風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 不健康

Comment (2)  Trackback (0)

点滴は天敵?

 二日目の朝。

R1057098_20101224145630.jpg

 嵐の翌朝ですね。何時もと少し違う角度の仙台のビル街。

 施術当日は朝昼の飯抜きということで、代わりに点滴をするということになっています。要は栄養補給。
 そんなの要らない気がするけど。

R1057094m.jpg

 テレビのスタジオ等で、カメラマンがカメラをペデスタルや三脚ごと水平にすべらせることを、ドリーするというのですが、以前別の病気をして入院したとき、先輩たちが、私が点滴をドリーしながら廊下を歩いていたと大笑いしてました。

       R1057107cm.jpg

 もちろんこの日も下剤で腸をすっかり綺麗にしたあとは、こいつを連れてトイレに行ったり、自動販売機に行ったりするわけです。

 若くて優しい看護師さんが、昨日の朝した点滴針とその養生です。どうなんでしょう。

R1057103.jpg

 手首のバンドは、病院内ID。

 この後、一応簡単な内視鏡手術。

 安定剤を点滴に混入する方式のため、最初こそちょっと痛かったり、腹にガスが溜まったり、美しい大腸内の映像を見たりしていたのですが、気がついたら知らない間に終わってて、ストレッチャーごとエレベーターに載せられていました。

 ストレッチャーで病室まで運ばれていくのも気持ちの良い(まだ少し頭がハレヒレ)もんでしたが、一人で押していた、細身の看護師さんは重くて苦労していたようです。

 そのままベッドに移動させられて、ぼうーーーーーっと、しばらくほとんど寝てました。

       R1057113.jpg

 本来ならばこの辺りで、点滴も尽きなければならないはずなんですが、まだ半分残ってる。

 ただでさえ左手に痛みがあって不自由なのに、右手に針が刺さってて、管が伸びているのでは、不自由きわまりないんです。

 そのまんま夕飯。

R1057109.jpg

 これは美味かったです。久しぶりの食事。結構大盛りのご飯。

 ところが点滴がまだたっぷり残っています、おかしいですよね。

 夕飯を食い終えた後に、酒が残ってるのはぜんぜんオッケーなんですけど。

 飯が食えないからしているはずの点滴が、飯を食い終わったのにまだ、滴ってる。

 夜番の看護師さん(ゴルファーの古閑美保に似ている)に、おかしいですよね、と相談したら、管のルートを変更してくれまして、まるでターボが効き始めたように、滴りが5倍くらい早くなったんですね。

 早いのもそれはそれでどないやねんと思ったりしたのですが、早く寝たいし、これでダメなら途中でやめますから、とかいなされまして、結局そのあと2時間ぐらいおとなしくし、消灯時間の9時を過ぎて晴れて空に。

 一応夜中に何か起きて、再度点滴が必要になったときのために、この微妙な状態で栓をして再養生。

R1057114_20101224142615.jpg

 寝相が悪かったら血の海かな。

 でも、お陰さまでぐっすり眠れました。いろいろ遠くでピロピロ電子音、近くからいびきとかしてましたけど。

 朝一に気仙沼出身(となりのおんつぁんが聞き出した)の古閑美保がこれも外してくれました。どうもありがとう。

R1057115.jpg

 身が軽くなって朝飯。

R1057117.jpg

 これも美味かったです。

 この後私よりずっと若い担当の先生と話ができて、最初の質問。

 「この後、食事とかは、普通にしていいんですかぁ?」「出来ますよ!」

 次の質問(一番大事)。

 「アルコールとかもですかぁ?」「大丈夫だと思います」
 「本当ですかぁ?」「この週末までは少し控えめにした方がいいかな」

 あとで看護師さんがくれた説明書きによると、入浴は2-3日控えてシャワーのみ。1-2週間くらいは激しい運動と、アルコール類、刺激物は避ける。

 ずいぶん違いますが、激しい運動はどっちみちしないけど、アルコールのところの差が大きいんですよ。”控えめ”と”避ける”。太目とデブぐらい違うんです。

 でもやはり医師である先生の意見が優先しますよね。

PA0_0003_20101224142744.jpg

 そうですよね............控えめ。
関連記事

Comments

点滴
はい、退院おめでとう!
術後すぐに普通の食事には驚きました・・・・
点滴にアルコール入ってた(入れてた)んじゃないですか、もしかして?(笑)
LYNX☆さんへ
ありがとうございます。

普通の食事というか、他の人と同じ病院の標準食です。
消化器内科向け。

入院したこと、ありますよね。






MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


1234567891011121314151617181920212223242526272829303107 2019