風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 温泉三昧

Comment (0)  Trackback (0)

また湧出量日本一へ

 さて、これが3ヶ月ぶりの温泉。

IMG_9592_20210202100540c6d.jpg

 安達太良山の麓から湧き出す、硫黄泉だ。

IMG_9593_20210202100542a29.jpg

 戊辰戦争の激戦地、母成峠の北に位置する、中ノ沢温泉だ。

IMG_9591_2021020210053905b.jpg

 少し山を上がった、沼尻温泉には泊ったことがあるが、中ノ沢温泉は初めて。

    IMG_9589_20210202100537f64.jpg

 ただし、日帰りで立ち寄ったことはある。

IMG_9590_202102021005381ca.jpg

 温泉に二度浸かった後、食堂で夕飯。

IMG_0907 (2) IMG_0911_202102021005329fb.jpg

 先付は鰊の山椒漬、イカ人参、蕎麦の実なめこ、馬すじのしぐれ煮、鱈子昆布巻。茶碗蒸しもあった。

IMG_0914_20210202100535eb7.jpg

 刺身は、鰆、甘海老、こんにゃく。酒は会津中将だな。

IMG_0909_202102021005300f7.jpg IMG_0912_2021020210053335c.jpg

 和牛しゃぶしゃぶ。

IMG_0910_202102021008385fc.jpg IMG_0918_2021020210084653e.jpg

 こづゆに、舞茸天ぷら。

IMG_0913_20210202100840da9.jpg IMG_0915_202102021008425ae.jpg 

 呑み切れなかった、二本目の会津ほまれと、伊達鶏牛蒡釜飯。

IMG_0916_20210202100843abe.jpg IMG_0917_20210202100844bf8.jpg 

 釜飯も少し残した。
IMG_0920_20210202100848597.jpg IMG_0921_202102021008491a8.jpg
 久しぶりの旅館飯を堪能した。

 この辺りは、古関裕而の高原列車は行くに唄われたとも言う、沼尻鉄道の終点があったところだ。

    IMG_0923_20210202100851b5f.jpg

 ♪らららららーー、行くよー。

IMG_9602_202102021008522ac.jpg

 夜中と早朝にまた温泉。

    IMG_9604_20210202101153a71.jpg

 29日は、雪の模様だ。

    IMG_0924 (2)

 男女湯の入替え後。

IMG_9611_20210202101201688.jpg

 露天風呂はこっちのほうが絵になるな。

IMG_9610_20210202101159d89.jpg

 雪も降っているが、風が強くなってきた。

IMG_9605_202102021011553fc.jpg

 前夜食堂にいた客は、中高年夫婦が二組と、若い男女8人冬物語グループ、ワタシの13名だけだった。

    IMG_9607_202102021011565ce.jpg

 素泊まり客もいたのかもしれないが、いずれにしてもがらがらだ。

    IMG_9609_20210202101158716.jpg

 ほとんど貸し切り状態。

 朝メシ。

IMG_0926_20210202101149a3f.jpg

 少し太陽が見える。

IMG_0929_202102021011516a3.jpg

 闘病後の初宿泊をこちらにしたのは、猪苗代湖のしぶき氷を観るためでもあったのだが、この日は強風で地吹雪。

 磐越道も通行止めになった。

     IMG_0931 (2)

 磐梯町から喜多方方面に行こうというプランもあったのだが、これは危険な方向だ。

IMG_9613_20210202101430a2b.jpg

 それでまた温泉。

IMG_9614.jpg

 強風で雪が舞い込む。

IMG_9617_20210202101433b10.jpg

 それでもその後は、晴れたり曇ったり。

IMG_9623_202102021014348b3.jpg

 降雪量は2㎝ほどで、大したことは無かった。

    IMG_0933mo.jpg

 今シーズン、初めて雪掻きブラシを使った。

IMG_0935mo.jpg

 磐越道の通行止めは解除されそうになかったので、君子危うきに近寄らず。

IMG_0936_20210202101424e7d.jpg

 土湯峠を越えて、とっとと中通りに抜けることにした。

IMG_0938_2021020210142588e.jpg

 トンネルを抜けたら、青空。

IMG_0939_20210202101427c81.jpg

 福島西ICから東北道に。

 新装なった国見SAでまたトイレ休憩したら、流行りのメスティンを使ってる店が、フードコートにあった。

    IMG_0941_20210202101428180.jpg

 鯖寿司も売っている。

IMG_0943_2021020210161220e.jpg

 昼メシは菅生PAで。

IMG_0946_202102021016168db.jpg

 実は白石で讃岐うどんを食べる心積もりだったのだが、定休日だったのだ。

IMG_0944_2021020210161311e.jpg

 かき揚げざる蕎麦。

IMG_0945_202102021016158ae.jpg

 ずいぶん早く仙台に戻ってしまった。
関連記事
テーマ : 温泉宿  ジャンル : 旅行

Comments






MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


12345678910111213141516171819202122232425262728293004 2021