風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: サイクリング

Comment (8)  Trackback (0)

かなやまではなく、きんざんでもない

 送り盆というのは今日でしょうか。
 灯篭流しや精霊流し、ほろっとしますね。

 どこかでやった記憶があるのですが、記録がありません。
 宇都宮か、富士吉田か、はたまた相馬の松川浦か。



 さて無料供用中の尾花沢新庄道路、新庄北ICまで開通していました。
 国道13号に戻ってさらに北上。

 新庄の北にあるのが、金山町。かねやまと読みます。町の北西に、今は廃坑となっている谷口銀山があり、銀山→かねやま→金山となったのでしょうか? だとしたら、まさに成金。

P8130557mo.jpg

 前回のLYNX蔵王ミーティングの時、シャモニーのマスターから、良いところだよと聞いていたのを、ずうーっと引きずっていたのでした。

 上は町役場の駐車場。此処に車を停めて、自転車を組み立てます。
 表に観光客向けのトイレなどはなく、守衛さんに挨拶して庁舎内のトイレを借りました。素朴。

 ポタリング開始。

 金山といえば、杉。金山杉です。
 その杉を惜しげも無く使った、白壁と杉板張りの家並み、これが金山標準の家の形なんですね。

R1058412_20110815092400.jpg

 金山住宅と呼ばれます。

P8130584.jpg

 街がこのスタイルを奨励しているのかな。

 商店街はこんな感じ。

P8130585.jpg

 古民家を残すのとは違うけど、現代人が建てる、未来に残したい建物の、ひとつのスタイルが、此処にありました。

 ロマンティックです。

 P8130573.jpg

 周りの丘や山は、美しい杉林ですね。

 土蔵の周りにも、質素だけど美しく粋な板塀。

R1058405_20110815092116.jpg

 更にこんな橋まで。

P8130587.jpg

 金山杉を使った歩道橋、きごころ橋です。

P8130588.jpg

 いいですね。

 街の一番古い建築物、長屋門。

R1058404.jpg

 江戸初期の建築だそうです。

 旧金山郵便局は、交流サロンぽすととして利用されていました。

R1058406_20110815092116.jpg

 こちらは昭和14年建築。

 いいなぁ。

 1889年(明治22年)4月1日に村制を施行し、金山村が発足してから、一度も合併を経験していない小さな町、中学や高校はそれぞれ一つずつ、重要文化財や天然記念物もないし、JRも走っておらず、ひょっとしたら中心部に旅館もない。

 街のパンフレットいわく、いつかどこにでもあった、観光よりも暮らしという言葉が似合う、小さな山里、自然と季節と人、それがおもてなしのすべて、そんなところです。

 まさに東北地方そのもの。

P8130563.jpg

 農業用水として街の中心部に引かれた、水路を流れる水音が、自転車でどこを走っていても蝉の声と共に、耳に飛び込んできます。

P8130577.jpg

 私のような旅人のために、美しく整備された大堰公園。

P8130568.jpg

 錦鯉が放たれています。

P8130569.jpg

 仙台の四ツ谷用水が、こんなだったら良いのにといつも思わされるのです。

P8130566.jpg

 自転車で回るには、ちょっと小さすぎる街並みでした。

P8130580.jpg

 蔵史館。

R1058419.jpg

 街のパンフレットを改めて読みなおしても、宿泊施設は郊外にある、シェーネスハイム金山と、四季の学校「谷口がっこそば」だけ。

 ところがこんな施設がありました。

 「金山暮らし」体験住宅

 興味がある方は、クリックしてみてください。面白そうですが、最低三泊。
 自由な時間が増えたら、風写隊で行ってみましょうか。

Map_20110816063322.jpg
 クリックすると少し拡大します。       つづく
関連記事
テーマ : 山形県  ジャンル : 地域情報

Comments

先を越されてしまった!
☆風写さんへ
先日anegoさんと、金山の事を話したばかりでした。
写真を見て、やはり行ってみようと思いましたよ。
まあもう少し涼しくなったらですけど・・・・
いいね!
灯篭流しは、相馬松川浦だと思います。
自転車ツーリングいいね。うらやましい。
LYNX☆さんへ
次回の蔵王ミーティングの時、初日にここ集合がいいと思います。

オススメのお蕎麦屋さんは明日登場します。築120年。
連坊さんへ
折りたたみ自転車は、立ててコンパクトに収納できるようにしました。三人乗車も可。
後日報告します。
いいですね
きごころ橋、いいですね。
屋根付き橋というとマディソン郡の橋を連想しますが
それよりずいぶん立派です。
いずれ行ってみたいです。最後のMAPガン見しました^^
anegoさんへ
きごころ橋
名前からして良いですよね。

16日はたぶんこの橋から花火を見られたはずです。

私の記憶に残っている屋根付橋は、スイス・ルツェルンのカペル橋です。1333年建造。でも1993年に焼けてしまいました。
焼ける前の画像はまだブログには載せていなかったのでそのうち載せます。
http://pine.zero.ad.jp/w-sumi/sws33.luzern.htm ←参考まで
行ってきました!
記事に触発されて、先日行ってきました。
行ってよかった。というか、また行こうと思ってます。
教えてくださってありがとう。
anegoさんへ
いえいえ
教えてくれたのは、蔵王シャモニーの髭マスターですよ






MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


1234567891011121314151617181920212223242526272829303112 2019