風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 空の旅

Comment (2)  Trackback (0)

暖かい国へ~西海に再会①

 1月の終盤は、毎年大人の休日倶楽部の乗り放題パス期間で、去年は房総から上州、おととしは伊豆から信州に鉄旅だった。

 今年も23日から四日間で、新潟から秋田青森の旅を計画して、いったん宿まで予約したのだが、このスケールだと、乗り放題パスを買っても、コストパフォーマンスがイマイチ。

 それで全部キャンセル(ごめんなさい)して、空旅に変更だ。

IMG_2250_20200127095921e3c.jpg

 ワタシのサラリーマンライフを振り返ると、木曜日は全国会議が多い日。

 この日も朝10時ごろのフライトに乗るのに、保安検査がなんと45分待ち。

IMG_2245_20200127095920777.jpg

 一応20分前がリミットで、札幌やら大阪に飛ぶ人たちが優先されたので、それも延びた原因だ。

IMG_2247_202001270959215c3.jpg

 何せ仙台空港には、検査レーンが三つしかない。

 冬はコートやブーツまで脱がされるし。

 さらに搭乗機ボンバルディアののタイヤ交換で、少し遅れた。

    IMG_2252_202001270959220e4.jpg

 70人乗りほどの狭い機内は、ほぼ満席。

IMG_2260_2020012709593099e.jpg

 ゲートの受付を四つのグループに分けて、順に通すのは今風だが、そのあとバスに乗るのでほとんど意味がない。

IMG_2259_20200127095928585.jpg IMG_2254_20200127095924cb3.jpg

 機内にはWiFiがあって、スマホでつながるのだが、インターネットには接続されておらず、インナーネットのみ。

 雑誌や旅行パンフレットがそれなりに閲覧できるのだが、ほとんど宮城だぜ。

IMG_2255_202001270959259c8.jpg IMG_2256_20200127095927c87.jpg

 文句ばかり書いているが、正直特に問題はない。こんなものだろう。

 博多に到着。

IMG_2263_20200127095931d33.jpg

 まずはフードコートで昼メシだ。

IMG_2270mo.jpg

 朝のテレビで、うどん特集をやった時に、博多華丸さんが、こいつに限ると力説していた、博多うどんを食してみた。

 肉ごぼう天うどん、800円。

IMG_2266_20200127100320c05.jpg

 めっちゃ柔い。柔らかさは学校給食のソフト麺ほどか、滑らかさはだんちだけど。

IMG_2269_20200127100321048.jpg

 孤独のグルメ風に書けば、これはこれでありだ。

 これを食べて育ったら、吉田や讃岐はうどんじゃないだろう。

 レンタカーを受け取る。
 Note e-powerだ。

IMG_2272_20200127100324fc2.jpg

 発電専用のエンジンを積んでいるが、駆動はモーターのみってやつ。
 最近は、電車でも使われている新世代システム。

IMG_2275_20200127100326aeb.jpg

 これが予想外に面白い。

 車にはエンジンブレーキが重要だと思うのだが、モータードライブ車では、発電機が駆動システムに並列に入っているのかな、アクセルオフすると、それが負荷に変わってスピードが下がるのだ。

