサイズだと粒子のあれが気になりませんね。
なんだどってや?
地元の人からすれば、不思議でしょうね。
何で今の時期に肘折くんだりまでわざわざ来るんだろうと思うのでしょうね(笑)
方言が凄く生き生きと伝わって来て、良いです・・
さしずめ、「なにすや、なじょなわげで?おれだずがらすれば、まず、かんげえられねえごどだっちゃねや」
となるのですかね(笑)

きぬのみちさん
ありがとうございます

つげ義春
調布に住んでいたんですね
中古カメラの売買と修理
ピント商会と言うのが正式名称みたいです
1年ぐらいしか持たなかったみたい

kazuさん
ありがとうございます
高画素競争がやっと収まって
最近の撮像素子は感度アップの方向に向かっているのでした
特に暗い場所で撮影することが多い人には、今が新型カメラの買い時です
http://hoosha.blog83.fc2.com/blog-entry-38.html

anegoさん
LYNX☆さん

鶴岡さ来たら、地元に泊まれと言うことなんでしょうね。温泉地もいろいろあるし。

私の旅行パターンは、泊まるところを先に決めてしまうんです。
それであとから車で行ける範囲で、回る場所を決めてく。
車で走るのが大事な目的ですから。

結果的にはもう少し肘折でのんびりして、大石田で蕎麦喰って帰ってきた方が良かったですね。






MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


12345678910111213141516171819202122232425262728293011 2019