風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: ドライブ

Comment (4)  Trackback (0)

いつもの反対側から

 昨日の続き。
 猪苗代町で昼飯を食べ出発します。

 ガイドブック等によれば、猪苗代には名所はたくさんあるようなんですが、どうもテイストが合いません。
 一度来てみたかったのは此処。

P1030691.jpg

 前に猪苗代湖畔の天鏡閣に行ったあと、いろいろ調べていたら出てきた地名なんですが、天鏡台と言う展望台のはずなんです。

 猪苗代リゾートホテルの裏手の広場です。

 猪苗代湖と対岸の山々が綺麗に見渡せます。
 目を凝らすと真正面、此処だけ平らになった山というか高原の上の無精髭のような建造物。

P1030692ccc.jpg

 知ってる人しかわかりませんが、布引高原のウィンドファームですね。

 平らだと、布を引いたように見えるということなんでしょうか。

 前回行った時のこの写真、これがちょうど向こう側からこっちを見た図になります。

P9040435.jpg

 この絶景をもっと見せようということでしょうか、夏山ゴンドラも運行されているようです。

       P1030694.jpg

 人も殆ど居ない広場に、軽のワンボックスがやって来ました。
 荷台から降りてきたのはなんと山羊。

P1030698m.jpg

 ペットだそうです。anegoが近づいていくと、一定の距離を保ちつつ離れていきます。

P1030696c.jpg

 エサ代がバカにならないので、此処の草を食わせているそうです。大変だな。結構太ってるし。

 さて西側から入ってきた道をもう少し東へ進んだら、綺麗な芝生と整備された公園に辿りつきました。

P1030701.jpg

 湖も鏡のように綺麗だし、振り返ると磐梯山も間近に見えます。

P1030699.jpg

 どうも此処が本物の天鏡台。ほとんど標識がなかったので判りにくかったのですが、今は昭和の森という名前で呼ばれているようなんです。

 天守台と青葉城みたいな感じでしょうか。
 さすがに先ほどの、山羊を連れた家族しかいなかった広場とは違い、数十人ぐらいは観光客が来ていましたし、広い駐車場もあります。

 360度パノラマビューの表示盤にはなんと富士山まで表示されています。

P1030703.jpg

 探してる人もいます。

            P1030702.jpg

 とあるサイトからの引用。

 富士山可視マップの権威、田代博さんによると、富士山が最も遠くから見える場所は、和歌山県にある那智山の妙法山(標高749メートル)で、富士山との直線距離は322キロになる。2番目は福島県の阿武隈山地にある日山(標高1057メートル)の299キロ。3番目は八丈島の八丈富士(標高854メートル)で265キロ離れている。

 別班と五色沼で待ち合わせだったのですが、残り時間が微妙で、他に行くところもないし、早めに裏磐梯へ向かおうかと思ったら、すぐ近場、森の中ににキーコーヒーの看板を発見。

P1030716.jpg

 カフェのようですが、注文の多い料理店を思い起こさせるような、変わった入り口。営業しているのでしょうか。でも車は何台も停まっています。

P1030715.jpg

 癒しの窓。古めかしい名前に、窓のないドア。
 一人だったら絶対に入りません。

 でもこれを恐る恐る開け、靴を脱いでフロアに上がると、店名の由来が判るんです。

P1030704.jpg

 窓が小さい北側と反対に南側は、ぐるり広窓。周りの森は、ナラや白樺だったかな。

P1030710m.jpg

 席はすべてソファで、なぜかBGMはハワイアン。
 癒される空間です。

 窓の外にはウッドデッキもあり、そちらのウッドベンチでも、コーヒーを楽しめるようでした。

P1030714.jpg

 そして水が美味しいんです。磐梯山の伏流水でしょうか、ちょっとヌメッとする井戸水。化粧水の代わりにも使えるとか。汲んで帰る人も多いようです。

       P1030705.jpg

 その水で淹れた珈琲。

P1030707.jpg

 桧枝岐の水ゼリーというのが付いてきます。これだけは此処の水ではなく桧枝岐の水を使っているわけです。ほのかに甘いんですが、砂糖類は使用していないとか。

 時間調整で、うだうだしていたら、デミタスカップでもう一杯ずつ珈琲をサービスしてくれました。

P1030709.jpg

 ノリタケのコーヒーカップだそうです。

 カレーやパスタ等、食事も出来ます。

P1030711.jpg

 真冬までは営業していないのかもしれませんが、まったり出来る場所なのは間違いありません。
 ただしここからは磐梯山も、猪苗代湖も、森の木に遮られて見ることは出来ませんでした。
関連記事
テーマ : ツーリング  ジャンル : 車・バイク

Comments

おはようございます
改めまして=その節はお世話様でした

昨日の記事から今度磐梯方面行ったら『ふじ田』とココの『喫茶店』がコースに入りました

山羊...欲しかったなぁ..違うか=見たかったな~(^_^;)いやホントに欲しいんです。

風写さんとanego姉さんの記事、今回記事は特に参加者がとてもワクワク楽しみにしてると思います
応援しながら楽しませていただきまぁす=頑張ってくださぁいって...
まさに朝メシ前ですよね(笑)
山羊だけに・・・
めずらしいですね、今どき、山羊を飼ってるって・・・
復興間もない、東京・高田馬場。母方の知り合いを訪れたら、
実用のため、山羊と鶏を飼っていました。
乳と卵と鶏肉、ですね。
目の前で、しめられた鶏の鍋、さすがに食べられませんでした。
60年近く前の話です。

のどかに草を食む山羊、お味は? しらけ鳥が飛んでいきました!
なおさんへ
今回は本当にお世話様でした。

最初から最後まで一番長く旅したのは私なので、頑張ります。
一番長く飲んでたのは私じゃないけどね。
んめーーーぇ
kazuさんへ

私が子供の頃ですから、1960年代、宇都宮の父の実家の縁の下にも雌鶏が何羽か居ました。卵用。

その鶏を食べた記憶はありません。






MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


1234567891011121314151617181920212223242526272829303110 2019