風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 美味いもん

Comment (4)  Trackback (0)

塩を送られるということは?

 今朝の仙台は霧の中です。このあと気温は27度まで上がる予報。

R6248675.jpg

 まだ鯉のぼりが下がっているし、東北地方はまだ梅雨入りしていません。
 関東が5月27日に早々と梅雨入りし、沖縄は6月9日に梅雨明けしたというのに、どうなっているのでしょうか。

 東北地方が北海道化していることだとしたら、ある意味嬉しいし、もちろん被災地の方々にとっては恵みの天気ということになりますね。

 だいぶ前に、人妻Xからこんなモノをいただきました。

R6248663.jpg

 争うべきは弓矢にあり、米・塩にあらず。
 某HPからの無断引用です。

 1567年(永禄10年)武田信玄は13年間に及ぶ今川氏(駿河国/現静岡県)との同盟を破棄、東海方面への進出を企てます。領内に入られた今川氏真は、縁戚関係にあった北条氏康(相模国/現神奈川県)の協力を仰ぎ、武田領内への「塩留め」(経済封鎖)を行います。武田の領地は甲斐(山梨県)・信濃(長野県)にあり、海に面していないため「塩」を取ることが出来ず領民は苦しみました。この領民の苦しみを見過ごすことが出来なかったのが、信玄の好敵手「上杉謙信」でした。

R6248665.jpg

 越後の上杉謙信と甲斐の武田信玄。この両雄はこれまで何度も合戦を繰り返し、敵対していた間柄。しかし、「義」を重んじる上杉謙信は、武田領民の苦しみを見過ごすことができず、越後から信濃へ「塩を送る」ことを決意。また、越後と甲斐で取引される塩が、高価にならないようにしたといいます。

 越後から送られた塩が松本に到着したのが、1568年(永禄11年)1月11日。感謝の意をこめ毎年1月11日に「塩市」が開かれるようになりました。この塩市は現在「あめ市」として長野県松本市で開かれています。


 政治家たちにぜひ見習ってほしい故事です。
 政争以前にやることがあるだろう。

R6248682.jpg

♪サ・カ・タのシオ。
 ザラメ状にザラザラしてます。

 遊佐の吹浦の海水から造られるということなので、湯の田温泉の近くですね。

 パスタや玉子を茹でるときに使うのはもったいないし、天ぷらを揚げることはないし、なかなか出番がないのですが、今度肉でも焼いて一緒に食べてみよう。

R6248667.jpg

 以前訪れた下越の塩工房の記事はこちら

 こちらは人妻Yに教えてもらった超辛の辛子と、別の人妻Zからいただいた生七味。

R6248676.jpg

 京都産の"日本一辛い黄金一味"。長町の母里で初めて味わい、買い求めたものです。

 普通の一味の五倍は辛いと思います。黄色くて、かけても良く見えないので、かけすぎて大失敗することが良くあります。瓶から直接は危険。

R6248679.jpg

 そしてこちらは青森で手渡されたのですが、モノは福岡産。

R6248677.jpg

 素人は、辛けりゃいいじゃんと思いがちですが、スパイスの奥行きはそれだけではないということなんでしょうね。
 風味を求めたら、乾燥させない形になりました。

R6248678.jpg

 子供の頃はチューブ入りのワサビなんてありませんでしたから、刺身が食卓に出てくる時(父はアオヤギが好きでした)、母の人差し指で練られた粉わさびの小皿は、しばらく伏せて置かれてました。

 水を加え練りこんで、空気を断って数分間、それで辛味も増したのかな。そんな昔を思い出しました。

R6248680.jpg

 なんだかこれももったいなくって、まだ開封すらしていません。

 ありがとう、皆さん。
 でも、特に辛いもん好きというわけでもないのに、スパイスが集まるのは、甘いもの嫌い宣言してるせいかな?

 甘党と辛党は敵味方?
関連記事
テーマ : スパイス  ジャンル : グルメ

Comments

生七味
 おはようございます。

 昨晩、2時間半かけて帰ってきましたが、
激しい雨で畑の世話もできませんな。(涙)

 生七味、まだ開けてないのですか。食べる前に
変質しますよ。温麺や饂飩にでも入れて食べましょう。

 人妻なんていうからビックリ。確かに人妻では
ありますが。^^


(前記事の回答)
 紅藻類は乾すと黒くなり、炙ると緑で、煮ると
始め赤に戻ります。熱と水分の組み合わせで色素が
変化するのですね。

 養殖ノリの90%以上は収量の多いスサビノリ
系統ですね。岩海苔はもちろん、今でも日本中で
採集されますが、量的にはかなり少ないです。
弾力があって薄いキクラゲのようで大好きです。

 よく、地海苔とか言われてもっさりと干された
乾海苔を見かけますが、大概、養殖ノリを漉かない
で、姿干しにしたものです。それはそれで美味しい
のですが。

 
サエモンさんへ
海苔の豆知識ありがとうございます。
ラーメンにのる海苔は濡れても黒いままですね。

生七味の件了解です。
早めにいただきます。

お仕事ご苦労さまでした。
仙台は昼過ぎから急激に晴れてきましたよ。
物持ち良すぎ
げ、まだ開封すらしてなかったの!? 使ってくださいよ。
使わない人には、もうお土産あげないぞぅ(笑)
人妻Xさんへ
使ってます
使わせていただいてます

美味しいです
高血圧向き






MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


1234567891011121314151617181920212223242526272829303110 2019