風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: ドライブ

Comment (2)  Trackback (0)

十和田南インターと、七戸十和田駅は遠い

 夕ベの川端のグランドスラム、スカっとしました。若き三番打者には今後も期待です。



 鹿角をあとにします。毛馬内や大湯のあたりは旧秋田県十和田町。東北道の十和田南インターがありますね。

 ここから十和田湖、十和田市を抜けて、東北新幹線の七戸十和田駅まで、相当な距離があります。

 毛間内にも武家屋敷や商人街が残っているようですが、この日は花輪から県道66号線、十二所花輪大湯線を通って、大湯環状列石の中を抜け、大湯温泉から国道103号線。十和田道です。

 大型颱風の影響か、濁流があふれる大湯川を眺めながら再び高度を稼いでゆくと、あっという間に発荷峠。

R6249382.jpg

 まさに十和田湖の入り口ですね。
 実際の峠はもう少し上にあり、此処は正確には峠下になります。

R6249384.jpg

 展望台の下にはこんなガラス張りの部屋もあり、寒い時でものんびり眺められますね。

 左奥が八甲田山、右手前が中山半島です。半島がある湖は珍しいかも。中禅寺湖と霞ヶ浦にもあったかな。

R6249383.jpg

 今回は此処から時計回りに回ります。湖周44km、紅葉の名所です。

R6249386.jpg

 台風で打ち落とされた枝を踏みしめつつ、御鼻部山へ。崩れそうな古い展望台。

R6249388m.jpg

 発荷峠とちょうど反対側になりますね。

 右が中山半島、左の島のようなのが、御蔵半島です。晴れていれば、岩木山まで見えるとか。

R6249389.jpg

 こちら側は、車もまばらでした。

R6249394.jpg

 子ノ口には向かわず、途中の惣辺バイパスへ左折します。

R6249395.jpg

 国道102号線に合流、奥入瀬渓谷の下の方だけ、眺めることは出来ました。

R6249397m.jpg

 紅葉はまだまだですね。

R6249400m.jpg

 こちらの川も、台風の影響で、凄いことになっていました。

R6249399.jpg

 あとはのんびり山を降りるだけ。

 今宵の宿は十和田市です。市内に入る頃に雨が降り出しました。タイミング的にはOK。

 初日の走行距離は385kmほど。

 チェックインして、大浴場に浸かり、缶ビールを呑みながら、メールチェックなど。

 雨はちょっと憂鬱でしたが、一応二軒だけネットで目星をつけていた店の片方へ向かいました。

DSC03669.jpg

 日本三大開拓地の一つ、十和田が栄えている理由は、馬の産地だったから。
 戦時中、軍馬を育てた地域なんですね。

 走る馬が好きな方は、食さないかもしれませんが、私にとって馬といえば、馬刺しであります。

DSC03670.jpg

 馬肉料理専門店、吉兆。
 船場吉兆とは無関係ですが、鮮馬ですね。

DSC03672.jpg

 霜降りの馬刺し、馬い!!

DSC03671.jpg

 桜肉の煮込みや鍋、すき焼きなどいろいろあるのですが、十和田といえばB1グランプリ常連のコレですよね。

DSC03678.jpg

 バラ焼きです。

DSC03682.jpg

 十和田のバラ焼きは、牛肉が基本なので、これはいわば邪道なんですが、三八十和田地方は、次回サエモン会のグルメツアー有力候補地の一つでもあり、本命はとっておくことに。

DSC03685.jpg

 腹に余裕を残しつつ、雨上がりの盛り場をぶらつきます。青森市や八戸のような、屋台通りもありました。
 三本木というのは、十和田市中心部の旧町名です。

DSC03684.jpg

 もう一軒あたりをつけていたお店も、めっけました。

DSC03686.jpg

 翌日もかなり走る予定だったので、ラーメン食べて〆ようかと思うのですが、どうも八戸と同じで、飲み屋街に普通のラーメン屋さんが見つからないのです。どこも焼肉屋か居酒屋兼務。

   DSC03693.jpg

 結局ホテルに近い居酒屋で、ラーメンだけでもいいですか、いいですよ、ということでがらがらのお店へ。

DSC03689.jpg

 しかし品書きを見ていたらもう一杯呑みたくなってしまいました。

DSC03690.jpg

 今度こそラーメンで〆。

DSC03691.jpg

 いつもどおり早めに寝ましたが、寒くて夜に目が覚めました。

 窓を開けたら、空いっぱいの星と三日月。上手く写ってませんけど。

R6249401.jpg
 また青空の下を走れそうな日の始まりでした。

関連記事
テーマ : ツーリング  ジャンル : 車・バイク

Comments

濁流の奥入瀬、初めて見ました
大雨がこんなことになるのですね。

十和田が馬肉の産地とは…
熊本の馬刺し並みですね。
これでいくら?
kazuさんへ
奥入瀬、これはだいぶ下の方ですから。

霜降り馬刺しはこの量で、1575円。
赤身なら1050円。レバー630円、しんぞう420円です。






MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
最新の記事
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


1234567891011121314151617181920212223242526272829303108 2019