風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 空花鳥風月雲

Comment (2)  Trackback (0)

ここから始まり

 さて、石巻にはハリストス教会や石ノ森萬画館、日和山公園など未踏の行ってみたい場所がたくさんあるのですが、この日はその中でも一番行きたかった此処に寄ってみることにしたのでした。

DSCF1135.jpg

 旧北上川。

 石巻市街地を流れる街のシンボルのような川ですね。
 今でも毎年のように周辺に浸水の被害を及ぼす、憎っくき川でもあります。

DSCF1108.jpg

 此処にこんな水門があるんです。街の北部かな。

DSCF1110.jpg

 石井閘門。明治13年に完成した、日本最古の単純合掌扉を持つレンガ・石造り閘門だそうです。以下の地図や一部画像、リンク先は、全て宮城県庁職員有志が製作している、貞山運河事典HPからの無断引用です。

 伊達政宗の時代に始まった仙台湾沿いの運河建設、南は阿武隈川から、名取川、七北田川、松島湾、そして成瀬川に北上川まで、総称して貞山運河と言われる、国内最長の運河の北の端に当たるんです。
 岩手県北から福島中通り、那須連峰のすぐ北までをつなぐ壮大な内陸水系を形造る、要の運河なんですね。

       貞山運河地図

 水門、メカ好きにはたまらない施設ですよね、動かして!!

 世界中の水門だけを撮り続けているカメラマンもいたと思います。

DSCF1132.jpg

 仙台方面に向かってまっすぐ掘られた北上運河。

DSCF1133.jpg

 一度は歩いて、または自転車で、駄目ならスクーターに乗って、出来れば小舟で、端から端までのんびり見てみたいものです。

 この話をすると、番組を作れという声がかかるのですが、地味すぎますよね。
 貞山堀ウォーク&クルーズ。

司馬遼太郎

 カヌーを漕いでいこうというイベントも、かつて有りましたが、定期観光クルーズは存在しません。

 端から端まで船に乗って、みんなで酒呑みながらのクルージング、いつか実現したいものです。サービスエリアのトイレ休憩は出来ないけどね。

 ところで最初の方の画像の奥、土手の上にもっこり膨らんだもの、気になりませんでしたか?

DSCF1130.jpg

 古墳でも、塹壕(トレンチ)のあとでもありません。

DSCF1126.jpg

 FinePixのぐるっとパノラマ360モードで撮影。(クリックすると拡大します)

DSCF1124.jpg

 露出が最初に決まってしまうのが難点、コントラスト差が強い場所には向きません。

 旧北上川側を拡大。

DSCF1124c1.jpg

 こちらがその不思議な形の建築物側です。

DSCF1124c2.jpg

 内部に入ってもう一回ぐるりパノラマ。

DSCF1123c2.jpg

 北上川・運河交流館 水の洞窟です。

DSCF1118.jpg

 モダンなデザインのベンチに座って、のんびり旧北上川を眺めることが出来ます。

 戦国時代には、この地域の河川はこのように流れていたそうです。

北上川地図1

 毎年のような北上川の氾濫で、現在の米どころも、当時は遊水池状態。

 壮大な治水の歴史の説明はこちらそちらに譲りますが、現在ではこんな感じです。

北上川地図2

 今でこそ、あまり良い話題にはならない巨大建設ですが、先人たちの努力を忘れてはいけません。

DSCF1123c1.jpg

 そんな周辺の歴史を、館内のAV設備で勉強することが出来る、入場無料の無人施設なんです。 

DSCF1116.jpg

 この日は数人の小学生が、ゲーム機で遊んでいました。

DSCF1120.jpg

 河畔では親子が凧揚げ。パンダコパンダか?

   DSCF1128.jpg

 長閑な石巻でした。
関連記事
テーマ : 新・東北(トーホグ)紀行  ジャンル : 地域情報

Comments

いよいよですか?
☆風写さんへ
貞山運河クルーズにいよいよ近づいて来ているようですね・・・
下調べも兼ねてるような?
石巻のこの水門と言い、「水の洞窟」の存在すら知りませんでした(汗)
LYNX☆さんへ
まだ、見てみたいところを回っているだけですね。
野蒜築港跡でしょうか、次の下見は。

http://teizanunga.com/nobiruchikkouato.aspx






MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


1234567891011121314151617181920212223242526272829303108 2019