風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: ドライブ

Comment (0)  Trackback (0)

東洋のオランダか?~西海に再会⑥終

 1月26日日曜日は雲仙島原を後にして、諫早方面へ、島原鉄道沿いをぐるり、反時計回りに有明海を眺めながら。

DSC00390_20200131060202ec4.jpg

 この立体交差を曲がる。

DSC00391_20200131060203b4b.jpg

 諫早堤防道路だ。

DSC00393_2020013106020468b.jpg

 いやはや、でかい。

IMG_2485_20200131060208f0b.jpg

 20年前に、あの連続ギロチンで閉めきられた海だ。

 雲仙方面。

DSC00402_2020013106020518a.jpg

 堤防上の道路はほぼ直線で7キロほど。

 諫早方面だ。

DSC00404_202001310602068ad.jpg

 水の色が、海よりも淡水の方が明らかに濁っていた。

 Google Earthでも、こんな風に見える。

諫早湾

 こんな別名もあるようだが、あまり使われていないように感じた。
 
IMG_2493_20200131060210941.jpg

 諫早から今度は、引き続き有明海沿いを北へ、長崎本線沿いの国道207号を走ると、佐賀県に入る。

 若いころから日本中を車で走り回り、24歳までに45、45歳のころに最後の大分を制して47全都道府県を踏破したが、今考えてみると、宿泊したことが無いのが、佐賀だけだと思う。

 諫早から、佐賀県太良町、鹿島市海沿いには、カキ小屋と、カニの看板が並んでいて、東北に似ている。

 来てみたかった場所がここ。

IMG_2496_20200131060213566.jpg

 門前町に、くじら屋まであった。

IMG_2494_20200131060212ac1.jpg

 祐徳稲荷神社だ。

DSC00406m.jpg

 御神楽殿。

DSC00409_20200131061315ca0.jpg

 本殿は、清水の舞台式に、上の方にある。

DSC00413_202001310613168d8.jpg

 総漆塗、極彩色の美しい造り。

IMG_2500_202001310613181f5.jpg

 現在の社殿は昭和32年の再建とのことで、オレより一つ年下だった。

DSC00419_2020013106131731a.jpg

 日本三大稲荷の組み合わせには、諸説あるようだが、4年前に参拝した笠間稲荷の方が、庶民的な雰囲気だった。

     DSC00418_2020013106131754a.jpg

 もう一つの伏見稲荷に行ったのは学生のころだったか。

    IMG_2501_20200131061319b4e.jpg

 蝋梅と梅が咲いている、と思ってシャッターを切ったが、桜だな。

 緋寒桜だろうか。

    IMG_2502_20200131061323240.jpg

 ここで昼メシ。

IMG_2509_20200131061324b34.jpg

 前の昼が粗食だったので、奮発して、うな丼だ。

IMG_2508_20200131061323ed8.jpg

 1,900円。柔やわで美味かった。

 そしてまた、佐賀県内を数10㎞移動し、佐賀市中心部へ。
 JRで通過したことがあるが、初めて来た。

    IMG_2527_2020013106132556b.jpg

 佐賀と言えば、国際バルーンフェスティバル。
 そのバルーンミュージアムがあるというのだ。

    IMG_2510_20200131061805419.jpg

 旅の途中で、RKBだかNBCのラジオを聞いていて、その存在を知ったのだった。

    IMG_2523_2020013106181350d.jpg

 日曜だったので、子連れ家族が沢山。

IMG_2511_20200131061804026.jpg

 確かに子供も楽しめるが、展示パネルの内容は結構難しい、と思う。

    IMG_2520_202001310618114d0.jpg

 施設の場所は、大会が開かれる河川敷に位置するのかと思っていたが、駅前の一等地だった。

IMG_2519_20200131061811608.jpg

 大会は秋の国際大会以外にも、何回かあるようだ。

    IMG_2515_20200131061810752.jpg

 写真展も開催されていた。

IMG_2513_20200131061805465.jpg

 大崎岩出山でも、この程度のパネル展示なら、感覚ミュージアムの片隅で出来るのではないだろうか。

IMG_2514_2020013106180669b.jpg

 佐賀市にもゆっくり泊りがけで来ないとな。

      IMG_2525_20200131061814877.jpg

 佐賀大和ICから長崎道、鳥栖JCTから九州道で福岡まで。



 無事予定時間までに、レンタカーを返却。
 680㎞走って、燃費は24.3km/l。ずっとECOモードで走ったが、スポーツモードも試せばよかった。

 加速もブレーキもなかなか良く、このシリーズハイブリッドシステムは、とても評価出来ると思う。

 福岡空港のチェックインカウンター、こんなセルフ方式のX線検査機は初めて。

IMG_2529_2020013106181648b.jpg

 検査後、右のスリットから、荷物タグが出てきて、自分で装着するのだ。

 保安検査は早めに終わり、前にも来たことがある、ウィングにある居酒屋へ。

IMG_2530.jpg

 角打ちと書いてあるが、普通のテーブル席。

IMG_2535_20200131062253dbb.jpg

 まだ出発までに時間もあり、のんびり時間調整。

IMG_2533_20200131062251d82.jpg

 だがあまり飲んで、オンボードで口開けて寝たりすると、周りの方々にご迷惑をかけるので、生ビール二杯で我慢した。

    IMG_2537_2020013106225449e.jpg

 帰りも満席のボンバルディアで一時間半。

 無事21時に仙台に到着し、駅からの最終バスにも乗ることができた。

 数少ない自分用土産。

   IMG_E2546.jpg

 お守り。

   IMG_2539_20200131062256182.jpg

 持って行ったマスクは結局一度も使わなかったが、うつっていたとしても、まだ潜伏期間中か。
関連記事
テーマ : 九州の旅  ジャンル : 旅行

Comments






MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


1234567891011121314151617181920212223242526272829303107 2020