風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 美味いもん

Comment (2)  Trackback (0)

食べて歩いて 転んで呑んで

 さて今回の青森雪中行軍、後半は、サエモン会の不定期グルメ遠征軍に合流です。

 これまでの遠征軍、私が参加したのは最初が、盛岡攻め(サエモンレポートその一その二その三、びーえむあいさんの報告1報告2)、次がちょうど今日も開かれている、酒田の寒鱈まつり(その1その2、サエモンレポートその一その二)、そして昨年の越後攻め(その1その2その3その4その5その6サエモンレポート目次)でした。

 今回は、ちょろりご夫妻の案内で、サエモンさん、大名マークご夫妻にお供しました。

 12時に青森駅そばのホテルに集合だったのですが、土曜日の午前中、栃木県内での架線だかポイントだかの故障があり、新幹線がやや遅れていたことと、在来線にもポイント故障があり、新青森駅は大混乱、徒歩のサエモンさんは問題ありませんでしたが、両ご夫妻は結局タクシーで新青森から市内へ移動したそうです。

 で、一次会

 こんな造りのお鮨屋さん、なかなか無いですよね。

P1030174.jpg

 まずは乾杯がしたいというちょろりさんの発案で、見事な津軽塗りのテーブルのお寿司屋さんの個室です。

P1030175.jpg

 ビールの乾杯だけで終わるわけはありません。田酒です。

P1030178.jpg

 これは珍しい、炙り帆立。

P1030177.jpg

 料理の詳細は、サエモンさんのブログへ。

 二次会、今日の昼飯会場へ、行軍です。みんなで地図を見てますね、大丈夫かなぁ。

P1030181m.jpg

 お昼は青森のソウルフードです。

       P1030192.jpg

 古時計がたくさん壁にぶら下がっているお店。こんなお店はどこでもありそうだけど、流行ってる店は少ないのでは?

P1030191m.jpg

 客は九割がた女性です。グループも居れば、単独の方も。

 そしてみなさん食べているのはこれ、ジャマイカンカレーセット。

P1030187.jpg

 要はキーマカレー。しばらく強香辛料系は控えていたせいもあり、とても美味しかったです。

P1030188.jpg

 詳しい薀蓄はサエモンさんのブログへ。1月23日掲載予想。なんでジャマイカなのかも解明してくれるかも。

 いったん胃の休憩。ストマックブレイク。

P1030196.jpg

 青森の目抜き通り、お湯を散布して雪を融かしているのかと思ったら、海水だそうです。

 駅前、アウガの地下市場を見学。

P1030197.jpg

 腹ごなしの散歩。相変わらず雪は降ったりやんだり。

 帽子かフード付きのコートを着ていれば傘は要らないくらいでした。

P1030199.jpg

 サエモンさんのブログよりも先にネタをばらすのは、非常に気がひけるのですが、予告編ということで、軽く流しますのでお赦しください。

 さっと紹介します。

 ホテルでひと休みして、夕方、いよいよメインの三次会です。

P1030214.jpg

 東の方へ20分以上、少し痛む足を引きずって行軍した先にその店はありました。

       P1030213_20110122093129.jpg

 看板が無ければ普通のおうちですが、トランヴェールその他で紹介された超人気店。

 結構奥行きがあり、広い奥座敷に通されました。

P1030202.jpg

 田酒、豊盃、白神、海鳴り、じょっぱり。

P1030206.jpg

 大間のマグロに、たつ刺し。

P1030205.jpg

 前にむつ市で大間のマグロを食べた時もこんな、遠慮気味の切り方でした。でも美味しい。極楽です。

 そしてたつ鍋。いわゆる有名なじゃっぱ汁に、これでもかと、たつ(鱈の白子)を投入した豪華鍋です。

P1030201.jpg

 いやいやいやいや......いや...いや............もう尿酸値なんてどうなってもいい! 浄土です。

P1030208.jpg

 そして取っておきの珍味、まぐろの皮の和え物です。親方からのサービス。頓死です。

P1030207.jpg

 このお店の記事は24日のサエモンさんのブログに載るはずです。お楽しみに。

 再び雪中行軍です。歩かないと次食べられませんから。

P1030215_20110122093246.jpg

 これも市街東部にある、青森屋台村さんふり横丁

P1030216m.jpg

 7-8人ほどしか座れないカウンターだけの店が並んでいますが、空き店舗も1/3ほどありました。

 さんふりとは image_12738260891.gif 津軽人の気質とか。

 ここで四次会です。

P1030217m.jpg

 anegoオススメの屋台は満席。

       P1030219_20110122093245.jpg

 それで他のヨサゲな屋台に飛び込みます。

P1030220_20110122093353.jpg

 小栗。

 多趣味な親方のお宝が店内にびっしり、私好みのインテリアです。

P1030231m.jpg

 絵を書くのが大好きな親方。大根の皮や蕗の葉までキャンパスにしてしまいます。

P1030222m.jpg

 乾杯、乾杯、小雪に乾杯、外は大雪。

       P1030227.jpg

 そして、これが美味かったぁ。帆立山菜伝法焼。詳しくはサエモンさんのブログへ。25日には載ると思います。

P1030228_20110122093352.jpg

 味の決め手は、マヨネーズの素、だそうです。

 をもらいました。

P1030226m.jpg

 ここで実はお隣にいたお客さん、なんと地元系列局の技術局長Yさんでした、奇遇です。
 どなたか、私と一緒の写真撮られていたら、ください。

 さぁ、もちろん〆の五次会です。五次会ってなかなか変換できない単語ですね。

 歩けなくなったわけではなく、閉店時間に間に合うように、近距離だけどタクシーで移動です。

       P1030232.jpg

 あぁ、間に合わなかったか。

 大丈夫、ちょろり奥様の交渉力で、キッチン再点火。親方ありがとう。

P1030237m.jpg

 もちろん暖簾は仕舞いっぱなしです。

       P1030233_20110122093452.jpg

 雪国らしく、丼が麺の上で温められてます。

P1030238_20110122103107.jpg

 濃厚そば(並)650円。

P1030239.jpg

 煮干だしがガッツりで、超こってり、黄色い太麺。なかなか無い組み合わせだと思います。

P1030240_20110122093451.jpg

 〆には向いていないかもしれないけど、旨いラーメンでした。

P1030241_20110122093451.jpg

 ここのメインはつけ麺。サエモンさんのブログに載るのは、29日ぐらいになるのかな。

P1030242_20110122104858.jpg

 弟に貰っていたスタンプラリー、半日で埋まってしまいましたよ。

P1030245m.jpg

 サエモンさんごめんなさい。いっぱい先行発表してしまいました。
関連記事
テーマ : 食べ歩き!  ジャンル : グルメ

Comments


食べまチックなレポート。読み応え、見応えありました。
まずは例の列車トラブルに遭遇してたとは・・・
「会津の三泣き」のように「津軽の三ふり」があるとは・・・
よくもこれだけ、飲み食い出来たとは・・・
三とはマミー!
kazuさんへ
食べ応えもありましたが、新潟の時ほどではありませんでした。

次回は是非参加ください。






MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


1234567891011121314151617181920212223242526272829303107 2019