風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: ドライブ

Comment (6)  Trackback (0)

4ヶ月経ってやっと......まだ

 7月11日。

 これまで怖くて足を踏み入れられなかった津波の被災地へ、初めて車を走らせました。
 仙台東部道路から、三陸道を東進、荒井から高砂、仙台港から多賀城あたり、海側は被害が大きかったのですが、高速からだとよく判りません。

 もちろん路面は段差多数、仙台港北の出口手前がずっと渋滞でした。被災証明書渋滞でしょう。

 そこからはほぼ平常通り、利府から松島、鳴瀬、矢本を抜け、石巻港ICで高速を降り、海沿いへ向かいました。

 悲惨な新日本製紙の主力工場。それでも瓦礫はかなり片付いていました。

R6249061.jpg

 もっともただ自動車や瓦礫が、積み上げられているだけの空き地も多数、海沿いに並んでいます。
 道路は波打ち、信号機もまだ瞳を閉じたまま。要所要所は警官が手信号で頑張っていました。

 南浜町から日和大橋、魚町、人が生活しているあとがない家々が多数、重機やダンプが行き交っていました。

 下の写真で、右手、電柱の向こう側が瓦礫の山です。

R6249064.jpg

 木の屋石巻水産のタンク、ちょうどグリーンベルトまで流されてました。 

R6249066.jpg

 モニュメントとして残されるのかも。

 国道398号線に合流して、渡波あたりまで来ると、やっと営業している商店や食堂がチラホラありました。
 コンビニで弁当と飲みものゲット。

 元通りに見える万石浦と、廃線のようにレールが錆びた石巻線の軌道を右に眺めながら走ります。

 石巻鮎川線は通れるという話だったのですが、コバルトラインは誰も試していないみたいだったので、あえてこの日はコバルトラインへ曲がります。

R6249068.jpg

 カーナビには通行止めマークが出ていたのですが、難なく(と言っても路面はボコボコ)走れました。
 路肩がかなり下がっている場所が多いので、中継車だと怖いかも。

R6249071.jpg

 女川湾を一望できる、大六天駐車場で一休み、昼食です。

R6249069.jpg

 10年ちょっと前、仙台に引っ越してきてすぐにドライブに来た牡鹿半島、当時驚かされた碧くて美しい海の色はそのままでした。

女川湾

 旧牡鹿町に入るところから先は通行止め。
 東側の海岸沿いに降りていきます。

 道路脇の僅かな空き地に数軒ずつ、仮設住宅がありました。
 野々浜のガソリンスタンド。

R6249078.jpg

 海に浮かぶ漁船以外、家も作業場も民宿も何も残っていませんでした。
 地盤沈下で、埠頭も水浸し。

R6249076.jpg

 飯子浜、ここでもタンクがなぎ倒されています。

R6249079.jpg

 漁具がたくさん電柱や木々に引っかかっているのが、涙を誘います。

R6249080.jpg

 そして小屋取浜。悲惨です。

R6249091.jpg

 美しい海には癒されますが、4ヶ月も経っていると言うのに、まだ道路の瓦礫が寄せられて、車が走れるようになっているだけ。

R6249085.jpg

 復興はおろか、復旧の手が、リアス式海岸の谷に張り付いた小さな集落まで及ぶのに、何年かかるのでしょう。

R6249096.jpg

 中央の金と力で、一気に大工事を行われるよりは、できるだけ地元の人と気合で、少しづつ生活できるところにしていく、それが東北の人たちには合っているように思ったりもするのですが、人生には限りがあります。

 とにかく、未来をあきらめるものにさせてはいけませんね。

R6249112.jpg

 女川原発PRセンターの敷地内にも仮設住宅や、避難されている方々のためのシャワー設備などがぎっしり並んでいました。
 震災直後から体育館も避難場所になっていました。

 帰りは、女川牡鹿線、海沿いを走って女川の中心部へ、さすがに瓦礫はどこかへ運ばれて、土台だけの街になっていました。地盤沈下のせいか、マリンパルも水に浮かんでいるように見えました。

 車を停めて写真を撮ることもためらわられ、万石浦から井内に抜け、やや渋滞気味の石巻市内を通って、石巻河南ICから三陸道。

 この日、梅雨だけは明けました。
関連記事
テーマ : 東日本大震災  ジャンル : ニュース

Comments

ショック
☆風写さんへ
「木の屋」はバイカー仲間の会社ですし、野野浜のガソリンスタンドも震災直前に立ち寄った所です。
あれから4ヶ月たった今このような姿を見るとショックです・・・・
半島の綺麗な小さな漁港が元の姿になるのはいつの事なのでしょうかね・・・・
ん~、言葉がでない
風写さん
貴重なレポートありがとうございます。
言葉が出ません。なので、ノーコメント、です。
被災地
 おばんです。暑いすね。

 ダメージの大きかった被災地で働いていますと
不思議なことに目も気持ちも慣れてきます。そして
たまに仙台の街中を歩くとまるで映画のセットの
ように薄っぺらく感じてしまうのです。羨ましさより
何かおかしいと。

 ランボーのように平穏な社会には馴染めない心身に
なってしまったのではないかと不安です。

 
LYNX☆さんへ
あまりパソコン画面は見続けないように!!

この地域では漁港の復旧が最優先ですから、港の施設は比較的早く使えるようにできると思います。

ただ、集落の人達が漁業を続けていく気力を持ち続けられるか、年齢にもよるでしょうが難しいかもしれません、家も流されてしまっていれば、さらに。
kazuさんへ
ノーコメントありがとうございます。

引き続き、東北の物産購入、よろしくお願いします。
サエモンさんへ
そもそも一次ニ次産業の営業活動や、行政、そして三次産業が中心の都会人は、地に足が着いていないのでしょう。人が人として生きて行ける基本的な世界から浮いているんです。

特に戦後の日本人が求めてきた豊かさは、そんな空間に浮遊している贅肉のようなものだったことに気づき始めている人は多いと思います。

総理大臣もその一人かもしれませんが。






MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


12345678910111213141516171819202122232425262728293009 2019