風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: ドライブ

Comment (2)  Trackback (0)

初詣のはしご

 一昨日、昨日からの続きです。

 朝風呂に入ってから、朝飯。

       P1030600_20120108143800.jpg

 これだけオカズがあれば、飯三杯は行けそうですが、二杯で我慢しました。

 車で出発する前に、最後の温泉、そして裏山を散策することにしました。

       IMGP9946.jpg

 ちょうど大和屋の脇に近道が。
 この丘には烏帽子山公園という公園が広がっているらしいのですが、雪掻きされているのはこの神社への参道だけ、結果的に初詣になってしまいました。

IMGP9947.jpg

 鳥居の両側は、枝垂桜のようですね。桜の名所でもあるんです。

 温泉街、平らかですねぇ。

IMGP9948.jpg

 狛犬らしい。

IMGP9950.jpg

 これが烏帽子山の由来だそうです。烏帽子岩。

IMGP9953.jpg

 チャコの海岸物語とは、全く異なるロケーションです。

 烏帽子山八幡宮

IMGP9954.jpg

 雪国の神社仏閣、雪のシーズンは、こんな雪ガードが設置されてしまうため、霊験が今ひとつあらたかに見えません。

IMGP9955.jpg

 それでも新年のお祈りをしてきました。

 そして、先ほどくぐってきた鳥居、日本一なんだそうなんです。

IMGP9956.jpg

 くぐった時は、コンクリート製かと思ったのですが、なんと石造り。それもこの烏帽子山から切り出した石だそうです。
 継ぎ目なしの石造りで日本一大きいのだとか。

 まさか全てがひとつの石ではないでしょうから、四つの石という事になりますね。

 ジムニーを動かして、最初に向かったのは此処。

       P1030603.jpg

 大浦ワイナリーです。

P1030602.jpg

 地ワインの一升瓶をゲット。

 赤湯温泉をあとにします。百福亭の前を通って、国道13号、399号。高畠に入ります。

P1030605mo.jpg

 向かったのは、初めて来てみた神社お寺です。

       IMGP9958.jpg

 子供連れが多いですね。

IMGP9975.jpg

 こちらも雪と防雪シートでほとんど建物が見えませんが、亀岡文殊、大聖寺。

 学問の神様、ということになるのでしょうか。

IMGP9974.jpg

 ウィキペディアによれば、大聖寺(だいしょうじ)は、山形県東置賜郡高畠町亀岡にある真言宗智山派の寺院。山号は松高山。本尊は大日如来。この寺の文殊菩薩は「亀岡文殊(亀岡の文殊)」と呼ばれ、安倍文殊院(奈良県桜井市)・切戸文殊(京都府宮津市)とともに日本三文殊のひとつに数えられる。

 うちと同じ宗派でした。

IMGP9963.jpg

 もんじゅとひらがなで書くと、原子力関係になってしまいますが、文殊といえば、

【三人寄れば文殊の知恵の解説】
【用例】 「解決策はないと諦めないで、みんなで話し合って知恵を出し合おう。三人寄れば文殊の知恵というじゃないか」
【注釈】 「文殊」とは知恵をつかさどる菩薩のことで、凡人でも三人で集まって相談すれば、文殊に劣らぬほどよい知恵が出るものだということ。

IMGP9970.jpg

【注意】 文殊は菩薩の一人であるが、「文殊」を「菩薩」と言い換えるのは誤り。
凡人が集まる意なので、目上の人に使うときは注意が必要。
【類義】 三人にして迷うことなし/三人寄れば師匠の出来/衆力功あり/一人の好士より三人の愚者/一人の文殊より三人のたくらだ
【対義】 三人寄っても下種は下種
【英語】 Two heads are better than one.(一人の頭より二人の頭の方がまさっている)
     Two eyes can see more than one.(二つの目は一つの目より多くものを見ることができる)
 故事ことわざ辞典より。

       IMGP9971mo.jpg

 高畠といえば、昭和ミニ資料館通り

P1030606.jpg

 この日はたまたま通っただけでした。

 そしてこちらもお馴染み、安久津八幡宮

IMGP9979.jpg

 完全に雪の中です。この日は遠くから眺めただけ。

 竪穴式住居も、なんだかよくわからない状態。

IMGP9980.jpg

 車は道の駅に停めたのですが、甘酒の振る舞いがありました。

IMGP9981mo.jpg

 温まりました。

IMGP9984.jpg

 引き続き国道113号線を東進。

P1030607.jpg

 宮城県に戻りました。

 自分用の土産物はこれだけ。

       DSCN1038.jpg

 右側の「うまいたれ」、これがなおちゃん御用達だったかなぁ。

DSCN1039.jpgDSCN1040.jpg

関連記事
テーマ : 神社仏閣  ジャンル : 学問・文化・芸術

Comments

大聖寺
☆風写さんへ
おはよう・・・
大聖寺に一度行った事が有るのですが、長い階段の途中の左側に、小さな石仏が並んでいたのがとても印象的でした・・多分雪にうずもれて見えなかったと思います。
なかなか良い所ですね・・・・
LYNX☆さんへ
おばんです

はい
立派な木造建築がいくつもありました。

また行きたいと思います。






MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
最新の記事
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


1234567891011121314151617181920212223242526272829303108 2019