風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 不健康

Comment (4)  Trackback (0)

最後の晩餐

 昨日10月4日の朝焼け。

DSCN0006.jpg

 そしてこれが、夕ベのディナー、最後の晩餐。

    DSCN0011.jpg

 帰宅時に八木山神社前のセブンイレブンで買ってきた、「オニオンソースのチーズハンバーグ弁当」845kcal/498円、「フレッシュ野菜サラダ」44kcal/150円、味わいきわ立つ「しじみ」味噌汁34kcal/105円。

    DSCN0010.jpg

 サラダはちっともフレッシュじゃないじゃない。ドレッシングをかけて合計1メガカロリーほど。

 弁当を買ってきて家で食べるのは珍しいんです。年に3回ぐらい。
 最後にしてはちょっと寂しい753円。しばらく食事ができません。

    DSCN0012.jpg

 そう今日は、人間ドックを受診するのでした。だから朝飯抜き。

 またいろいろ怒られる。

    DSCN0013.jpg

 皆さんは本当の最後の晩餐、何を食べたいですか、飲みたいですか?

 私はやっぱり、温泉に入って(聞いてない)から、鮨と、最後ぐらいは大吟醸かなぁ。



 ところで、10月1日にPentaxとRicohが合体した新しいカメラメーカー、ペンタックスリコーイメージング株式会社が発足しました。

logo.jpg

 PENTAXブランドはHOYAから別れ、RICOHの子会社として、RICOHブランドのカメラと共に、生き残ったわけです。

 その新会社のホームページに、嬉しいメッセージが載っていました。

「よいカメラとは何だろう。」

何気ない日常の中に、新しい発見がある。小さな幸せが見つかる。
そして、そこから時として、後世に残る感動の記録が刻まれる。
今日もまた、そんな一瞬を捉えた写真が、世界のどこかできっと生まれています。
そこに関われる幸運を噛みしめながら、
私たちは日々カメラを作り、お客様にお届けする仕事をしています。
時代も、国も、機材もさまざまですが、よい写真は、時を経ても感動が薄れないで、
むしろ時を経るごとに強い力が宿ってくるものです。

デジタルカメラのように、技術の進化が早い世界に身を置いていると、
どうしても新しい技術を搭載した製品競争ばかり目が奪われて、
写真にとって大切なことをじっくりと考えるゆとりがなくなってしまいがちです。
私たちが新たに設立した「ペンタックスリコーイメージング株式会社」は、
カメラメーカーとして提供できる本質的な価値を見失わないように、
いつもお客様と一緒に「よい写真とは何だろう」「よい道具とは何だろう」と
考えていく企業でありたいと思っています。

私たちの喜びは、心を揺さぶる素晴らしい写真に出会えることです。
私たちの作り出す小さなカメラで、たくさんの感動を生み出して欲しい。
それが私たちの何よりのやりがいであり、誇りなのです。

PENTAXとRICOHが新しい会社を創ります。
10月1日、ペンタックスリコーイメージング株式会社誕生。(同ページより引用)

関連記事
テーマ : 健康管理  ジャンル : ヘルス・ダイエット

Comments

大袈裟な・・・
☆風写さんへ
「最後の晩餐」と言うから何かと思いきや、人間ドックを受けるだけの話ではないですか(笑)
開高健の「最後の晩餐」文藝春秋舎の巻頭に『腹の事を考えない人は頭の事も考えない』と言う言葉を引用していて、非常に興味を持って読んだ事がりますが、読みごたえが有りましたよ・・・
端的にいえば「死ぬ前に」食べたいものが最後の晩餐だとすれば・・・何だろう?
生きる為の最後の晩餐と言う事も無かろうし ・・・・・
LYNX☆さんへ
ははは
でも
明日の昼まで断食かと思うと、何にしようかいろいろ悩むものですよ。

私は内館牧子氏が、
最近の若者は食べない飲まない、そういう奴は仕事もできない
と言ってるのがキョーレツに残ってます。
まさに仕事が出来る奴!
☆風写さんへ
なるほど・・・そこからしても風写さんはしっかり仕事が出来る男ですね!
逆もまた真ならず
食べて呑む奴は皆仕事が出来るとは、牧子さんも言っていませんので。






MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


12345678910111213141516171819202122232425262728293011 2019