風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: ロコモーション

Comment (0)  Trackback (0)

今は山中 今は浜

 20日の朝は、市営バスで仙台駅へ。快晴だ。

s-IMG_7295.jpg

 今年3月に、9年ぶりにやっと運航が全線再開された常磐線。

 その特急にずっと乗ってみたかったのだが、コロナ禍で伸び伸びになっていたのだ。

s-IMG_7297.jpg

 東北地方は新幹線が比較的充実しているせいか、在来線の特急がほとんど存在しない。
 知っている限りでは、羽越線のいなほ(新潟~秋田)と奥羽線のつがる(秋田~青森)以外では、このひたちだけだと思う。昔よく乗っていたころは上野発だったのに、今は品川発なのだ。

s-IMG_7300.jpg

 一応全席指定。

 退職して時間が出来ると、旅行にスピードは必要ない。

    s-IMG_7296.jpg

 それで新幹線よりも普通の特急で、そこそこのんびり旅をしたいのだ。

s-IMG_7301.jpg

 新幹線より窓が大きくて、開放感があるうえに、なんと車内無料WiFiまである、凄いぞ。

s-IMG_7306.jpg

 ちなみに、客の入りは一割以下。

 単線部分が多いので、時々ひたち同士のすれ違いもあるが、仙台までは一日三往復のみ。

s-IMG_7309.jpg

 しかし10両編成なので、輸送量的には大したものだ。

 東京までも、新幹線より料金は安いうえに、乗車時間は倍以上楽しめる。

s-IMG_7314.jpg

 悲しい放射能被災地を走り抜ける。

s-IMG_7316.jpg

 まだまだバリケードも見受けられた。

s-IMG_7318.jpg

 平和な田園地帯の上、送電線が発電所に繋がっている。

s-IMG_7319.jpg

 宿泊したことがある、富岡の駅前ホテル

s-IMG_7321.jpg

 昼メシは、仙台駅で買って来た秋田の弁当だ。

s-IMG_7302.jpg

 ちょっと小さい。

 車内販売があるのは、いわきから東京までなので、仙台から二時間分の飲食物は必要だな。

s-IMG_7329.jpg

 カバンに入れて持ち運んだので、つくねが吹っ飛んでいるが美味いし、じゅんさいも嬉しいぞ。

 ところどころ海が見える。

s-IMG_7333.jpg

 東北本線は松島のあたり以外見えないので、良いものだと思うが、本当に所々なので、事前に地図で確認すること。

s-IMG_7334.jpg

 それから新幹線と比べると、揺れが多い。赤ワインの手酌は危険だ。

 日立を過ぎると、高校生が多くなる。ひよっこ年代だな。

s-IMG_7335.jpg

 水戸駅までは3時間強。

IMG_7363_202008231112170f1.jpg

 駅前ホテルに荷物を預け、茨城交通バスに乗る。

 20年前仙台に来る前に、1年半だけ住んでいた街なので、土地勘は少し。

s-IMG_7336.jpg

 水戸漫遊フリー切符400円で、茨城県立歴史館へ。

s-IMG_7339.jpg

 これは旧水海道小学校の学舎だが、当時住んでいた見川は、ここから徒歩圏内だ。

s-IMG_7342.jpg

 歴史館は退屈。

s-IMG_7346.jpg

 敷地内に古民家。セミの大合唱が半端ない。

s-IMG_7349.jpg

 どでかい水車小屋。

    s-IMG_7351.jpg

 蓮池を眺めていたら、ちょうど対面を特急が走り抜けた。

IMG_7353_20200823110838bae.jpg

 ひたちかときわ。

 20年前に勤めていた会社は、本社が恵比寿GPにあったので、会議でよく出張したし、同級会などでも上京した。

 またその会社の散開が決定し、仙台へ転職する時にも、スーパーひたちで何度か来仙。

 懐かしい特急でもあるのだ。

 歴史館の隣が偕楽園

IMG_7354_202008231108401d3.jpg

 もちろん、梅は見ごろではない。

    IMG_7355_20200823110842c3e.jpg

 そして、暑い。

 千波湖。

DSC00813_20200823110835be0.jpg

 弘道館。

DSC00815.jpg

 ミヤギノハギが咲き始めていた。

IMG_7357_2020082311084206c.jpg

 さらに隣は、常盤神社。

IMG_7358_20200823110844886.jpg

 稲荷社があった。

IMG_7360_2020082311121454d.jpg

 どこもほとんど観光客はいない。

 また茨交バスで水戸駅へ戻る。

 茨城沖で地震があると、いつもニュース映像に登場する、水戸芸術館のタワー。

DSC00817_20200823111213229.jpg

 周辺は何やら大規模工事中だった。

IMG_7362_20200823111216d49.jpg

 ホテルにチェックイン。

 あぁ、涼しい。

関連記事
テーマ : 鉄道旅行  ジャンル : 旅行

Comments






MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


1234567891011121314151617181920212223242526272829303110 2020