風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 生活

Comment (8)  Trackback (0)

何を視たいですか 聴きたいですか

 仙台空港に久しぶりに民間機が着陸しました。

 関係当局、関連会社、自衛隊、米軍その他、多くの皆さんの努力の賜物です。ありがとう。

R6248473.jpg

 飛行機が一機降りてくる映像を見ただけなのに、涙してしまいました。

 鉄道も福島までの新幹線が通り、福島からは在来線の東北線で仙台まで来られるようになっています。

 やっと世界と繋がったような感慨です。東京や大阪に行くことなんて滅多に無いのに。
 全国の皆さん、ぜひゴールデンウィークには、東北に遊びに来てください。

 普段は混む滝桜や、大内宿、弘前の桜まつりも今年は狙い目ですよ。



 さてテレビも新聞も雑誌もほぼ通常通りに戻っています。

 宮城でも、先日の日曜月曜に、震災後一ヶ月、節目の特番を各社が放送、作る方はひと山乗り越えた感がありますが、もちろん被災者の状況は直後と殆ど変わらないところもあり、生活情報のL字表示は続いています。

 また、同じ県内でも、インフラが復旧した山の手の地域と、まだまだ避難所生活が続く海沿いの地域には大きなギャップが出来てしまいました。

 マスコミに求める情報そのものに差ができてしまっていると思います。

 ラジオの音楽番組で、かける曲ひとつとっても、避難している皆さんにはふさわしくない曲なのでは、と悩むことが多いようです。

 以前と同じように番組を作れば良いのか、災害後にふさわしいものを流し続けるべきか、制作者のジレンマは続きます。

人は無力
関連記事
テーマ : 宮城県  ジャンル : 地域情報

Comments

放送
 おはようございます。

 地震後、電気が復旧した10日後から
テレビを見ていましたが、ACJAPAN の
公共広告が嫌というほど繰り返し流れ、
主旨は理解できるのですが、うんざり
した人も多かったと思います。

 CMを控えた穴埋めでしょうけど、
NHKにチャンネルを変えることが
多くなりました。

 いまは、あの歌(あいさつの魔法)
フルバージョンで歌えます。^^
悩ましいですね
☆風写さんへ
番組を提供する側とすれば、特別番組が終了し普通(レギュラー)の番組に戻るこれからが、試される時かと思います・・・
マスコミに対して望む事や期待する事が個々人それぞれ違うのが当たり前なので、皆さんが満足出来るようなモノは不可能だし、何処に的を絞るのかは難しい事ですね・・・
「何を観たいか」と問われれば“ニュース”“スポーツ”“ドキュメント”ものかな・・・
「何を聴きたいか」では、生活に密着した情報。

一日も早く「被災地」や「被災者」という言葉がメディアから無くなる事を願う反面、まだまだ長いこの先、この事柄を忘れる事無く日々報道し検証し続ける事が大切だと思います・・・

これからこそ“東北放送“の力量が試される時期だと思うし、期待も大きいのです!
う~ん
切ない、やるせない。
今、安心して見ていられるのが、BSプレミアム。
不安ながら見ざるを得ないのが、日経CNBC。
ACの広告は、最後の音声を消してから、あまり気にならなくなりました。SMAPのは嫌いです。仲居君は一人で炊き出しに参加したようだけど…
それにしても、番組通常に戻ったら、またバラエティーだものね。もともと、昼食、外でラーメン食べてる時に店のテレビで写ってるのを見るだけだけど…
中高年が見たいような番組作っても、スポンサーつかないのだそうですね。
No title
ただただ着陸するのに、目が熱くなりました。
東北の日本酒、浦ケ霞でなくすみません、南部美人を買いました、「お花見をして、明るく東北のお酒を消費して応援してください」とYouTubeで流れておりましたので。番組、明るい、イベント、東北応援温泉ツアーなんてどうでしょう。
サエモンさんへ
AC
もっとヴァリエーションが多かったら良かったですね

震災直後はずっとCM枠なしだったんですけど。
LYNX☆さんへ
視聴者はチャンネルを選べるのだから、全ての民放が同じように振舞わなくても良いのですが、それが一番難しいですね。

各番組に寄せられる視聴者からの要望に一番大きく影響されていると思います。
kazuさんへ
中高年はあまりテレビCMに影響されて、ものを買ったりしないでしょう。
湖水地方さんへ
ありがとうございます。
今年は是非ご家族で東北へ遊びに来てけさい。






MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


1234567891011121314151617181920212223242526272829303110 2019