風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 美味いもん

Comment (0)  Trackback (0)

冬ならアンコウ鍋

 今回、特急ひたちに、乗りたかっただけで訪れた水戸。
 それだけなら日帰りも出来たのだが、まぁ一度は棲んだ街なので、ホテルに一泊した。

 確かに暑かったけれど、同じ時間の気温を仙台と比べたら、同じだ。

IMG_7337_2020082408523974e.jpg IMG_7338_2020082408524017b.jpg

 今から思うと、茨城の勤務先の散会が決まった後、東京にも雇ってくれるという会社があったのだが、あの亜熱帯の満員電車の街には戻りたくなくて、仙台を選んだのだった。

 その時に、父と年間気温とかも調べたのだが、水戸と仙台はあまり差が無かったような記憶。
 東京より冬は寒いけれど、意外に雪が少ないのも同じだ。

 そんな事を想い出しながらホテルでビール。

    IMG_7365_20200824085242047.jpg

 ちっとも秋じゃないぜ。

 もちろん、仙台を選んで良かったが、東京を選んでいたら、ずいぶん違った人生になっていただろう。

 ところで今回、水戸でホテルや、美術館に飲食店を訪れるたびに、こんなQRコードを突き付けられた。

    IMG_7477_20200824085253a68.jpg

 いばらきアマビエちゃん。歴史館と偕楽園のものだ。

 コードを撮ると、スマホのメールアプリが立ち上がり、空メールを送ると返信がある。
 同じタイミングで感染者が出たら、連絡メールがくるのだろう。

 夜はホテルで教えてもらった、近くの居酒屋へ。

    IMG_7366_202008240852443e5.jpg

 満月もお城も好きだもんね。

 ここにもQRコード。

    IMG_7367_20200824085245a02.jpg

 さっそく登録すると、こんなメールが来た。

IMG_7369cmo.jpg

 いばらではない、いばらだ。

 地酒とお通し。しらすおろしだな。

IMG_7370_20200824085250d35.jpg

 酒は、一番右の、稲里”山”。

IMG_7368_20200824085247433.jpg

 宮城山形の酒と比べると、ややしっかり感。福島の酒みたいだ。旨い。

    IMG_7371_2020082408525132e.jpg

 一品も水戸の地酒だな。

    IMG_7380_20200824085520177.jpg

 20年前も呑み会で結構いろんな地酒を呑んだが、茨城の酒の記憶があまりない。

    IMG_7372_202008241726348b1.jpg

 カウンター席は、隣とアクリル板で仕切られていた。

    IMG_7373_20200824085514dd7.jpg

 焼鶏を3本頼んだら、良いタイミングで一本ずつ出てくる。

IMG_7375_20200824085515f79.jpg

 上から、つくね、ねぎま、ぼんじりだ。

  IMG_7387 (2)

 二杯目は水戸天狗党純米吟醸袋取り。こっちの方が好みだった。

    IMG_7376_20200824085517d0e.jpg

 美味い。近所の焼鳥屋にも、きっと行こう。

IMG_7387_20200824085527d8e.jpg

 次は刺身、水戸と言えばやっぱり鰹だ。

IMG_7378_20200824085518c13.jpg

 赤身だな。脂は乗ってないが新鮮。

 そしてやっぱり、と言うかほとんどここに載せるためだけに、おろし納豆。

    IMG_7381_20200824085521650.jpg

 そう言えば、水戸時代には、まぐろ納豆をよく食べたのを思い出した。

 三杯目は、一品の純米しぼりたて生。

    IMG_7382_20200824085523f47.jpg

 これはメヒカリではなく、ハタハタ干し焼。

IMG_7383_20200824085524793.jpg

 そして焼きおにぎりだ。炉端焼き店なので。

IMG_7385_20200824085526daf.jpg

 混んでなかったが、美味しかった。

    IMG_7388_202008240856402e0.jpg

 ホテルに帰って、バタンキュー。

 ぐっすり寝て、朝。

 カーテンを開けたら、目の前をまた特急。慌てて撮ったけど、前ピンだった、残念。

DSC00819_202008240856396b5.jpg

 朝メシは本来バイキング形式らしいのだが、コロナのおかげで弁当に。

IMG_7389_20200824085642092.jpg

 もちろん納豆付きだが、これはガテン系。

IMG_7390_20200824085643a3a.jpg

 仕事で中継に出た時にぴったりな。揚物満載弁当だ。

 せっかくなので、これもblog用に、納豆をかけた。

IMG_7391_202008240856454ff.jpg

 とっても喰いきれず。

 朝ドラを見てまったりしてから、エキナカを抜けて南口へ。

 20年前と比べると、ずいぶん開発されているのは、仙台の東口とおんなじだ。

 当時米国人も多かった東京スタッフの、定宿だったホリデイインは、別のホテルになっている。

IMG_7392_20200824085646993.jpg

 桜川が、バスクリンカラーだった。

IMG_7394_202008240856489c8.jpg

 水戸に来ること決めて、最初二日目はまたバスと徒歩で、街歩きしようかと思ったのだが、酷暑のせいで、いちばん安いレンタカーを借りることにしたのだ。

 ミライースってやつ。安全な水戸ナンバーで、8時間3,080円。中古車を買って、レンタカーに仕立てている会社だ。

IMG_7422_20200824085651da6.jpg

 こいつで北へ向かった、奥茨城村はなさそうだけど。

IMG_7396_202008240856490a8.jpg

 ナビはないが、エアコンとラジオが付いていれば十分だった。

 しかし必要以上に、好い天気。
関連記事
テーマ : こんな店に行ってきました  ジャンル : グルメ

Comments






MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


1234567891011121314151617181920212223242526272829303110 2020