風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 美味いもん

Comment (8)  Trackback (0)

秋の色 飽きぬ味

 これは先週の木曜日。

 近所のバス停、普段と反対方向へ走るバスに乗ります。

R1057481.jpg

 大崎八幡では何やら工事中。親子鳩の額がありません。

       R1057482.jpg

 仙山線の国見駅、ここから快速に乗りたかったのですが、時間があったのと、下りホームにはベンチがなかったため、一旦各駅停車に乗りました。

R1057485.jpg

 終点愛子駅で快速に乗り換えです。仙山線と言っても、仙台から山形への直通列車は本当に少ないんです。

R1057486.jpg

 得意のウィキペディアによれば、県境付近は勾配のきつい山岳区間で、秋季には車窓から紅葉を見ることができる反面、落葉によって車輪の空転が引き起こされ、ダイヤが乱れやすいのです。
 このため、仙山線は、国内初の交流電化路線なんですね、いわば新幹線の直系先祖。

R1057491.jpg

 上は奥新川駅付近、下は県境辺りですね、紅葉が見頃です。電車内から窓越しなので、蛍光灯の映り込みがあります。

R1057501.jpg

 この季節、山形へ行くときは高速バスではなく、仙山線がおすすめです。国見から山形までたった950円。

 私は峠の手前で、ぐっとスピードが落ちて、ぐわしぐわしと登っていく状態が好きです。

 山形県に入り、先日車でも訪れた、面白山高原駅付近、滝が見えます。

R1057506.jpg

 そして仙山線沿線随一の観光地、山寺です。

R1057519.jpg

 登山レポートはこちら。山寺の紅葉はまだといった感じでした。

 仙台周辺、JRその他の鉄道から見える紅葉の美しい山々は多いのですが、雪が多い地域は鉄道林と言って、線路の両側に杉などが多く植えられているんですね。
 もちろんこれがないと大変なことになるのですが、景色を眺めるには邪魔だったりするんです。

 山形駅に着いて、ちょうど昼時。

 歩いて行ける、あの店で、たぶん今年初の、新蕎麦にありつきます。

R1057532.jpg

 土日は混雑する庄司屋ですが、平日はそれほど混んでいません。

       R1057523.jpg

 ここに来たら、定番はこれ。

R1057525.jpg

 相もり板です。

 十一蕎麦。

R1057526.jpg

 さらしな。これが絶品なんです。

R1057527.jpg

 結構な量ですが、完食できました。

 食べ終わる前に気付くと思いますが、これって板蕎麦ではありませんね。普通にスダレ、ざる蕎麦じゃない?

R1057531.jpg

 実に美味しいお蕎麦なんですが、これで1720円します。おしながきはこちらから。

 会議がある場所まで2キロ弱。たっぷり時間があったので食後の散歩です。

R1057536.jpg

 紅葉に関して、時々思うのですが、国内で普通に紅葉(黄葉)する、銀杏や、カエデ、ナナカマドなどよりも早く色付く樹木が、特に街なかに増えているのではないかということ。

 上の木は何か、さっぱり判りませんが、どうも一般の人が口にする紅葉の季節のイメージ、実際よりも早いような気がするんです。

R1057537.jpg

 夜の部。

       CA3A0004_20101107045826.jpg

 山形料理です。

CA3A0001_20101107045826.jpg

 上左から、お代わり自由の芋煮(もちろん牛肉たっぷりの山形風)、だし奴、もってのほか。

 そしてお湯に入れたら、きゅっと小さくなってしまう霜降りの山形牛しゃぶしゃぶ。

       CA3A0002_20101107045855.jpg

 写真に映っていない左半分の野菜もたっぷり食べましたよ。芋煮は三杯。

 美味しゅうございました。

CA3A0005_20101107045854.jpg

 山形の食、是非サエモン隊で攻撃したいものです。
関連記事
テーマ : 鉄道の旅  ジャンル : 旅行

Comments

なるほど
仙山線に乗って新緑や紅葉を眺めていると、たいがい景色のいいところでいらない木が邪魔をしてよく見えず、「ん、もう。いいところなのに」と思っていましたが、ちゃんと意味のある木だったのですね。
これからは邪魔者扱いせずに、「ご苦労さん」と声をかけてやることにします(笑)。
愛子駅・・・
読み方は違うけれど、母と同じ名前。
こんな名前の駅があるのですね。
KANOKOへ
愛子駅
皇太子家に愛子様が誕生した(正式には生まれたあとの命名)ときは大ブームでした。
叔母さんにも入場券プレゼントしました。
ユケチュウさんへ
鉄道林
仙山線も結構多い(葛岡あたりとか)んですが、私的に印象的なのは、会津です。磐梯熱海あたりからずっと越後に入るまで。
懐かしいです!
昔仙山線で、必ず駅で交流の電気機関車を交換するために数分待たされた経験が有りますが、今は懐かしい思い出です。
面白山駅を過ぎて山寺までは深い谷の中を列車が走るので紅葉が綺麗だった事でしょう・・・
写真の紅葉した植物は、ドウダンツツジかと・・冗談ではないですよ(笑)
http://www.flickr.com/photos/toyohara/2076871869/
LYNX☆さんへ
大昔
作並までが交流、そこから先が直流だったのかな。

山形方面によく行かれたのですか?
冬はもっぱら仙山線でした・・・
当時は山形蔵王にスキーに行く時は、仙山線で山形に行き、駅からバスで蔵王温泉まで行ってましたね・・シーズン20日くらい滑っていたので、だいぶ通いましたね・・・今では考えられません!
LYNX☆さんへ
そんな時代もあぁーったのね

昔から移動は車一筋かと思ってました。
汽車とバスで移動する姿は想像できません。






MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


12345678910111213141516171819202122232425262728293011 2019