風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: ドライブ

Comment (4)  Trackback (0)

暮れには来ないで......くれ

 暮れの29日に、ジムニーで庄内へ向かってみました。

 宮城県内から山形盆地までの天気はまぁまぁ。

s-005.jpg

 ところが案の定、山形市を過ぎ月山が近づいてくると、圧雪です。

s-008.jpg

 まあそれでも四駆にスタッドレスならどうと言うこともありませんが、安全運転。

 ところで年末はずっとETC割引がありませんでしたね。

 それもあって湯殿山ICで国道へ出て、月山あさひ博物村のワイナリーで「村民還元」赤ワインの一升瓶を購入しました。次回のイベント用ですね。


 鶴岡の「積善三昧庵」で昼飯です。せきぜんざんまいあん。デロリアンみたい。

 目の前を羽越線が通過します。

CA3A0009_20100101171019.jpg

 出羽の国では、うどんといえば稲庭うどんが標準のようで、素麺のように引っ張り伸ばして作る稲庭うどんに対して、平面に伸ばして切る、讃岐うどんその他、全国的には標準的なうどんを庄内では麦切りと呼びます。

 蕎麦も蕎麦切り。

 考えるにうどんや蕎麦は、切る道具、つまり金属の包丁が一般に使われる様になるずっと前から、大豆や蕎麦の実を挽いて、水と一緒に捏ねて、薄くちぎったり、団子にして、茹でたり焼いたり食べていたものを、まず伸ばして細くする方向に進化したあとから、包丁が一般の人々の手に入る様になり、初めて切って茹でて食するようになったものなんではないでしょうか。

CA3A0002_20100101171019.jpg

 ごく普通のお店、しかしメニューはたったの5種類。麦切り、蕎麦切り、相盛りに、肉うどん、肉そば。最初の三つに大盛りがあるので。品書きの板は合計8枚だけです。
 肉麦切りとは呼ばないんですね。

CA3A0006_20100101171019.jpg

 ピンボケですが、薬味の入れ物の周りに、気になる竹わっぱ。

 何でしょうね。

CA3A0003_20100101171233.jpg

 麦切りの大盛り800円です。
 出しのお替わりと、蕎麦湯がいっしょに出てきました。

 麦切りにも蕎麦湯がついてくるのはうれしいけど、もし朝から誰も蕎麦を注文しなかったら、麦湯?

 素晴らしい透明感とぷりぷり感。

CA3A0005_20100101171233.jpg

 鰹節の香りが超強い出しもいけますよ。

CA3A0004_20100101171233.jpg

 で、写真を見ると、ざるが浮遊しているように見えるのが、これのおかげだったのです。

CA3A0007_20100101171233.jpg

 全く水は落ちていなくて、麦切りの水切りはしっかりしています。

 この後鶴岡の中心部を少しぶらつくのが、この日のミッションだったのですが、車を降りたら、あられが降ってきました。

 あられ男。

IMGP0417.jpg

 昨年冬の酒田に行った時もそうだったのですが、雪になったら建物の中へ入るのが当然定番。

 ところが上の写真の柵の向こう、200年前に建てられた、庄内藩校致道館は年末で休館。そばにさえ寄れません。

 こちら、致道博物館も休館。これは重文の旧西田川郡役所でしょうか。
 周りから眺めるだけ。

IMGP0411.jpg

 雪に埋れた鶴岡城址のお堀は凍結している始末。

IMGP0443cc.jpg

 カメラ、不調ですね。

 大正時代の建築、大宝館にも入れません。

IMGP0415.jpg

 これも重文、鶴岡の豪商風間家の住宅、丙申堂なんですが、休館中。

IMGP0436.jpg

 映画「蝉しぐれ」で使われたそうです。

 こちらも致道博物館内にある、明治の建築、旧鶴岡警察署庁舎も、柵越しに写真をとっただけでした。おまけにカメラも不調。

IMGP0448cc.jpg

 変な色です。

 お昼を食べた三昧庵、かつてはこの辺にあったそうです。


 鶴岡市街は諦めて、旧藤島町まで足を伸ばしました。

 こっちは、旧東田川郡役所。明治時代の建築です。

IMGP0450.jpg

 やっぱり入れませんでした。

 素晴らしい建築ばかりなんですけどね。

 庄内人よ!!
 暮れにも観光客を受け入れろーーー。寒いよーー。
関連記事
テーマ : 旅行、旅、ドライブ  ジャンル : 旅行

Comments

明けましておめでとうございます
お久しぶりです
なかなかコメント書かない青森の冬将軍です(笑)
お城と洋館の雰囲気は弘前にも似ていますね!

今年は新幹線も青森まで開通します。是非一度お越し下さい!

鶴岡もいいですね、霞ヶ関は今日も快晴ですが、今月下旬に鶴岡ではなく、敦賀に行くのですが、雪が楽しみです。
東北の明治村!
建物(







建物写真、グッドです。


































































































































































































































































































寒い中、みごとな写真ばかり。





なんじゃーー
kazuさん
ありがとうございます
でもなんでこんなに沢山スペースがあるんでしょう!?

冬将軍さん
今朝の番組でも冬将軍劇場やってますよ。
ブログはじめたんですね。
楽しみです。
読んだ人が青森に行きたくなるようなブログを期待しています。
リンクもしておきますね。

湖水地方さん
敦賀ですか。
大人の休日倶楽部で行ける西の果て、福井方面にはぜひ一度行ってみたいと思います。
蟹、鰤、牡蠣。美味しそう。






MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


12345678910111213141516171819202122232425262728293009 2019