風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 美味いもん

Comment (4)  Trackback (0)

13日の金曜日

 先週の華の金曜日。

DSC03182.jpg

 珍しくイタリアンな店に集合です。

DSC03178.jpg

 伊太利亜伊酒屋vino。

DSC03160.jpg

 イタリア語のワインという店名なんですが、ビールもあります。

DSC03152.jpg

 入口の階段といい、カウンター上の天井といい、貼ってある絵が気になります。

DSC03157bo.jpg

 もう何十回も一緒に飲んでいる仲間なんですが、たまたま東京に住んでいた頃の思い出話をしていたときに、私が二十歳前、たぶんまだ高校生の時に初めて自前で飲みに行った西新宿の焼き鳥屋に、びーえむあいさんと、anegoも行ったことがあり、良く覚えているということで、またえらく盛り上がったのでした。

 その店の名は、ぼるが。隣の席にいた、綺麗な女子大生と盛り上がった記憶だけあるんです。

 それはさておき、これは確か、有機野菜のバーニャカウダ。
 茹でた野菜に、温かいドレッシングを絡めて、食べます。二度漬け禁止?

DSC03154.jpg

 ウィキペディアによると、バーニャ・カウダ(ピエモンテ語:Bagna càuda)はイタリア・ピエモンテ州を代表する冬の野菜料理である。ピエモンテ語で「バーニャ」は「ソース」、「カウダ」は「熱い」を意味する。
 テーブルの上でアンチョビ、ニンニク、オリーブ・オイル、を混ぜ合わせたディップソースを温め、ジャガイモ、カブ、セロリ、カリフラワーなどの野菜を浸して食べるフォンデュに類似した料理である。
 日本にティラミスを紹介した北イタリア料理の第一人者、室井克義によって日本に紹介された。


 サツマイモとアスパラだったな。

DSC03158.jpg

 庶民的な雰囲気が、実に良いです。伊酒屋。結局飲み放題で3時間粘りました。4000円でイイのかなぁ。

DSC03170bo.jpg

 マスターの顔、良く覚えておいてください。

DSC03187.jpg

 壱弐参横丁へ移動します。

DSC03189.jpg

 ゴールデンウイーク開けにやっとガスと下水が仮復旧しました。本格営業再開。

DSC03191.jpg

 昭和食堂、なつかし屋です。前にも来ていますね

DSC03192bo.jpg

 うちの会社の保存食料と同じ缶を発見。

DSC03202.jpg

 一杯目は、栗原市金成の、萩の鶴。

DSC03193.jpg

 お次は気仙沼の、蒼天伝。

DSC03196.jpg

 やっぱり宮城の酒はサイコーです。

 料理の紹介は、びーえむあいさんのんまいもんinみちのくをご覧下さい。

DSC03197.jpg

 だいすき東北。いつの間にか14日になっていました。

DSC03199.jpg

 で、この親方の顔、どうでしょう。

 なんとvinoのマスターは、なつかし屋の親方の弟さんなんだそうです。

R6248628.jpg

 似てますか? ※上のなつかし屋のカードは、旧ヴァージョンです。前の店の住所。

 それからついでに、うちのスクーターもvino。
 レタリングが似てるので較べてみました。

R6248565.jpg

 別物ですが、雰囲気は似ていますね。

 ちなみにカタカナ表記では、伊酒屋はヴィーノ、バイクはビーノです。
関連記事
テーマ : こんな店に行ってきました  ジャンル : グルメ

Comments

納得!
☆風写さんへ
翌日の二日酔いの原因はこれでしたか・・・・(笑)
ぼるが ねえ
東京の若者だった人達は、みんな行ってるんだ。
私はいつも前を通るだけ。レンガ造りと煙もうもう。
今も、ニコンのあるLタワーに行く途中通ります。
その後、B2の「直久」で手打ち麺とBeerがいつものコース。
先日、オブジェのある喫煙広場で、デジ一ぶら下げていたら、
「写真はご遠慮ください」だって。遠慮しないで撮っちゃったけど…
LYNX☆さんへ
今回は歩いて帰れませんでした。
kazuさんへ
ぼるが
ご存知でしたか

そんなに有名な店だったとは。






MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


12345678910111213141516171819202122232425262728293011 2019