風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: カメラ

Comment (10)  Trackback (0)

クラシックカメラマン98

 いよいよ今年も残り僅かになりました。

R1058240.jpg

 小学生だった1960年代、ジョージオーウェルの1984を読んだ1970年代、21世紀なんて、遠い遠い先の話(車が空を飛ぶと信じていた)でしたが、もう最初の10年が過ぎようとしています。

 行く年来る年にはそんな感慨にふける間がありますね。

 そして、いよいよ本日29日、朝10:05から宮城県地方限定で下記の番組が放送されます。

みやぎ四季の足跡2010

 八木山のカメラマンたちが、一年間美しい宮城を追った取材映像の、ベストカットを集めた、カメラマンスケッチの総集編。無駄なカットはひとつもありません。

 こちらで、番宣動画をご覧いただけます。

 ぜひご覧ください。


 今日はこのカメラを紹介します。左側のです。

  R1058242.jpg

 ドイツはAgfaのKARAT Ⅳと言うカメラ。1955年前後に販売されたようです。同世代。

 逆向きに巻く、フィルム巻き上げレバーが特長。

 R1058245.jpg

 普段使わないときは、上のようにレンズがボディに密着していますが、ワンプッシュで、ポーンとレンズが飛び出します。
 この個体は距離がフィート表示なので、アメリカ向けでしょうか。

R1058244.jpg

 いわゆるスプリングカメラですね。レンズとボディの間は、蛇腹で遮光されています。

 1940年代製の、奥のKARAT 36では互い違いファインダーを使って上下のファインダー像をスライドさせて、一致したところがジャスピン、と言う個性あふれる上下像合致式距離計だったのですが、このⅣでは普通の中央像合致式になってしまいました。

R1058243.jpg

 レンズはAgfaカメラでは珍しい、シュナイダー製のXenon50mm/F2。ライバルであったKODAKのRetinaシリーズと同じ玉です。

R1058246.jpg

 Karat 36では、シンクロコンパーだったシャッターが、、プロンターSVSと言うタイプに変わっています。

R1058247.jpg

 新しいモデルで、レンズもせっかくF2なのに、最高速シャッターが1/500から、1/300にスペックダウンしているところが一番残念な点です。

R1058248.jpg
関連記事
テーマ : フィルムカメラ  ジャンル : 写真

Comments


 久々のカメラシリーズ、やっぱりドイツのカメラが良いですね。でも世の中はデジタル一辺倒。ヨドバシではリンホフとハッセルの販売をやめてしまいました。
 フジの定着液も粉は無くなって液のものしかなくなったので、重くてとてもまとめ買いはできそうに無いし。
 ハッセルの中古レンズは物凄い勢いで下がっているし。
 中古カメラ屋を回っても、買うのは小さなアクセサリーだけ。

四季の足跡見ました~(*'ー'*)♪

どこかに自分が写ってるんじゃないかと思う位
好きな撮影スポットの数々でした☆彡

素晴らしく綺麗なアングルの数々に感動しました☆
蔵王の樹氷はいつか行ってみますε=ε=ε=

水面の映り込みとか陽射しの綺麗な新緑や紅葉は
やはりいいですね~~(^ー^* )♪

桜と花火も初めて知りました。
涌谷要チェックですね!
百日紅さんへ
そうですね。
今のデジカメ、50年後に動くでしょうか?
zepさんへ
ありがとうございます。

うちの部では、2-3年に一度しか番組を作れないのですが、今回は特に私好みの番組に仕上げてくれたので、とても満足しています。
良かった
見ごたえのある番組でしたね・・・
再放送すれば良いね!
素敵でした!
録画予約をしていたのに・・・引き込まれるように見入ってしまいました。

素敵なスケッチの数々に感動しました♪
2回見ました^^
録画しながら見て、すぐまた再生してもう一度見てしまいました。
「無駄なカットはひとつも無い」。まさにその通り!ですね。
説明くさいナレーションは時に映像のジャマになるけれど
選り抜いた言葉だけ、静かなBGMだけにしていたことが
かえって感動を深めてくれたように思います。
松島や鳴子といった超メジャーな観光地はあえて避けたのでしょうかね。
あの町に、こんな風景があるんだ…という驚きもいろいろあって
私自身もみやぎの魅力を再発見できました。ありがとうございました。

年末の贈り物をもらったみたいに、とても清々しい気持ちになりました。
再放送あればいいのに~♪
ありがとうございます。
ふだん残虐な事件、悪辣な犯罪や、悲惨な事故ばかり追いかけさせているカメラマンたちが、時々息抜きのように美しい情景を捉えてきてくれるのには、一番ほっとさせられます。

私自身は取材カメラマンや、映像編集の経験もないので、具体的な指示は何にも出来ないのですが、今回の編集で頼んだイメージは以下でした。

・宮城の美しい情景を見せる。音も聞かせる。
・観光地の紹介ではない。
・作品に集中してもらえるように、最低限のナレーション、字幕スーパー、BGMを使う。
・宮城に暮らして本当に良かったと再確認してもらう。

年末に降って湧いたように、突然制作が決定したので、構成に芯がない曖昧なモノになりかねないところを、上手く編集マンたちが話し合ってまとめてくれました。

私自身はもっとスーパーもナレーションも省いて、最近のテレビ番組のアンチテーゼにしたかったのですが、彼らにとってはあれがぎりぎりのようでした。

もし今度また制作できることになれば、一年前からテーマを決めて、それに向かう全員の眼に映る風景を集めることで、もっと厚い内容に出来ると思います。
指示してますよ・・
☆風写さんへ
立派に指示してますよ・・・・
それが有ったからこそ指針がはっきりしてカメラマンの皆さんも撮影出来て、編集の人達も作業が出来たのだと思いますよ。
良かったと思いますよ・・・管理職合格ですね・・失礼(笑)
またまた来年に期待します!
LYNX☆さんへ
いえいえ
彼らが取材したのは、それぞれ自分のカメラスケッチ用なんです。

この番組をやるって決まるずっと前。
だから、彼らの素晴らしい作品、御譜代町の豆腐屋さんの話や、昭和の8mmフィルムを再生するストーリー、青葉通の屋台の親父さんの歴史、気仙沼の消防士がボランティアで海水浴場のライフガードをやる話、沢山のストーリーは今回の四季の映像には盛り込めなかったわけなんです。






Uhr
天気予想
2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カウントダウンタイマー
御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: