風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 美味いもん

Comment (4)  Trackback (0)

やっぱり喰いだおれ

 此処は大阪です。

DSCN0082.jpg

 仕事と懇親会が終わり、夜の茶屋町。

       DSCN0083.jpg

 もうイルミネーションがありました、一年中なのかな。

       DSCN0084.jpg

 梅田のホテルの部屋から西方向。

DSCN0085.jpg

 まだまだ建設ラッシュが続いていました。

 さて夜のキタへ繰り出しましょう。

DSCN0086.jpg

 新梅田食道街。中小のお店が、無数に並んでます。

 一軒目。

DSCN0088mo.jpg

 季節料理 三起(みつおき) 。

       DSCN0087.jpg

 七転び八起きはできないけど、三回目までなら起き上がれるという意味でしょうか。

 ぶりかまと鯨ベーコン。

DSCN0089.jpg

 二軒目。

       DSCN0099.jpg

 樽 金盃 (たる きんぱい)

DSCN0095mo.jpg

 立ち飲み屋です。騒ぐと柄杓で樽を叩いて注意するおやじさん(大将って呼ぶのかな)が怖いので、こっち向いてない時の写真。

 女性には優しい大将でした。酒は常温白鶴のみ、カウンター上の樽から注いでくれます。無くなったら終了。

DSCN0096.jpg

 アテが安いのもサラリーマンに優しいお店です。これは焼味噌。300円。ピンぼけですいまへん。

DSCN0090.jpgDSCN0092.jpg

 実に味わい深い赤味噌が、あっつあつで出てきます。いくらでも酒が進みます。

 エッグ、これも300円。

       DSCN0093.jpg

 エッグゆうとこが、大阪風ですねん。

 出てくるときは生に近いのですが、器が熱いので、だんだん半熟、そして硬くなっていきます。味は薄く付いているのでこのまま酒の肴。おいしおま。

 焼味噌をエッグに乗せて食べるのも◎。

 怖いおやじさんも、隣の酔客も、仙台から来たと言うと、みんな優しかったです。

DSCN0100.jpg

 南へ少し歩きます。仙台では絶対にお目にかかれない、すんごい街宣車。

DSCN0101.jpg

 もちろんミナミまでは歩けません。

DSCN0104.jpg

 北新地です。

DSCN0105.jpg

 ああ、あこがれの北新地←サウストゥサウスが好きな方はクリック。

 三軒目。

DSCN0106.jpg

 嬉しい張り紙ですね。何故かガンダムフィギュアが多数。
 若いころの綾戸智絵風のママと、ゴールデン・ハーフ(古!)のエバ似の娘。

DSCN0108.jpgDSCN0110as.jpg

 エバちゃんは大連出身とか。

 四軒目。

DSCN0118.jpg

 蕎麦 喜庵(よろこびあん)。

DSCN0113.jpg

 神田の老舗やぶそばの跡継ぎが修行に来た話が、テレビ番組になったこともあるそうです。詳しくはこちら

DSCN0116.jpg

 一人前の盛りが二枚重ね、これは美味い蕎麦でした。
 こんな美味しいそば屋さんが深夜まで開いているところも素晴らしいです。

 五軒目。

     DSCN0119.jpg

 ひとくち餃子発祥店 天平です。

DSCN0122.jpg

 目の前で作る小振りの餃子を次々に焼いていきます。

 注文は20個単位。軽く握っただけのような作りなので、いくらでも食べられるのです。

DSCN0123.jpg

 10個の二段重ねですわ。
 このへんだいぶ記憶もあやふやですが、餃子フェチにはオススメです。餃子と漬物しかないお店だそうです。

 二時前にはホテルのベッドにたどり着きました。まさに喰いだおれであります。
関連記事
テーマ : 大阪  ジャンル : 地域情報

Comments

それにしても
食べ過ぎでは?

エバちゃん 好きでしたね~ なにげに上田正樹や木村充揮が 隣でのんでいるような感じがします
トータルの飲量は?
健啖家ですね。
胃拡張気味では(笑)?
YASUさんへ
二軒目と三軒目はほとんど食べていないのですが、食べ過ぎでしょうね。
kazuさんへ
懇親会でも、寿しや揚げ物、蕎麦、サンドウィッチ等々を頂いたのを想い出しました。一軒目を出たのが9時過ぎ、あまり食べずに歩きまわって、四軒目に入ったのは、零時半ですから、やっぱり腹はすきますよ。






MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


12345678910111213141516171819202122232425262728293009 2019