風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 美味いもん

Comment (4)  Trackback (0)

ヘルシーな蕎麦屋呑みのはずだったのに

満月の夜。

IMG_0409_20120408065019.jpg

 ある酒を持ち込んで、仲間と呑むために集まったのは、長町の母里。

IMG_0399.jpg

 その酒とは、

     IMG_0408as.jpg

 伯楽星純米大吟醸 Unite311、スーパーセブン。

 添付された新澤社長ののメッセージ (某HPからの引用で、正確ではない可能性もあります)

3月11日 ... 地震直後の危険な中、全国の酒蔵様が宮城県入りし、酒造りの再建に力を貸してくれました。
交通機関が麻痺し、車などで乗合をして来てくれた全国の蔵元48蔵51名。
140年の蔵、解体前の最後の酒造り。
日本一の精米歩合7%。
全壊した蔵で醸した様子を日本酒とDVDにしました。
この日本酒は価格を付けずにpricelessとして、心を込めて皆様へ送付させて頂きます。
DVDは淡々と20分程度の酒造りの様子が流れています。
不謹慎な時期ながら、皆様と米を洗い、種麹を振り、本当に楽しく、かけがえのない空間を頂きました。
画像の何倍もの時間の中で酒造りと向き合い、1本のお酒が出来上がることの大切さと難しさ、純粋な酒造りへの愛情を教えて頂きました。
本当にありがとうございます。
助けられてばかりの蔵ですが、今度は助けられる側になれるよう、精一杯酒造業に精進してまいりたいと思います。
          株式会社新澤醸造店 代表取締役 新澤巖夫


 苦味、酸味、雑味の全くない、澄んで柔らかい蜜のような、しかし甘いわけでもない、今まで飲んだことがない美味しいお酒でした。

 びーえむあいさん、ありがとう。

 イベリコ豚。

IMG_0402.jpg

 親方が出してくれた、珍しいお酒。

     IMG_0405.jpg

 栗原の門傳酒造、ササニシキの特別純米酒、坤輿。

 超気に入ったお猪口。昔父が榛名グラスで買ってきたものと似ています。

IMG_0400_20120408065018.jpg

 何やら薀蓄を語っている親方。

IMG_0403mo.jpg

 実に美味しかった〆の二種類の手打ち蕎麦。

IMG_0407.jpg

 二次会はこんな横町へ。

IMG_0411.jpg

 広瀬橋のそばにこんな横町があるのは全く知りませんでした。

IMG_0414.jpg

 燻製が売りのNuggetsです。

     IMG_0418mo.jpg

 注いで注がれて。

 禁断のハムカツ。

IMG_0419.jpg

 またまた楽しい夜になりました。写真はiPhone4Sです。
関連記事
テーマ : こんなお店行きました  ジャンル : グルメ

Comments

長町フラワー通り
ヘルシーな呑みの後の「ハムカツ」ゼロサム?ですね。フラワー通りの奥にある「びーわん」。20年ほど前に盛岡から引っ越してきた友人が「盛岡を思い出す」と言って通っていたじゃじゃ麺のお店です。ディ-プです。楽しいイベント、ぜひこれからもお願いします!
スマホカメラ侮れない
ん~、こんなお酒あるのですか。
酒造り職人の心意気が感じられます。
3.11当日というのがまたすごい。

スマホカメラ、すごいですね。
友人に、先日の、金星・月・木星、縦並びのスマホ写真みせられて、驚きました。
かくうたさんへ
近所にもじゃじゃ麺やさんがあったのですが、どうも最近、焼きそば屋さんに変身してしまったようです。
http://r.tabelog.com/miyagi/A0401/A040101/4012231/
仙台には盛岡から来た人多いですよね。
kazuさんへ
おそらく、今、日本中で若い人達が試行錯誤しながら美味い酒を作っています。
10年前の常識も通じません。

いわゆる年功序列の職人世界が、情報社会で崩壊しつつあるのだと思います。

たぶん酒に限らないのでしょうし、悪い面もあるのでしょうが、美味い酒が呑めれば言う事なし。






MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


1234567891011121314151617181920212223242526272829303112 2019