風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 欧羅巴追想

Comment (8)  Trackback (0)

郷愁の欧羅巴

 ドイツでは大晦日のことを、ジルヴェスターと呼びます。
 その夜、ジルヴェスターアーベントには23時頃を過ぎると、花火が街じゅうのあちこちから上がり始めるのです。パリでも同じ、サン・シルヴェストルと言うそうです。
 英語のニューイヤーズイヴよりは、格調を感じますね。

 ドイツに行った最初の大晦日、夜中に急に花火が上がって驚いたものです。


 ちょうど四半世紀前、1985年の夏、すでに社会人になっていた弟が、デュッセルドルフにいた私のところに遊びに来ました。
 当時は安い切符を手配しても、今の5倍以上はしたと思われ、ずいぶん思い切ったものです。

 当然ツーリングです。思い出して大体のコースを書いてみました。



 確か往復はエールフランスで、行きだけデュッセルドルフ行きに乗り換え、彼にとっては初めての海外旅行だったはずだし、待ってる私も初めての海外進出中でした。

       ロマンティック1

 早速アウトバーンを南下して、ロマンチック街道に向かったと思います。ケルンにも寄ったかな?

ロマンティック2

 ディンケルスビュールか、ローテンブルグに泊まりました。飛び込みです。

 これは世界一高い教会の尖塔、ウルムの大聖堂です。

       Ulm.jpg

 こういう撮り方をするとどんだけ高いかよく判りませんね。

 その後国境を超えてスイスへ。グリンデルバルド。アイガーの北壁かな。(たぶん違う)

     Image8.jpg

 車は当時乗ってた紺色のアウディ80です、全く進歩がありません。

Image4.jpg

 天気は良かったけど、結局登山電車には乗りませんでした。

     Image3.jpg

 ラウターブルンネンのシュタウプバッハの滝、落差300mあるそうです。

     Image10.jpg

 たぶんモントルーの方を回って、南部のツェルマットへ。 

 この時飛び込んだ街道沿いのペンションで、日航機が日本で墜落したニュースを聞いて、英語の新聞を探しに走り回った記憶があります。

     Image13.jpg

 ツェルマットはもう1-2回行きましたが、町内は車両通行止めなので、手前の駅前駐車場に車を止め、電車で街へ入ります。此処でも一泊したのかな。

 そこからゴンドラで天空へ。

     Image15.jpg

 上の写真で弟が持ってるもの、何か判るでしょうか。
 ベンチの上にあるのがポータブルVTRなんです、手にはビデオカメラ。ケーブルでつながっています。

 この旅、私にしてはほとんど写真が残っていないのは、この買ったばかりのビデオばかり撮っていたからなんですね。しかもこの時のVHSビデオテープは弟にあげてしまったので、手元には無いのです。

 そう、ビデオカメラを持って、ヨーロッパでもっとも美しい山、マッターホルンの麓まで、行ったんでした。

 数少ないスティル写真。

Image19.jpg

 これも、私の写真では、雄大さを実感するのは難しいでしょう。

     Image20.jpg

 見たことがない方は、ぜひ一度お出かけください。

 どこかの峠越え(高い山は、ユングフラウか、モンブランかも)、万年雪の様に見えるかもしれませんが、氷河ですね。

Image21.jpg

 どこを通ったのか記憶がないのですが、アルプスを越えてイタリアへ。

 怖いのでアウトストラーダだけを通って、モナコ、そしてフランスへ。

 ニース(カンヌだっけ?)で一泊。いろいろありました。

   晩餐

 上は確か次に泊まった、エクサンプロヴァンスでの夕食。ウィスキーの様に見えるのは地酒のロゼワインです。

 そしてオートルートを爆走してパリへ。コンコルド広場の夕焼け。

       コンコルド

 ニースとパリのホテルだけは予約してまして、たっぷり観光しました。

 車もあるし、普通はヴェルサイユ宮殿とかに行くんですが、競馬好きな弟が行きたがったのは、競馬場。
 凱旋門賞のロンシャン競馬場と、仏ダービーとオークスをやるシャンティイー競馬場に行きました。

 これはどっちだろう。

Image25.jpg

 最後にシャルル・ド・ゴールから乗るはずだった、エールフランスの成田行きが、オーバーブッキングで乗ることが出来ず、交渉して結局、兄弟はパリにもう一泊、しかも只で宿泊したのでした。

 この他の欧羅巴ネタは、

ベルリンの壁とトラヴァント 1980年代
  想い出のストックホルム  
    アルプス&チロル  
      エッフェル塔  
        世界一長い名前の駅  
          ドイツの聖夜  
            パリとエーゲ海の風車  
              ガウディのバルセロナ  
                ヴェニスの晩夏  
                  聖地エルサレム

 今年一年、ご愛読ありがとうございました。
 来年も宜しくお願いします。
関連記事
テーマ : ヨーロッパ旅行  ジャンル : 旅行

Comments


 ヨーロッパに縁が無い私にとって、車での旅行は夢物語です。
本当はレンタカーでイタリア縦断をしたいのですが、なにせイタリア語がちっとも覚えられません。
 かといって、団体旅行で名所めぐりなどはしたくない。
 とにかく美味いワインに美味い料理さえ食べ歩ければよいのだから。

 


こうして振り返ると若かりし頃の海外生活&旅行も実に良い思いでですね、
叔父さんなんか殆ど以前の写真が残ってないもんで
最近は昔の思いでも中々思い出せなくてねえー、
残ってるのは全然面白く無いオフィシャルな宴席写真ばかりなんですよ、

最近はプログ遣ってる関係上写真は沢山溜まってますけど肝心の自分
の写真は無いんで「葬式の写真はどうするのようー」なんて催促されてるんです、




 懐かしいね。あの時は本当に右も左もわからずはじめての飛行機に海外旅行。ウォーターと言ったのにコーラが出てきたり、シャルルドゴールの乗り換えはよくわからないし、右ハンドル、右側通行に戸惑い、車は傷つけるし、車上荒らしには会うし、いろいろとお世話になりました。
 ビデオはちゃんととってありますよ。
素敵だね
当然と言えば当然なんだけど
憧れの景色がばんばんでてきますねえ~
たかさん登場にもびっくり♪

今度魚な屋パーティー第二弾で VTR上映会でもやりましょう!
どんな映像なのか 楽しみです

只今正月用調理終了”
風写さんにもおとどけしたいところですが…気持ちだけね!(笑)

今年一年お世話様でした
来年もよろしく御願い致します!
百日紅さんへ
新年からヘリ出動でしたか。
お疲れさまです。

イタリアならどこでも料理は旨いと思います。
ワインはやっぱりトスカーナでしょうね。

鉄道の幹線が通っているそれほど大きくない街、ピサとかボローニャとかにのんびり滞在するのはいかがでしょうか。

今年もよろしくお願いします。
ベガサポさんへ
了解デス

肖像写真お任せください。
ベガルタの旗の前が良いですね。
在大町少年へ
では新居に入れたら、家族が来る前にそこでビデオ上映会やりましょう。
びーえむあいさんへ
そうですね、昨年は初めて胃カメラを呑んだし、三回目の入院したし、いろいろあった方ですね。

上映会は連坊のマンションでやりましょう。駅にも近いし。

今年もよろしくお願い押します。






MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


12345678910111213141516171819202122232425262728293011 2019