風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: ドライブ

Comment (13)  Trackback (0)

国がここまで面倒を

 さて、のどかで、時間が止まったような肘折温泉でしたが、ウィキペディアによれば、「肘折カルデラ」と呼ばれる直径2kmのカルデラ(窪地)の東端に位置しており、カルデラの中心に位置する黄金温泉、最奥部の野湯である石抱温泉などとともに肘折温泉郷を形成している。

P8140692.jpg

 温泉街の一角にある「小松渕」は、トロイデ型(鐘状)火山の噴火口が渕になったものである。肘折カルデラは、現在気象庁によって活火山に指定されており、肘折温泉郷全体が「肘折火山」のマグマ溜りの上に位置している。


 凄いところで湯治をしたもんです。温泉郷全体が風呂釜の上ですわ。暑かったわけです。

P8140693.jpg

 肘折のカルデラに入るには、庄内方面から国道47号だと、戸沢村で右折南下して、県道57号線、戸沢大倉線か、今回と同じように、新庄や大石田から大蔵村の中心部を抜け、国道458号線を登るかが一般的。

 ところが地図をよく見る人はご存知でしょうが、もう一本あるのですね。
 国道458号線はさらに南へ行けるのです。

map_20110820053945.jpg

 仙台に来た頃からずっと走ってみたかったんです。

P8140694.jpg

 最初の辺りは舗装されていますが、この狭さ、すれ違いが大変です。

P8140695.jpg

 それでもこの気持ちがいい広葉樹林、爽やかなルート。エアコンを停め、窓を開けて走ります。

 数キロ走ってダートイン。

P8140696.jpg

 このあとも、ダートと舗装路、最近の専門用語だと、グラベルとターマックが交互に現れます。グラベルと呼ばれるとおり、砂利の多いダートです。

 その分、轍が低いので、普通乗用車でも腹を打たずに走れそうですが、二輪車だと浮き砂利が多いので、テクニックが必要かもしれません。

P8140697mo.jpg

 私の林道体験の中では、比較的対向車が多くて、平均すると2キロに1台ほど、オフロードバイクが半分近かったと思いますが、関東ナンバーの普通乗用車、アメリカンスタイルのバイク、果てはタンデムのバイクや自転車も通りました。

P8140701.jpg

 上の方の地図画像でも分かる通り、赤塗りの国道ですから、知らないで入ってきてしまうクルマやバイクも多いのでしょう。

P8140703mo.jpg

 山形道の方から肘折に行きたかったら、この道に来ちゃいますよね、普通。

P8140707.jpg

 もちろん、月山が見えるポイントも多数。

P8140710mo.jpg

 どうも、比較的広い部分はダートのまま、狭かったりカーブの部分のみ舗装というのが基本方針のようでした。

P8140713.jpg

 十部一峠が、大蔵村と寒河江市の境。

P8140716mo.jpg

 この峠下に、国内有数と言われた永松銅山があったそうですが、進入はできませんでした。

P8140718.jpg

 国道界のシーラカンス、最後のダート国道と呼ばれる458号線、酷道458号線で検索してみると、面白いサイトがいっぱい引っかかります。

P8140720.jpg

 寒河江の側には幸生銅山の跡もありました。

P8140721.jpg

 幕末の歴史にも登場する道、調べれば調べるほど楽しい道です。

 書いたとおり対向車も多いので、ソロで走って転んでもきっと誰かに助けてもらえるでしょう。

P8140724.jpg

 肘折から寒河江の国道112号まで32km、一時間ほどの楽しいドライブでした。
関連記事
テーマ : 山形県  ジャンル : 地域情報

Comments

ダート
 楽しそうな道があるのですね。
小型車じゃないと、ちょっと怖そうですけど。

 就職したての頃、ラリー好きの先輩に半強制的
に夜な夜な山道をタイム計って走らされました。
ある時、ダートの下り坂で道を外し、緩斜面を
落ちて、倒木がヘッドライトに突き刺さって止まり、
命を拾ったことがありましたよ。
 そのおかげで、以来、運転は慎重になりましたが、
今でも山道のカーブにさしかかると血が騒ぎます。^^

 
題未定
R458は以前から気なっていた道です。今回、酒田方面へR458で抜けるか迷って、オフ車でない車両だったので地図でダートと表示があったこともあり、最上川ツーに決めてでR13から県道30を走りました。でもアメリカンも走っていたということですから今度は通ってみます。楽しみです。
苦手
☆風写さんへ
バイクでの浮き砂利のダートは一番苦手とする所です(笑)
しかし興味が有りますねこの道路、BEATでも走れそうですね・・・

☆サエモンさんへ
私もラリー時代、道路からはみ出して九死に一生を得た事が有ります・・・要するに下手っピイだっただけですが(笑)
題未定
 LYNX☆さま

 その時のナビゲータが、今私の片腕として
現地で働いてくれてます。30年前、あのまま
落ちてたら、今の彼の家族も存在しなかった
ことになります。私は彼を生涯助けていく義務
があります。
 骨折ぐらいならまだしも、命を懸けた趣味は
腰が引けます。と言いながら、ボート釣りして
ますけど。^^
題未定

数年前肘折温泉の帰り道にこの酷道を友人の大型車で

初めて走りましたがトラック等対向車との頻繁なすれ違いには閉口しましたねえー、

国道という事で安心して入ったんですけど想定外の酷道でした、
サエモンさんへ
サニークーペでしたっけ
どのへんの林道を主に走っていたのですか?
YASUさんへ
まずは花立峠か、秋保の奥(キャンプ場あり)で練習を!!
二輪だと、浮き砂利は怖いですよ
LYNX☆さんへ
BEATだと腹を擦るかもしれません。
FITのほうが良いでしょう。
ベガサポさんへ
そうなんです、すれ違いが面倒なんですよね。

だから私は幅広の車が嫌いなんです。
自分はどんどん幅広になってますけど。
酷道ねえ極道も…
風写さん
昔のこと、思い出しました。

今は世界遺産になった熊野古道の中辺路を、露天風呂撮影のモデルになってもらった若い芸妓さん二人同乗して走った時のこと。
車を出してくれたホテルの常務が、ダートが続く道で「これでも国道なのか。だけど、もし事故起こしても、同乗者見たら、仕事とは認められねえよな」
舗装された国道に出て、ホッとしたものです。

kazuさんへ
今回の峠道。
国道に昇格したのは1990年代なんですよ。

誰が言いだしっぺで、どうしてそうなったのか、ちょっと興味があったりします。

あっまた地震だ。
酷道にあらず!
風写さんのレポ以来気になっていたR458。
昨日yasuとオフ車で走って来ました!
所々に現れるダートは浮いた砂利が少なく
私のような初心者でも楽しく走れるダートでした♪
素敵な道でしたね。
レポのおかげでした!ありがとうございます。
みっちょんさんへ
浮き砂利気になりませんでしたか。
良かった良かった。
帰りはどこを通ってきたのでしょう。

もうどこでも走れますね。






MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


12345678910111213141516171819202122232425262728293011 2019