風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: ドライブ

Comment (0)  Trackback (0)

朝焼けから飛鳥へ

 3日の朝は、またなんとなく朝焼けが期待できそうな雰囲気。

P1050258.jpg

 それで時々東の空を覗きに行ってたら、来た。

DSC06378.jpg

 凄いぞ凄いぞ。
 まるで木星の表面のような雲。

DSC06380.jpg

 感動的な朝焼けだった。

DSC06382.jpg

 日の出。

DSC06384.jpg

 夏場の夜明けも捨てたものではない。

 この日は車で、いつものお出かけ。

IMG_6011.jpg

 天気は晴れだ。

IMG_6012_20200706063314e0e.jpg

 仙台空港インターから東部道路、常磐道。

IMG_6013_20200706063315f70.jpg

 南相馬鹿島SAでトイレ休憩。

IMG_6016_202007060633197da.jpg

 少し買い物したら、レジ袋はやはり有料。それにしても種類が多い。

    IMG_6015_2020070606331744a.jpg

 無料時代の在庫多数なんだろう。

 この日は軽く診療を終え、ドクターご夫妻と小一時間談笑。

 昼メシは近場で。

IMG_6023_202007060635546e8.jpg

 前回開店時刻に来た時は数人待ちだったが、遅めに来たらがらがらだった、旭川ラーメンの、ゆーから。

    IMG_6020_20200706063550d58.jpg

 周りは味噌ラーメンを注文してるジモティが多かったが、旭川は醤油じゃね?

 正油野菜ラーメン950円。

IMG_6021_202007060635511d9.jpg

 もうちょっと麺硬めの方が好みかな。

    IMG_6022_202007060635530a0.jpg

 調べたら前回も同じもんを食べていた。
 店は喰ってるうちに閉店。13時前にスープが無くなるのは、やはり人気店だ。

 常磐道に乗って宮城へ戻り、山元ICで降りて、こんな所へ。

    IMG_6031.jpg

 どの自治体にもある、小さな博物館だ。

    IMG_6024_2020070606355524b.jpg

 地元の小学生くらいしか来ないだろう、普通。

IMG_6034_20200706063601c4f.jpg

 製鉄の歴史もあるんだな。

IMG_6033_20200706063600dd1.jpg

 ちなみに入場料は200円。

IMG_6035_20200706063603e59.jpg

 目的はこれ。飛鳥時代の線刻壁画。

IMG_6026_20200706063557ebc.jpg

 山元町が、津波被災者の復興住宅を造ろうと、国道沿いの丘を開発したら出てきた合戦原遺跡。

 その中の横穴古墳で見つかったいたずら書きのような、壁画なのであるが、ここで真下からズッドーーんと言う衝撃。

 地震だった。福島沖が震源の最大震度3。

      IMG_6039 (2)

 ひとりしかいない館員のお嬢さんが駆け付けてくれたので、指示に従いますよーと言ったら、いったん表に出ましょうかという事に。

 正面は新しい町役場。客はワタシだけ。

 余震も無かったので見学に戻った。

 この飛鳥時代に描かれた壁画だが、レプリカではなく実物だ。

IMG_6029_20200706063648644.jpg

 綿密な計画を立てて、切り取って京都で修復、資料館内に移設されたそうだ。

IMG_6030_20200706063649888.jpg

 なかなか凄いぞ。

 ちなみに山元町の新しいゆるキャラ、せんこくんのモチーフはこの壁画から来ているのだ。

 太平洋。

IMG_6036_20200706063651626.jpg

 津波が到達したエリアは、飛鳥時代は海だったのかもしれない。
関連記事
テーマ : ちょっとした報告  ジャンル : 日記

Comments






MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


1234567891011121314151617181920212223242526272829303112 2020