風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: ロコモーション

Comment (6)  Trackback (0)

呑美り汽車旅

 今日は鮭の日、麺の日、ポッキー&プリッツの日。きりたんぽの日。


 先週土曜日の昼は、鶴岡駅前で腹ごしらえ。なぜか「神田川」と言う名前の居酒屋です。

R1057835.jpg

 支那そば醤油味。

R1057833.jpg

 普通でした。

 鶴岡から仙台への移動は、高速バス片道2900円が定番なんですが、いつも車で走る道と同じルートを通るのもブロガーとしては△なので、電車で帰ることにしていました。最低2940円かかります。

 13:47発、羽越線の酒田行き。羽越線って乗るの初めてかも。

R1057836.jpg

 土曜日の午後一。乗ってるのはほとんど高校生です。昼飯食ってる奴もいます。
 昔anegoも乗ってたのかな。弓矢持って。

 藤島を通って、三つめの余目で乗換えです。14:02着。
 陸羽西線、これも初めて、14:12発新庄行きの快速「最上川」。
 ローカル線乗り継ぎの旅は、乗換で時間を持て余すのが楽しかったりもするのですが、この日は全く余裕がありません。

R1057841.jpg

 新庄で、山形新幹線に接続する快速なので、東京に遊びに行く家族なんかが乗ってたりします。

 文字通りずっと最上川沿いを走るのですが、もちろん此処を見たくて乗ったようなもの。

R1057847sc.jpg

 お馴染み、立川のウインドファームです。羽越線の藤島と西袋の間辺りから見え始めていました。

R1057857sc.jpg

 海沿いでもなく、尾根線でもない、どちらかと言えば谷間の田んぼや市街地にある風力発電所、本当に珍しいんです。過酷な地域なんですね。

 もちろん風車は元気に回っていました。立川風車のレポートはこちらそちら

 ご覧のとおり天気は悪く、最上峡の紅葉は見頃なんですが、良い写真にはなりません。

R1057863cc.jpg

 もっともこの辺り走ったことがあればわかると思いますが、JRはトンネルばかりなんですよね。これも雪対策でしょうね。

 新庄駅14:51着。鳥もつラーメンの新庄です。
 つばさも待ってました。R1057872.jpg

 14:56発の陸羽東線、快速「リゾートみのり」にダッシュで乗換です。仙台直通。忙しい。

     R1057867.jpg

 この快速は全席指定、しかもたったの3両編成。前々日山形駅に着いたときに駄目元で窓口で聞いてみたら、奇跡的に空席があったので、510円の指定券を買っていたのでした。新庄~仙台もこっちのルートだと3570円(2940円のルートは、新庄から奥羽線、山形から仙山線)。合計4080円です。

     R1057869.jpg

 大きな窓に、広い足元。二時間半の搭乗ですから、510円払う価値は十分。

     R1057875.jpg

 指定席は通路側でしたが、何箇所か展望席もあるので、自由に窓際に移動できます。

     R1057870.jpg

 同じ型の車両を使っているらしい、以前乗った五能線の「リゾートしらかみ」では、この席を使って津軽三味線のライブがありました。

 小国川、瀬見渓谷の紅葉も見頃なんですが、天気悪し。

R1057885.jpg

 瀬見温泉駅。この温泉には泊まったことがあります。

     R1057889.jpg

 その時、昔のブログを検索したら岩出山の踏切で、この快速を目撃していましたね。
 最上駅で入れ替え、しばし停車します。小雨。

R1057892.jpg

 最上川からはかなり離れた場所にある最上町。謎です。

     R1057902.jpg

 これまた前に来た、平らな場所にある分水嶺の堺田駅、通過します。

R1057906.jpg

 SLが寂しそうな中山平温泉駅、この駅と鳴子温泉駅で大半の乗客が乗ってきました。

     R1057912.jpg

 紅葉の名所、鳴子峡のトンネル間の数秒間。4枚くらいは撮れましたが、

     R1057915.jpg

暗くてダメでした。映り込みだらけ、左上が一応47号線の鉄橋です。

 鳴子温泉周辺も、紅葉が見頃です。

     R1057920.jpg

 あとは仙台に戻るだけ。お疲れ様でした。

     R1057918.jpg

 17:37着でした。鶴岡から3時間50分。天気が良ければ抜群に快適な旅だったことでしょう。

 ところで今回のサプライズ、山形県内はまだSUICAが使えません。
 山形駅で出られませんでした。
 現金で精算して、あとから仙台駅でカードの処理。面倒でした。要注意。

 夕食はさくら野地下で買ってきた中華弁当。

R1057926.jpg
関連記事
テーマ : 鉄道の旅  ジャンル : 旅行

Comments

ローカル線
私は鶴岡まで鉄道を利用した事が無いので、記事を面白く読ませてもらいました・・・鶴岡から3時間50分かかるのですね。
この路線、天気が良ければ景色を楽しみながら行けそうなので機会を見つけて乗ってみようと思っています。
昔鳴子温泉に行く時はもっぱら陸羽東線でしたが、最近はSLをバイクで追いかけて新庄間を往復するだけでした。
anegoの故郷にマーキング?
電車旅お疲れ様でした。お天気は残念でしたね。

昔は高速バスも高速道路もなく、時刻表をにらめっこしながら
何度も乗り換えて最大5時間以上もかけて仙台~藤島を移動してました。
地図上では近いのに、東京に行くより時間がかかってたんです。
今はホントに楽になりました。

高校時代の通学列車はもっと地味な、オレンジだか茶色の列車で
初恋のカレをホームでチラ見するのが毎朝毎晩の楽しみでしたね(懐♪)
ちなみに弓矢は部室置きなので持ち歩きません。

>最上川からはかなり離れた場所にある最上町。謎です。
・・というよりむしろ、大昔から最上地域はこのエリアを指すので
逆に私は最上川という名にした理由の方がナゾです。


流石、旅慣れていますね
前々日に「リゾートみのり」の
チケットを押さえておくなんて
なかなかできる事ではありません

写真にあったAビールは風写さんが
飲んだのですか
昼アルコールは珍しいんじゃないですか?
小生は日常茶飯事ですが
でも、まだ手が震えたりしませんけど(笑)
LYNX☆さんへ
へぇ
鳴子温泉に汽車で行っていた時期があるんですか。
なんだかピンと来ません。
昔から車かバイクしか乗らなかったイメージです。

汽車旅は、まさに今、紅葉の季節が一番だと思います。

鶴岡~仙台、高速バスだと二時間半ですね。
いずれにしても私にとってはあっという間の3時間50分でした。
anegoさんへ
最上川は、ひとつの県内で源を発して流れきる川では最長だそうです。

それから、ウィキペディアによると、村山と最上の地域名、昔は逆だったそうです。
その方が納得が行くのですが、江戸時代になぜか名前を入れ替えられたとか。不思議です。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%80%E4%B8%8A%E9%83%A1
大名マークさんへ
みのりの売り子さんの笑顔につられて買ってしまいました。
本当は新庄でいろいろ買い込もうと思っていたのですが、5分しか無かったので。写真も撮らなきゃないし。
あまり好きではないスーパードライしかありませんでした。






MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


1234567891011121314151617181920212223242526272829303107 2019