風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 街角探検

Comment (2)  Trackback (0)

たっぷり歩いて、足に豆

 大阪の朝は、気合です。

     DSCN0125.jpg

 いい天気。

DSCN0126.jpg

 東京と似ているようで、何かが違います。

DSCN0127.jpg

 ナニワの都。散歩します。

   DSCN0150.jpg

 まずは、中之島、御堂筋を挟んで大阪市役所並びの、日銀大阪支店。

DSCN0130.jpg

 この建物の外装には花崗岩が用いられています。

 日本銀行大阪支店の敷地は、江戸時代に島原藩蔵屋敷があった場所で、 1871年(明治4年)には駅逓司大阪郵便役所が置かれました。

 設計者の辰野金吾(たつの・きんご 1854-1919)は、 日本銀行の本店や旧小樽支店の設計も行っています。
 (某HPから無断引用)

 そして、府立中之島図書館。

DSCN0132.jpg

 立派です。ウィキペディアから。

 住友家の寄付を受けて建造が開始され、1904年に「大阪図書館」として開館した。設計は野口孫市、日高胖。

DSCN0131.jpg

 1904年(明治37年)にネオ・バロック様式で建てられた建物は、1922年(大正11年)に左右の両翼を建て増しし、現在の形となった。本館は大阪空襲の戦災からも免れ、幾度かの書庫の増築を経て、今も残っている。1974年(昭和49年)、本館と左右の両翼が共に国の重要文化財に指定された。

 さらに大阪市中央公会堂です。

DSCN0137.jpg

 凄いですねぇ。

 1911年(明治44年)、株式仲買人である岩本栄之助が公会堂建設費として当時の100万円を寄付したことにより、1911年8月に財団法人公会堂建設事務所が設立され、建設計画が始まった。北浜の風雲児と呼ばれた相場師・岩本栄之助は渋沢栄一が団長となった1909年(明治42年)の渡米実業団に参加し、アメリカ大都市の公共施設の立派さや富豪たちによる慈善事業・寄付の習慣に強い印象を受けた。彼は父の遺産と私財をあわせた100万円を公共施設建設に寄付することを決め、蔵屋敷の廃止後衰退し再生を模索していた中之島に公会堂を建設することにした。

DSCN0135.jpg

 設計は、懸賞付き建築設計競技(最終的に13名が参加)により岡田信一郎案が1位となり、岡田の原案に基づいて、辰野金吾・片岡安が実施設計を行った。1913年(大正2年)6月に着工、1918年(大正7年)11月17日にオープン。岩本栄之助は第一次大戦による相場の変動で大きな損失を出し、公会堂の完成を見ないまま1916年(大正5年)に自殺した。

 建物は鉄骨煉瓦造地上3階・地下1階建て。意匠はネオ・ルネッサンス様式を基調としつつ、バロック的な壮大さを持ち、細部にはセセッションを取り入れており、アーチ状の屋根と、松岡壽によって天地開闢が描かれた特別室の天井画・壁画が特徴となっている。

DSCN0134.jpg

 大阪市中央公会堂は、日本有数の公会堂建築であり、外観、内装ともに意匠の完成度が高く、日本の近代建築史上重要なものとして2002年(平成14年)12月26日、国の重要文化財に指定されている。老朽化が進んだため、1999年(平成11年)3月から2002年(平成14年)9月末まで保存・再生工事が行われ同年11月にリニューアルオープン。耐震補強、免震レトロフィットやバリアフリー化がなされ、ライトアップもされるようになった。

 画像もウィキペディアから借用。

night_view_of_the_Central_Public_Hall_from_the_Dojima_river_side_20061217.jpg

 堂島川沿い。

DSCN0139.jpg

 楽しい彫刻が並んでいます。

       DSCN0140.jpg

 大阪は、ホームレスの多い街でした。

DSCN0141.jpg

 ここらで軽く朝飯。何の変哲もない、普通の喫茶店です。

   DSCN0142.jpg

 水上バスにも乗ってみたかったのですが、船着場にはシャッターが降りていました。

 そして、こんな建造物、ご存知でしょうか?

     DSCN0149.jpg

 国立国際美術館です。

     DSCN0147.jpg

 どこに美術館が、と思ったら地下にありました。
 地下三階まで。震災浸水対策は大丈夫なのでしょうか。

DSCN0144.jpg

 近代から現代美術の展示。当然館内は撮影禁止なのでパンフのコピーです。

IMG_000.jpg

 マグリットのレディメイドの花束を見ることが出来ました。昔フィレンツェで見た、ボッティチェリの春の女神フローラが書きこまれている絵です。

 美術館の詳しい情報はこちらへ。

IMG_001_20111009054054.jpg

 大きくはないけど、旅の途中に立ち寄るにはぴったりの素敵な美術館でした。
 近い将来、大阪市立近代美術館が隣に移ってくるそうです。大丈夫なのかな震災対策。

 梅田へ戻り、バスで空港まで。
 来るときはモノレールと阪急電車でしたが、ICOCAはどれにも使えるものの、SUICAはすべて拒否されました。

 空港で昼飯。鴨南うどん。

   DSCN0151.jpg

 ゲート待合の売店で、黄金一味のコーナーを発見。色いろあるんですね、辛しの一味。

     DSCN0152.jpg

 帰りはIBEXの機材でした。

DSCN0154.jpg

 一応ジェットだけど、またまた小さな機体。

    DSCN0155.jpg

 調べたらこれもボンバルディアなのでした。
 でも革張りシートでしたよ。

    DSCN0156.jpg

 またまた空撮シリーズ。琵琶湖です。

DSCN0157asac.jpg

 おそらく栗東トレセン。

DSCN0159casac.jpg

 帰りも富士山は反対側でした(涙)。

DSCN0161.jpg

 中禅寺湖と男体山。

DSCN0168asac.jpg

 戦場ヶ原が色付いているのがわかりますね。

DSCN0170asac.jpg

 華厳の滝は見えませんでした。

DSCN0173asac.jpg

 吾妻山。毎度お馴染みのツーリングルートを空から眺めるのは、なんともいい気分です。

DSCN0175asac.jpg

 桶沼や浄土平の駐車場もよく見えます。

DSCN0178asac.jpg

 天気のお陰で、往復たっぷり鳥瞰旅行を楽しむことが出来ました。

DSCN0180.jpg

 仙台空港では、また歩かされました。
関連記事
テーマ : 大阪  ジャンル : 地域情報

Comments

こんな吾妻山初めて!
見事な鳥瞰。かなり長玉で撮ってますか。
空旅、良いですね。だいぶご無沙汰してます。
kazuさんへ
空旅
いろいろと面倒ではありますが、宿とパッケージになったパックだとだいぶ割安だし、こうして鳥瞰も楽しめれば、直ぐに元は取れますよ。ネット購入でも簡単に席指定は可能です。
運行ルートを研究して、どちら側の窓を取るかがカギ。私は失敗してますけど。

カメラはコンデジです。未紹介ですが、NikonのP300。
吾妻山の一枚目がテレ端の100mm相当。
二枚目は少しデジタルズームもかけて、140mm相当です。






MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


1234567891011121314151617181920212223242526272829303110 2019