風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: アウトドア

Comment (0)  Trackback (0)

近場でカタクリ

 天気も良くて暖かだった16日。

IMG_4238_20200417053842c23.jpg

 スクーターで家から15分、青葉山の奥にある、青葉の森に初めて足を踏み入れてみた。

IMG_4239_20200417053845a5d.jpg

 管理事務所があって、散策の案内所にもなっているのだが、トイレ以外は閉鎖中。

 カタクリの花が見頃だというのだ。

DSC00621_20200417053846f1b.jpg

 これは違うな。

    DSC00620t.jpg

 あったあった。

DSC00623_20200417053840b57.jpg

 管理事務所の駐輪場から10分も歩かないうちに、群落に突入だ。

DSC00622_20200417053839821.jpg

 最初は下り道。

DSC00626_20200417053834658.jpg

 すぐに小川を越えて、登りになる。

DSC00630_20200417053837947.jpg

 他にもハイカーは少しいたので、マスクをしたのだが、結構きつい。

DSC00629.jpg

 心臓がハカハカしてくる。

DSC00633_202004170538331c2.jpg

 この花を撮影するには、かがんで持ち上げた背面モニターを覗き下ろす必要があるのだが、これも堪える。

DSC00632_20200417054520f40.jpg

 ちなみに機材は、秋に買ったSONYの高級コンデジ、RX100mkⅦだ。

DSC00635_20200417054519fee.jpg

 Lumix TX2と機能がかなり被るカメラだが、こっちの方がコンパクト、その分寄れない。

DSC00638_20200417054515758.jpg

 展望がない四阿まで行って引き返した。

DSC00639_20200417054516e55.jpg

 散策路の反対側を見ながら歩く。

     DSC00642.jpg

 花たちはちょっとドライな感じなので、もう見頃を過ぎていたのかも。

DSC00643_20200417054512d33.jpg

 フレッシュな花だけを撮影する。

DSC00644.jpg

 これはダメか。

DSC00648_20200417054507294.jpg

 RX100mk7は、見えるところにマクロを選ぶボタンがないが、AUTOにしておけば自動的にマクロに行ってくれてるようだ。

DSC00649_20200417054508d99.jpg

 失敗ピンぼけ画像もたくさん残ったが。

DSC00650_20200417054510111.jpg

 好い感じだ。

DSC00647_2020041705475363d.jpg

 ボケ具合も綺麗。

DSC00653.jpg

 あー疲れる。

DSC00652_20200417054749188.jpg

 谷川に水芭蕉はなかったし、生き物も見当たらなかった。

DSC00654_20200417054752979.jpg

 往きと同じ花を撮ってるような気もするが、時系列に並べておく。

DSC00655.jpg

 林に足は踏み入れず、散策路からのみの撮影だ。

DSC00656_20200417054746bb2.jpg

 これはスミレなのかな。

DSC00657_20200417054743893.jpg

 一時間ほど歩いてバイクに戻り、近くの霊園へ。

IMG_4252_2020041705474242d.jpg

 両親が眠る墓に手を合わせる。

IMG_4240_20200417054745a68.jpg

 サクラが満開だった。

IMG_4242_2020041705495497b.jpg

 これはミツマタかな。

IMG_4243_202004170547425fb.jpg

 まだ雪が残っているのは、後白髭山に船形山かな。

IMG_4249_202004170549584dd.jpg

 いろんな花が咲き乱れている霊園。

IMG_4254_202004170549578d9.jpg

 人は少ない。

IMG_4255_20200417054955029.jpg

 帰り道、八幡のショッピングセンターによってまず昼メシ。

IMG_4256_20200417055233e9a.jpg

 Di verDeで、ミートソースオムライス。サラダ・コーヒーが付いて990円。

IMG_4257_20200417055235995.jpg

 向かい合って話が弾むマダムたち、変にせき込む老婦人。
 落ち着かなかった。

 生協で買い物して帰宅。買い物客も多かった。
関連記事
テーマ : 花・植物  ジャンル : 写真

Comments






MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


1234567891011121314151617181920212223242526272829303110 2020