風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 空花鳥風月雲

Comment (4)  Trackback (0)

春が来ても、想い出せ。

 宮城周辺は、桜だけではなく、水芭蕉の季節だ。

DSC00596_20200412162106b1a.jpg

 白石と七ヶ宿に、大きな群生地があって、行ったことがある。

DSC00595_20200412162105811.jpg

 スーパームーンの翌日だったかな、9日の未明も大きな月が地上を照らしていた。

P1040720_20200412162101e18.jpg

 いつもは30倍ズームのパナソニックDC-TZ90で撮っているのだが、最近買ったソニーのDSC-RX100M7は、8倍ズーム。若干電子ズームで頑張っても、ここまでしか寄れない。

P1040718_202004121620597a0.jpg

 この日は、買い物時にもできるだけ他者との接近を避けられるようにと、試しに早朝、24時間営業のスーパーに買い物に。

IMG_4083_202004121621038c9.jpg

 同じことを考えている人がいたのか、元々そこそこ客がくる時間帯なのか、朝6時前後でも特別空いているというわけではなかった。
 むしろちょうど品出しの時間にぶつかったのか、従業員が多かった。

 そして午前中に、初めて行く仙台市内、泉ヶ岳麓の湿地に行ってみたのだ。
 ちょうど20㎞ほど、40分で着いた。

    IMG_4085_20200412162109d26.jpg

 入り口に車5台ほどの駐車スペースがあるが、泉ヶ岳の観光大規模駐車場からでも、さほど遠くはない場所だ。

IMG_4084_20200412162107fa1.jpg

 木道も整備されていて、あっという間に芳の平湿地へ。

IMG_4087_20200412162112d5f.jpg

 白石七ヶ宿湿原と比較すると、だいぶ可愛らしい。

    IMG_4086_20200412162111748.jpg

 少し早かったようだが、開いている花もあった。

DSC00597_20200412162320c23.jpg

 ただしこれまでいろいろなところで見てきた水芭蕉より、小さい。

    DSC00601_20200412162325cb1.jpg

 2/3ほどだろうか。

DSC00598_20200412162322bd1.jpg

 一ヶ所だけだが、ショウジョウバカマもあった。

    DSC00599_2020041216232381c.jpg

 人は他に誰もいなかったので、コロナフリー。

DSC00604_20200412162328c4b.jpg

 今年は水が少ないかも。

    DSC00603_20200412162326e91.jpg

 まだこれからだ。

DSC00605_202004121623306ff.jpg

 車に熊鈴は常備しているのだが、使わなかった。

    IMG_4088_202004121623313f7.jpg

 カタクリの群生地もあるらしかったが、少し上らないとダメみたいだったので、パス。

 帰宅した。

DSC00607_202004121623344dd.jpg

 爽やかな良い天気の日。

DSC00606.jpg

 買いだめはしていないつもりだが、なんとなくどうしても、少しづつ増える食糧を、この昼は消費。

IMG_4089_202004121625572c6.jpg

 また旭川ラーメンだ。

    IMG_4090_202004121625596ae.jpg

 blog的には、美しくないな。
関連記事
テーマ : 仙台  ジャンル : 地域情報

Comments

春ですね
思ったより身近に水芭蕉の見られる場所があるんですね。
河北新報に、カタクリとヒメギフチョウの写真が載っていました。
このあたりなのかもしれませんね。
カタクリの花とヒメギフチョウの関係を知ってから、愛おしく尊く感じて、見ることができたらいいなと思っています。
まんぼうさんへ
水芭蕉は、野草園や東北大の植物園、秋保の天守閣公園、泉のボタニカルガーデンにもあったような気がします。

カタクリは篦岳ですかね。
ありがとうございます
崑岳ですか。
あまりに近場で😅
更に近い牧山にも、カタクリはあるのですが、ヒメギフチョウの話は聞いたことがなくて。
まんぼうさんへ
ワタシもヒメギフチョウのことは、よく知りません。
カタクリの撮影には、ローアングルで撮れるカメラが欲しいですね。
https://blog.goo.ne.jp/hoosha/e/adbe7e0ccdf5d07edd520c476a6cae7c






MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


1234567891011121314151617181920212223242526272829303107 2020