 それもオンオフではなく、勾配やアクセルの離し具合で、微妙にコントロール可能。
 まるでエンジンブレーキ、それも強めに効く。

 赤信号で早めにアクセルをオフすると、ブレーキを踏まなくても出前で停まってしまう。

IMG_2276_202001271003279be.jpg

 福岡の都市高速から、糸島。
 佐賀に入って、唐津、伊万里。

 長崎に入り、松浦そして平戸だ。天気も悪くて、結局景色を車窓から眺めただけだったが、平戸口に、こんな教会がある。

DSC00182_20200127100318242.jpg

 隣にはクリスチャンの墓地。

DSC00178_20200127100317d88.jpg

 田平天主堂だ。

DSC00173_2020012710031523f.jpg

 大正時代に建てられたレンガ造りの教会。今月のJAF MATEで紹介されている。

DSC00170_20200127100314616.jpg

 案内所のお母さんが親切に説明してくれたが、関東大震災で多くのレンガ建築が倒壊したことを受けて、この後の時代、昭和の建築は鉄筋コンクリートに変わっていったらしい。

    IMG_2282_202001271013093b0.jpg

 宮城から来たというと、彼女の旦那さんが福島浜通りの、原町火力発電所で被災し、四度の津波を受けたものの無事だった話をしてくれた。

 良く喋る人だった。

     DSC00181_20200127101308921.jpg

 長崎のキリスト教徒を象徴する花が、椿だそうだ。

DSC00172.jpg

 禁教令の前、疎んじられ始めたころに、武士が嫌う椿を、教会の周りに植えたのが始まりとのこと。

DSC00179_20200127101307e5c.jpg

 平戸大橋を渡り市内へ。

 そのまま海辺の宿に入った。

 まずは温泉。

IMG_2289_202001271013134df.jpg

 周りが水槽になっていて、鯛やカンパチが泳いでいる。

IMG_2285_2020012710131129f.jpg

 露天風呂からは、海峡と橋が見える。

IMG_2303_202001271013179a5.jpg

 無色無臭だが、とろみが強いお湯。

IMG_2298_20200127101314673.jpg

 少ししょっぱい。

IMG_2300_20200127101315a2c.jpg

 夕飯は、食堂の隅の個室で。

IMG_2313_20200127101319184.jpg

 刺し盛り。

IMG_2309_2020012710154181c.jpg

 平戸はヒラメの大産地だそうで、ヒラメだけはポン酢で喰う。 ローストビーフ。

 IMG_2319_20200127101545247.jpg  IMG_2307_20200127101538a7d.jpg

 地酒は、飛鶯の300mlを注文した後に、本陣の純米酒KARAKUCHIがグラスで呑めるのを発見し、両方いただく。

IMG_2312_20200127101542a16.jpg IMG_2314m.jpg

 本陣の方が好み。

 地魚海鮮鍋。

IMG_2308_202001271015390d6.jpg IMG_2321_20200127101547cce.jpg 

 栄螺のツボ焼きに、茶碗蒸し。

 IMG_2323_20200127101548c33.jpg  IMG_2326_202001271015502bb.jpg 

 大好きなブリが入っていた。

IMG_2328_20200127103330a6a.jpg IMG_2329_20200127103331a89.jpg

 海鮮釜飯。

IMG_2332_20200127102149b43.jpg IMG_2334_20200127102151abf.jpg

 美味かった。

 平戸大橋が部屋から見える。

DSC00183_20200127102144246.jpg

 ライトアップは地味目だな。

DSC00184_20200127102145ba8.jpg

 また入浴、睡眠、入浴、二度寝。

 バイキング朝メシだ。

IMG_2339_20200127102153bde.jpg

 海峡には、渦潮が見られた。

IMG_2341.jpg

 離島を行き来する渡船も多かった。
関連記事
テーマ : 九州の旅  ジャンル : 旅行

Comments

ノートeパワーでしたか。
ハイブリッドは嫌いだけど、これはアリ、だと思います。
確か、回生ブレーキが効くとストップランプが点くので、後ろを走っていると、ずいぶんとブレーキが多いな、と勘違いしてしまうんですよね。😊
先が楽しみです。
まんぼうさんへ
ハイブリッドを飛ばして、いきなりこれが出てきたら、上手くいかなかったかも。
でも確かにはハイブリッドは、機構的にも複雑です。

これだとエンジンとモーターを分離して配置できるので、デザイン的にも余裕度が増すと言うか、エンジンとバッテリーをユニットにして交換可能なんてのも、不可能ではないですね。






MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


123456789101112131415161718192021222324252627282902 2020