風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: Car & Bike

Comment (2)  Trackback (0)

Go your own way

 若い頃読んだSF小説で、近未来の世界、自動車は基本的に自動化され(変な日本語)、目的地を入力すれば、運転しなくても自動的に誘導されて、行きたい場所にたどり着けるという物語のシチュエーションがありました。

 タイトルも著者も忘れましたが、覚えているということは、それだけ印象に残っているのでしょう。
 ストーリーや結末も覚えていませんが、主人公は、高い税金か何かを支払うことで許される、数少ないマニュアル運転が可能な車に乗っていたのです。

 そのような自動化システムを実現する技術はすでに現在の世界にはありますが、地下鉄を一本通すのにも5年10年かかるわけですから、実際にはもちろん簡単ではありません。

 一方、海外の大都市で、道路渋滞を緩和するために、市内への進入制限をかけている街があります。
 もちろん、ここでは車は、まず移動手段として捉えられているわけです。当然ですが。

 自動車には、目的地まで短時間で、できるだけ快適に人と荷物を運ぶと言う機能と、ひたすら走ったり移動する景色を楽しむと言う趣味的な機能がありますね。
 ほとんどの人は前者を求めて車を所有しているわけで、先のSF小説の世界では、眠っていても目的地に辿りつける自動自動車に乗る人達になります。

 車で走るのが好きで、週末はかならずツーリングに行くよという人でも、実際の走行距離の半分以上は、通勤や単なる移動手段として、車を使っていると思います。

 そんなこんなで何を書きたいのか、よくわからなくなっていますが、私は、車はもう電気自動車の世界へまっしぐらに向かっていると思うのです。

 日産リーフのHPから無断引用の絵。

index_img_01.jpg

 多少は演出もあるのでしょうが、なんと単純。床下に並ぶバッテリーのせいで、1.5t以上と重い車ではありますが、モーターはずいぶん小さくて、構造がシンプル。

 そう、そのメカニズムがシンプルという点が、今後新たな自動車メーカーを生み出してくると思うのです。

 中学校の技術家庭で習ったガソリンエンジンの構造と、マブチモーターで作った模型の自動車。
 差は歴然ですよね。

 ただ、もちろんバッテリーがもっと軽量化されること、充電可能な場所が増えることが絶対条件ですが、時間が解決してくれるように思います。

 だから、今はまだ早い。
 まず、うちのマンションには充電設備が無いし。

 ではHVなのでしょうか。

bodycolor_img_car09.jpg

 トヨタ初の5ナンバーサイズHV、AQUA(TOYOTAのHPから無断借用)。かっこいいですね。おまけにMADE IN TOHOKUです。

 デザインももうひとつ、車を買うのには大事な要素。
 現行の小型車の中では、デミオやスイフトと並んで好きなデザインです。美しいブルーもあるし(デザインサイコーのアルファMITOにはない)。

 好燃費と言われるハイブリッド車ですが、データ上は同じぐらいの数値のガソリン車もあり、なんだかそちらのほうがお得な気もしますね。

 ま、いずれにしても、燃費で車を選ぶのは、年金生活に入ってからにしたいと思います。



 でもSFワールドでも我が道を行きたい、B型です。



 Go Your Own Way. 勝手にしやがれ!! って意味みたいですけどね。
関連記事
テーマ : エコカー  ジャンル : 車・バイク

Comments

勝手にしやがれ・・・
☆風写さんへ

年金生活になる前に、格好が良く、効率が悪く、とんでもなく速いスポーツカーに乗って下さい。

私はもはや不可能です・・・・格好良いシニアカーを探している所です・・・

最近、オートバイも駆動力に電気を使うモデルを開発しているようで、そうなるとまさにモーターサイクルになってしまいますね。
LYNX☆さんへ
いつもコメント有難うございます。

モーターという単語はドイツ語ですが、原動機、発動機という意味ですね。
だから元々はエンジンのことなんです。

電気自動車の発動機は電気モーターということになりますね。

ガソリンエンジンのシニアカーはないと思いますが、ぜひ山猫クラブ発の、かっこいいシニアカーを開発してください。






MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


12345678910111213141516171819202122232425262728293011 2019