風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: ロコモーション

Comment (4)  Trackback (0)

二日酔いだけに

 週末、久しぶりに上京しました。

 仙台駅の列車行先表示板、新青森の文字が踊っています。

CA3A0001_20101207065510.jpg

 乗ったのは秋田から来た「こまち」。新青森から来た「はやて」に連結されています。
 乗車率は一割ほど。心配です。

 蔵王連峰。

DSC02564.jpg

 吾妻連峰。

DSC02571.jpg

 男体山はちょびっと見えましたが、富士山は見えませんでした。

 東京駅で、昼飯どころを探しますが、かつてレストラン街があった部分、ほとんどがスイーツ系を中心とするグルメ店舗街になってまして、駅ナカに、食堂が殆ど無くなってしまいました。

 表に出ると、東京都区内行きの切符が無駄になってしまうので、やむなく中央線の特別快速に乗り、八王子へ。

 駅前の座れる立ち食いそば「富士そば」です。複雑な食券機。二台あります。

       DSC02572.jpg

 天ぷらそば、350円。食券をおばちゃんに渡すと、蕎麦を茹でるのに40秒かかりますから、座ってお待ちください、だって、微妙な待ち時間。

DSC02573.jpg

 石臼挽きらしいのですが、まぁ腰のない蕎麦です。

DSC02574.jpg

 西東京バスに乗って、川口小学校前まで。

 特別快速で東京駅から八王子までが一時間ほど、さらにバスが30分ほどですから、大体仙台から東京駅までと同じくらい時間がかかることになります。

 バス停から10分ほど歩いて、萩霊園長福寺

DSC02576.jpg

 両親の墓参りでした。

DSC02577.jpg

 さすがに名物の萩は終わっていたし、紅葉も終りに近い、西多摩の秋です。

DSC02580.jpg

 我が家のお墓は、限り無く小さい広さしかないので、雑草取りも楽ちんなのですが、こんな落葉樹が生えてきていました。どんぐりが飛んできたのでしょうか。既に立派に紅葉しています。

       DSC02585.jpg

 とりあえず残しておきました。大丈夫かな。

DSC02589.jpg

DSC02592.jpg

 再びバスで八王子駅に戻ります。

 東京のバスは、SUICAで乗れるので、超便利でした。

 JR八王子駅前、ペデストリアンデッキ上のモニュメント。

DSC02593.jpg

 以前は何もなかった南口側に、高層マンションと大きな商業ビルがたち、ビックカメラが入居していました。仙台には来ないのかな。

 八王子から、今度はJR横浜線に乗って、町田まで。正味20分ぐらい。

       DSC02594.jpg

 町田の駅前は、まるで別世界のように変わっていました。

 ティーンエイジャーの頃は、JRは原町田、小田急線は新原町田と言う駅名でちょっと離れた感じでしたが、今はどちらも町田という駅名で、つながっています。

 小田急に乗り換えて、相模大野で江の島線へ。

 藤沢に着きました。町田から30分くらい。

DSC02595.jpg

 今や、湘南の中心都市と言えますね。

DSC02597.jpg

 この日はここで一泊。明日に備えます。

       DSC02600.jpg

 ホテルにチェックインして、夕飯です。

 あまり食欲はなくて、ファミレスに行きたいムード。

 居酒屋を横目に歩きまわって、ありました。

DSC02607.jpg

 茨城時代は散々通った、サイゼリヤです。

 昼飯に、ドリアとパスタなんて食べてましたから。合わせて698円ですもんね。

       DSC02601.jpg

 相変わらず安いですね。

 この夜は、小エビのカクテルサラダ459円と、パルマ風スパゲティ399円に、一応ちびデカンタの赤ワイン190円。
 合計1048円です。トーシバだな。

DSC02606.jpg

 実に久しぶりのサイゼリヤ。

DSC02604.jpg

 エンゲル係数の低い一日でした。
関連記事
テーマ : 鉄道旅行  ジャンル : 旅行

Comments


昔、町田近辺がテリトリーでした
家のカミさんは町田から2つ八王子よりの
淵野辺出身です
原町田辺りは如何わしい店が多く
大好きでした、友達が(笑)
小生が住んでいたのは
相模大野からバスで20分位の
所です

全くの偶然ですが
娘もこの近くに
住んでいたことがあります

な~んだ、町田に来るなら、声掛けてよね。
エンゲル係数高くできたのに。
木曜から日曜までOKなのに、でも今日はまだ富士宮。
大名マークさんへ
そうですね、ご夫妻の大学のラリーに出場したかもしれません。

町田周辺には友人が多いので、縁が深い地域です。
湖水地方さんへ
この日はディープな二日酔いだったので、大人しくしてました。

最初は相模線で茅ケ崎まで行って藤沢入りかとも思ったのですが、このルートがきっと最短ですよね。






MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


12345678910111213141516171819202122232425262728293011 2019