風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 美味いもん

Comment (2)  Trackback (0)

オレは猛者

 仙台では、今年はじめて(?)10度を越え、とても暖かかった日曜日。

P2200540.jpg

 先週は出番がなかったTTのバッテリーを充電するために少し県内を走ってきました。

 江合川下流の涌谷。前に大小をくっつけると、箱根の有名な大涌谷、小涌谷になりますが、ここはわくや。
 日本で最初に金を産出した場所です。城山公園に来たのは初めてです。

 鳴子の荒雄岳の北側に端を発する江合川は、岩出山や古川、小牛田を流れて、涌谷の東で旧北上川に合流します。

P2200541.jpg

 伊達騒動で原田甲斐に切られて絶命した、伊達安芸の城跡です。

 桜とばん馬レースで有名な小さな町のお城。

P2200555.jpg

 三戸城と同じで、天守閣の様に見えるのは、歴史館、模擬天守でした。しかもこの日は休み。なんてこったい。

 むしろ隣にある質素で可愛い隅櫓のほうが、歴史的な価値があるそうです。

       P2200546.jpg

 「樅ノ木は残った」では、名優と言われる森雅之が伊達安芸宗重を演じました。有島武郎の子、中島葵の父だそうです。
 余談ですがウィキペディアによると、樅ノ木は残ったの総集編は現存し、DVDも発売されている。しかし本放送の映像についてNHKは、フィルム・VTRは残っていないとしている。そのため全話の再放送および全話収録の完全版映像ソフトの製作・発売は困難であるそうです。

       P2200558.jpg

 このあと石巻まで走って、もう一ヶ所、行きたかったところを訪問(明日の記事)し、昼飯です。
 とりあえずスシローを目指して、ヤマダ電機やケーズデンキ周辺に行ったのですが、大混雑でなかなか駐車場にも入れず、結局流して門脇まで入り込んでしまい、やっとここに決めたのでした。

DSCF1145.jpg

 すごい名前ですね。猛烈食堂、また来て屋。

 名物を発見。

DSCF1136.jpg

 お姉さんに、並でも量が多いんですか? と聞いたら、結構多いです、とのことだったので、石巻焼きそば(並でも満足)です。

DSCF1142.jpg

 量の比較に目玉焼だけでは不十分かと思い、キーホルダーを置いてみましたが、広角撮影だとよく判んないね。

 オサレな焼きそば(そんなもん無いか)の二人前分はあります。

 石巻焼きそばは一昨年のお花見以来。ぱんだ(親)さんが焼いてくれたんですよね。美味しかった。
 サエモンさんのブログにも東京屋食堂の焼きそばが登場しています。

DSCF1141.jpg

 解説は例によってウィキペディアから

1. 二度蒸しして茶色くなった生麺を用いる。
2. 焼き上げ時に、だし汁を加えて蒸し焼きにする。
3. 目玉焼きがトッピングされる。
4. 食べる直前にソースをかける(必須ではない)。

 石巻焼きそばの最大の特徴は、調理前の麺が元々茶色いことである。生の茶色い麺を焼きそばに使っているのは、この地域だけとされる。一般的に強力粉と呼ばれる粘りの強い小麦粉を用いて中華麺は作られるが、石巻焼きそばでは「中力粉(普通粉)」と呼ばれるやや粘りの弱い小麦粉を用いて麺を作る。これを一度蒸し上げると麺は黄色化し、一般的な焼きそばで使用される中華麺のようになるが、それを水で洗い、もう一度蒸し上げることで麺は茶色くなり、石巻焼きそばで用いられる麺となる[3]。麺が茶色くなる理由については、「麺に含まれるかんすいと熱の作用[2]」とされるが、詳細は分かっていない。

 麺は、二度蒸しによって一度蒸しに比べてふっくらとするが、これにより液体を吸収する能力が高まるとされる。この特徴を利用して、調理の最後の焼き上げ時にだし汁を加えて蒸し焼きにし、味に深みを与える。

 調理された石巻焼きそばは、褐色の見た目に比べてだし汁の影響により味がマイルドになっているため、食べる直前にさらにソースをかけて味に切れを持たせる猛者も多い。

DSCF1143.jpg

 出てきた状態、見た目は普通で、元々の麺が茶色かったかどうかは見極められないのですが、その声に応えてか、超薄味。
 茶色いのに味がしないということは、麺が元々茶色かったの鴨、というわけです。

 当然ソースをかけますよ、猛者だもん。
 あえて味を表現するとしたら、具もたくさん入っていて超美味しい屋台の焼きそばって感じ。柔らかでマイルド。

 三陸道を、仙台港ICまで走り、降りて洗車して帰宅しました。

DSCF1148.jpg

 腹いっぱい。
関連記事
テーマ : B級グルメ  ジャンル : グルメ

Comments

石巻やきそばね~
こんな御当地焼そば、知らなかった。
次兄の相方、石巻出身なので、今度会ったら聞いてみよう。
kazuさんへ
売れ残った麺を、もう一度蒸したんではという説もあるにはあるんです。






MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


1234567891011121314151617181920212223242526272829303107 2019