風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: ドライブ

Comment (4)  Trackback (0)

次はオレの番か?

 今月5日は、珍しく弟とドライブ。

IMG_0349_20191111162951c0e.jpg

 東北道をひたすら南へ。

 休憩するたびに運転交代だ。

 久喜白岡JCTから初めて圏央道へ。

 富士山が見えてきた。

o0640048014632577284.jpg

 ずっと4車線だが、結構混んでいた。

IMG_0351_20191111162952b43.jpg

 八王子の西側、サマーランドの近くを通っていく。

IMG_0352_2019111116295340d.jpg

 中央道とのJCT手前、八王子西インターを降りる。
 あきる野で降りた方が、昼メシ処多かったかも。

 結局仙台から、4時間半かかった。

IMG_0353mo.jpg

 和風ファミレス、タッチパネルで注文する。

 お昼のさと和膳、988円。

IMG_0355_20191111162956907.jpg

 普通だ。

 その後両親が眠る、白石片倉家ゆかりの、長福寺萩霊園へ。

       IMG_0357_20191111163000aaa.jpg

 墓仕舞いだ。
 30年近く前に母が亡くなり、父が場所を探して建てた墓。

 15年ほど前に父も同居したが、せいぜい年に一度くらいしか墓参りに行けなかった。
 両親が共に暮らしたのはずっと東京だったし、母はおそらく仙台には来たこともなかったはず。

 多摩地区には、父の兄弟や母の縁者も住んでいたので、ずっとこのままかと思ったこともあったのだが、その人々も、亡くなったり、外出もままならなくなったり。

       IMG_0356_201911111629586aa.jpg

 次に入るのはたぶんワタシだし、弟も仙台に住んでいるので、両親にも移ってもらうことに決めたのだ。

    IMG_0360_201911111630013dd.jpg

 骨壺をCX-3のバックシートに積んで、とんぼ返り。
 考えてみると、前回八王子までドライブしたのは、父のお骨を納めた時、あの時はレガシーのランカスター6だったかな。

 帰りも八王子西インターから圏央道に入ろうと思ったら、本線までのアプローチが崖崩れで通行止め、台風19号の影響が、こんな所にも。

 そのため、あきる野インターまで回った。

IMG_0361_20191111163002216.jpg

 初めて車を買ってもらった頃、そのカローラ30で両親の実家がある宇都宮にはよく通ったが、高速代をなるべくセーブするため、久喜から鹿沼だけ東北道を使ったものだ。

IMG_0363_201911111630048c5.jpg

 できればその宇都宮にある、先祖代々の墓にも寄りたかったのだが、時間も厳しく、近くのサービスエリアまで。

    IMG_0365_20191111163103c62.jpg

 無事仙台に連れてきた。往復780㎞だ。

 これまではお盆に帰って貰いたくても、二人とも今の家を知らないので、父は我が家に、母は弟の家にいったん安置。
 これで二人連れだって、来てくれるかも。
 
P1030634.jpg

 一日置いて、7日に仙台の霊園へ。

IMG_0392_20191111163218f02.jpg

 ここに入ってもらった。

 夏に来たときは、芝生が青々としていたが、やはりこの時期は若干みすぼらしい、落ち葉も多いし。

IMG_0391_20191111163216de7.jpg

 あっという間に、納骨。

IMG_0389mo.jpg

 泉ヶ岳が少し見えた。

    IMG_0390mo.jpg

 春になったら、桜が咲くからね。

IMG_3779_20190510083807168.jpg

 上は令和最初の日。2019.5.1。
関連記事
テーマ : 老活・終活  ジャンル : ライフ

Comments

カローラ30!
ワタシが最初に運転したのも30でしたっ!(笑)
3か月くらい乗って、71レビン(ドラ息子だなぁ)に乗り換えました。
あの頃は、東北道が、岩槻までで、名古屋・京都に行くのに、東京を抜けるのが大変だった、田舎っぺです。

ご無沙汰です!
とうとうお墓を移しましたね。
小林君が仙台に骨をうずめるとは、当初思いませんでした。
近くに墓が有るという事はとても良いことで、我が家も田舎から移してくれていたのですごく助かっています。
お疲れさまでした・・・
星 肇さんへ
八王子の墓は、丘の上なんで徒歩で登るの大変なんです。
定年退職後、最大のミッションが終わった感じです。

ところで、ここでは風写でお願いします。
まんぼうさんへ
そう、カローラ30の1400クーペSLです。
そのまま弟に引き継いで、ワタシはドイツへ。次の車はVWパサート1300でした。https://blog.goo.ne.jp/hoosha/e/cc1230c40a559d00cd3068efeba073c3






MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


1234567891011121314151617181920212223242526272829303112 2019