風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: カメラ

Comment (2)  Trackback (0)

クラシックカメラマン76

 仙台はいよいよ冬の寒さになって来ました。

 ジムニーはとっくに冬タイヤに換えているものの、TTはまだ夏タイヤ。
 冬タイヤが本当に必要になるのは、仙台市内では年に数日ぐらいしかないし、そのままでもそれほど不自由はないのですが、何があるかは判らないし、冬タイヤは持っているし、日曜日は暇だったし、とりあえずタイヤ屋に行きました。

 タイヤ交換だけなら自分で出来るのですが、春に夏タイヤに交換したときに、左右のタイヤを入れ替えると、片減りが逆向きになってまだ2年使えますよ、と言われていたので、まずそれをやって貰うことにしたのでした。

 冬将軍がやって来るということで、日曜日のタイヤハウスは大混雑。
 歩道まで順番待ちの車で溢れていました。

 これからだと一時間半待ちですよー、と言われましたが、交換は明日で良いからといって、タイヤを渡し、左右交換を依頼しました。

 それで一昨日、会社の帰りにタイヤハウスに寄ろうとしたら、電話。
 これからだと二時間待ちになっちゃうんですけど、どうしますかぁ? だって。

 じゃ、明日にするわ、と言うことで、昨日の夕方、こっちから電話したら、二時間半待ちだと。

 とりあえず、しばらくタイヤを預けておくことに決めました。
 小春日和待ち。



 今日は変わったカメラを紹介します。

 ドイツにいた時、同僚の実家から、BOX TENGORと一緒に、いただいたものです。

R1056480.jpg

 KODAKのインスタマチック224と言うカメラです。

 126タイプと呼ばれたカセット型のフィルムを使う、コダック社発案のカメラシリーズなんですが、こいつはいっちょ前に、MADE IN GERMANYなんです。

R1056485.jpg

 1963年に最初のインスタマチックが発売されています。
 このインスタマチックカメラは60年代後半から70年ころまで爆発的に売れて一世を風靡しましたが、70年代中期に110判のポケットカメラが発売されると、急速に衰え、ほとんど新製品も発売されなりました。それでもコダック社だけはフィルムの供給を続けていましたが、それも1999年に中止され、カメラ界の「絶滅種」となってしまったそうです。

R1056482.jpg

 この単体は、表の銘板がはがれて(どこかにとってあるかも)しまって、型名がわからず、ずいぶん探しました。
 日本ではそれほど普及しなかったのか、日本語のHPにかなり詳しいサイトを見つけたのですが、こいつは出ていません。

 それで海外サイトを探し、やっと見つけて、型名が判明したのでした。

R1056483.jpg

 28mm角の正方形フォーマット。
 フィルム幅は35mmライカ版と同じだそうです。だから引き伸ばし機は共通でOK。

R1056481.jpg

 巻上げとシャッターは動いていますが、露出やピントのレバーがなくなっていて、使えそうにはありません。

 いろんなカメラがあるもんですね。
関連記事
テーマ : ★カメラ&レンズ・機材  ジャンル : 写真

Comments

126
126って1999年まで作っていたんですね。買っておけば良かった。
 東北でも自分でタイヤを交換しない人は多いんですね。1987年制作の「私をスキーに連れてって」では売りはじめて間もないスタッドレスタイヤにチェーンをつけるシーンがありましたが、今はそんな事はないですよね。

百日紅さん
126、ヤフオクで買えますよ。
これはイタリア製。
http://page10.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/m72262405
ポラロイドはまだ大丈夫ですね。

タイヤは自分で交換しない割合も高いんですが、そもそも仙台では、ほぼ全ての車が冬タイヤに交換するので、絶対数が多いんです。
瀬戸内海とは大分事情が異なります。
チェーンは、路線バスだけですね。ほぼ。






MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


12345678910111213141516171819202122232425262728293009 2019