風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: ドライブ

Comment (2)  Trackback (0)

あのアトリエに ~晩秋の十勝3

 帯広で朝食後に向かったのは、愛国駅の近くにある、真鍋庭園。

IMG_0095_20191104165555f68.jpg

 造園会社のショールームが発展した公園らしいが、入場は有料だ。

    IMG_0097_20191104165556cfc.jpg

 ただ、無料ゾーンに山田天陽のアトリエが移設されているのだ。内部の撮影はスタジオだったと思われるので、側と内部双方を移したのかな。

IMG_0099_20191104165556662.jpg

 中には入れない。

 彼の遺作に、麦わら帽子、そして自作のノルディックスキー。

    IMG_0102_20191104165557f4a.jpg

 自画像もあった。

IMG_0105_20191104165559744.jpg

 家族と住んだ家もある。

IMG_0108_20191104165600598.jpg

 小さいな。

    IMG_0109t.jpg

 雪が降って来てから見に来るのも良いかもしれない。

IMG_0111_20191104165604d7d.jpg

 こちらも無料で入れてくれた。

IMG_0118_20191104165607780.jpg

 カフェの中に、絵が沢山。

IMG_0116_20191104165605301.jpg

 ドラマの中に登場したものだろう。

IMG_0115_20191104165912623.jpg

 遺作の完成前、天陽が病院を抜け出してきた夜の状態の絵もあった。

    IMG_0114_201911041659105d8.jpg

 アトリエには完成品もあったので、両方残っているわけだ。

IMG_0104_20191104165906adc.jpg

 みんなベニヤ板なのかな。

IMG_0117_20191104165913f24.jpg

 舞台の背景画もあった。

IMG_0112_2019110416590916f.jpg

 その後は、帯広空港へ。

IMG_0121_20191104165915bbb.jpg

 友人の職場である、航空大学校だ。

IMG_0127_20191104165916f3c.jpg

 最近ニュースになっている、パイロット不足に対応して、定員も飛行機材も増量中。

IMG_0128_201911041659181fa.jpg

 優秀な若者に、集まって欲しいものだ。

IMG_0132_20191104165919be8.jpg

 航空大学校と言えば、仙台にも学び舎があり、実は震災発生直後、ヘリポートに居た部下が、津波を避けて校舎にお世話になったことがあったのだ。

 帯広から田園の中を永遠に延びた道で、東へ。
 豊頃に入って、広い河川敷がある土手。

IMG_0138_201911061613574f5.jpg

 河川敷にこんな木がある。

IMG_0133_201911061613543af.jpg

 ハルニレの木だそうだ。

IMG_0135_20191106161354a64.jpg

 雪景色や朝焼け夕焼けの時に来てみないと。

 海辺ではこんな現象も見られる町なのだ。

IMG_0137_20191106161355842.jpg

 凄いな。

 さらに東へ走り、浦幌へ、

IMG_0139_20191106161359597.jpg

 ここで昼メシだ。

IMG_0140mo.jpg

 正平さんも来ていた。

IMG_0148_20191104170139108.jpg

 冷たい山菜そば。

IMG_0144_201911041701365f6.jpg

 蕎麦にはクロレラが練り込んであるそうで、変わっているものの、特別美味くはなかった。

    IMG_0146_20191104170138dc1.jpg

 北の方へ曲がると、途中足寄を抜ける。

IMG_0149_20191104170141426.jpg

 十勝から釧路支庁に入って、オンネトーへ。途中で牡鹿が道路を横切った。

IMG_0154_20191104170144678.jpg

 山の紅葉はもう終わっていた。

IMG_0152_201911041701425da.jpg

 雌阿寒岳と、阿寒富士。

IMG_0157_20191104170145c17.jpg

 夕方になり、奥屈斜路津別温泉へ。

IMG_0158_2019110417014777a.jpg

 ランプの宿 森つべつ。

IMG_0159_20191104170148c87.jpg

 おぼろ三日月が沈んでいく。

PTXX5081.jpg

 まずは温泉だ。

IMG_0161_20191104170234469.jpg

 ちょっとぬるっとする、無色透明。

IMG_0160_20191104170232786.jpg

 露天風呂も綺麗だ。

IMG_0162_2019110417023520a.jpg

 しかも空いていた。

    IMG_0165_20191104170237436.jpg

 夕食は食堂で、和洋折衷。

IMG_0169_2019110417023830c.jpg

 前菜盛り合わせ (帆立のマリネ 木綿豆腐ポン酢ジュレ パプリカ甘酢漬け サーモン山芋刻みわさび) ローストビーフの握り寿司。

 塩鱈のクリケット 網走産クリーンポークのソテー チーズ梅肉 赤魚の焼き物 ビーフシチュー。 

IMG_0173_2019110417024010f.jpg

 ごま風味豆乳鍋 浅蜊御飯 吸物 胡瓜佃煮。

IMG_0174_20191104170241ec4.jpg

 ガトーショコラ バナナジャム。

IMG_0175_20191104170243a9b.jpg
関連記事
テーマ : 北海道旅行  ジャンル : 旅行

Comments

天陽くん
アトリエに行ってみたいなぁ。
ワタシは、天陽くんロス、です。😅
まんぼうさんへ
アトリエ、ぜひ行ってみてください。
今度の大人の休日倶楽部パスかな。
平日朝、ほかに誰も来てませんでした。






MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


1234567891011121314151617181920212223242526272829303112 2019