風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 街角探検

Comment (4)  Trackback (0)

八幡様にお参り

 昨日は、スワローズもイーグルスも、おまけに今期無敗だったベガルタも揃って討ち死に。こんな日もあるもんです。

 昨日の記事にも書きましたが、土曜日の夕方は、大崎八幡前の歯医者へ。歩いて10分少々。

CA3A0001_20110626064927.jpg

 奥歯を一本引っこ抜かれ、若干の喪失感を癒しに、八幡様の石段を上がります。

 ちょっと不気味なデザイン、ゲゲゲ風の灯篭ですが、伊達政宗の兜の前立て、三日月でしょうか。

CA3A0003_20110626064926.jpg

 ゲゲゲ風は無事でしたが、その他の燈籠は軒並み転倒。

CA3A0004_20110626064926.jpg

 ただ元通りに積むだけなら、難しくはないと思うのですが、余震を恐れてのことなんでしょうね。

CA3A0005_20110626064926.jpg

 倒れっぱなしではなく、きちんと片付けられていました。

CA3A0006_20110626064926.jpg

 子供の頃、乳歯が抜けたら、庭に投げたことなどを思い出しつつ、お参り。

 ベガルタとイーグルスの選手やスタッフたちもお参りに来たのですが、今のところ途中経過は◯と☓。

CA3A0007_20110626064926.jpg

 平泉の世界遺産決定を祈りました。

CA3A0010_20110626065037.jpg

 大崎八幡と、48号線旧道の間に流れていたはずの四ツ谷用水

CA3A0014_20110626065036.jpg

 今は蓋されてますけど、元通りの流れを見たいですね。

CA3A0013_20110626065036.jpg

 子どもが落ちたりして危なっかしいからダメしょうか。

 昔は大崎八幡神社と一体化していたらしい、隣りの龍寶寺の塔。

CA3A0011_20110626065036.jpg

 綺麗な建物ですね。

CA3A0012_20110626065036.jpg

 とぼとぼ帰宅します。

 土橋通から澱橋に抜けるクランク周辺。

CA3A0017_20110626065036.jpg

 震災前から拡張工事がのんびり進んでいます。上が南方向、下が北方向。信号も点くのかな。

CA3A0018_20110626065059.jpg

 クランク部分の一方通行が無くなると、交通量も増えそうです。
関連記事
テーマ : 杜の都仙台だより  ジャンル : 日記

Comments

題未定
お久しぶりです。
龍寶寺、うちの菩提寺なんですが、すごい塔建ってますね~。最近、墓参りは行ってもお寺にはいってないので、知りませんでした。
土橋も通学路だったんですが、あまりにも広くなりすぎて、一瞬どこの交差点点かわかりませんでした(-"-;A ...アセアセ
たまには昔の生活エリアを散策してみないとダメですね・・・
さっかーおやぢさんへ
お久しぶりです

土橋通からまっすぐ澱橋に行けるようになり、桜ヶ丘からまっすぐ木町通に行けるようになると、市街北西部の車の流れがずいぶん変わりそうです。
空気の流れが悪くならないといいんですけど。
大崎八幡神社立派に!
噂には聞いていたのですが、本殿きれいになりましたね。
倒れなかった奇妙な石灯籠、記憶にありません。
青葉城同様、復旧はまだなのですね。職人さん達の手が回らないのでしょうか?

弓道部にいた高校時代、大崎八幡の石段、兎飛びでのぼらせられました。
鍛錬とはいえ、やりすぎじゃないの?
kazuさんへ
2004年まで、平成の大改修で国宝は蘇りました。
http://pub.ne.jp/windpower/?entry_id=733304
仙台では瑞鳳殿と並ぶ桃山文化の傑作です。
http://pub.ne.jp/windpower/?entry_id=1835286
瑞鳳殿は有料ですが、大崎八幡は無料で拝観できるのです。






MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


1234567891011121314151617181920212223242526272829303108 2019