風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 温泉三昧

Comment (0)  Trackback (0)

とろっとろ

 10日はとにかく天気が良くて気持ち良いので、栗駒山から小安峡経由でいったん雄勝に抜け、仙秋ラインをかっ飛ばして宮城に戻るという、無駄な走りルートで鳴子温泉へ。

 便利だったウジエスーパーが解体中。

IMG_E9561.jpg

 晴れの特異日はもう終わりかけていた。

    IMG_9563_201910130829461a6.jpg

 いつもの硫黄泉、東多賀の湯だ。

IMG_9461_2019101308294358f.jpg

 白濁でとろっとろ。

IMG_9462_20191013082943333.jpg IMG_9464_2019101308294588f.jpg

 部屋でのんびり休んで、18時に夕メシ。

IMG_E9569.jpg

 ここで日本酒は、どぶろくか中山平が定番だ。

IMG_9568_201910130829472d8.jpg IMG_9570_20191013082949e8e.jpg

 札幌から来て一人で鉄旅してるお父さんが、クジラは食べないという事で、分けてくれた。
 
IMG_9571_20191013082950d2f.jpg IMG_9572.jpg

 代わりに中山平を少し分けたげる。

 肴の種類と量は十分。
IMG_9573_201910130832577f3.jpg IMG_9574_2019101308325958c.jpg

 酒は300mlだけでは足らなかったので、あと一合だけお願いしたら、地元の酒じゃないんだけど、貰い物が余ってるからこれ呑んでと、女将さんが持ってきたのが、なんと獺祭の純米大吟醸三割九分。

 有難くデカいグラスに手酌でなみなみと、これで400円。とろっとろで激旨。

IMG_9575.jpg IMG_9576_201910130833021e2.jpg

 お客さんが持ってきたらしいが、島耕作の方は空だった。

IMG_E9577_20191013083305022.jpg

 少し休んで、寝る前にまた温泉。

IMG_9473_20191013083256c6a.jpg

 昔より硫黄臭が弱めかなぁ。

IMG_9468.jpg IMG_9471_2019101308325525f.jpg

 ぐっすり寝て明け方にまた。

    IMG_9466_20191013083252cad.jpg

 朝ドラの前に朝メシ。

IMG_9579_20191013083303503.jpg

 部屋に戻って、スカーレットを見て、また温泉。

    IMG_9477_20191013083700dac.jpg

 毎回iPhoneを持って入ると壊れそうなので、画像は朝一撮影のもの。

    IMG_9476_20191013083659b00.jpg

 いい湯だ。

    IMG_9467_20191013083658bce.jpg

 9時半ごろチェックアウトして、岩出山の感覚ミュージアムへ。

IMG_9582_20191013083704c35.jpg

 バルーンフェスの度に、すぐ前まで来ているのだが、入館するのは初めて。

    IMG_9581_201910130837038e9.jpg

 親切なおばさんが、丁寧に案内してくれる。

IMG_9580_20191013083701cd3.jpg

 ただ、上のロビー以外、館内の撮影は禁止。
 インスタ映え時代に逆行している。

 SNS向きの面白い展示はたくさんあるのに。

 ウォーターガーデンが、リラックス出来てよかった。

IMG_9583_20191013083706851.jpg

 ここが毎回バルーンフェスを眺める、江合川の土手と河川敷。

IMG_9584_20191013083707a35.jpg

 もう少し現代アート美術館寄りにシフトしてほしいな。

    IMG_9585_20191013083709e9f.jpg

 昼メシにはちょっと早かったが、友人に教わった、大和の讃岐うどん店を初訪問。

IMG_9586_20191013083710c69.jpg

 以前は別の場所にあったらしい、むら泉。

IMG_9590_2019101308380741d.jpg

 結構メニュー豊富だ。

    IMG_9587_20191013083805a6d.jpg

 空いていたからか、あっという間に出てきた、釜あげうどん550円+天玉150円。

IMG_9591_20191013083809f26.jpg

 本場同様、うどんも汁もあっつあつで、かなりしょっぱい。

 天玉というのは、半熟卵の天ぷら。高松の名店、竹清が発祥だ。

IMG_9595_2019101308381280d.jpg

 かけうどんと組み合わせるべきだったな。

IMG_9589_2019101308380640b.jpg

 自家製麺を謳っているが、手打ちとは書いてない。

    IMG_9594_201910130838102bf.jpg

 讃岐の名店で、釜あげを注文すると、最初は結構固めで出てくるが、熱いのでだんだん柔くなっていく。
 ここのは初めから柔らかめで、コシが弱かった。

 次回は冷たく締めたうどんを行ってみよう。

IMG_E9598.jpg

 裏道を通って帰ろうとしたら、吉岡町内に変わった洋館を発見。

IMG_E9596.jpg

 古い武道館らしい。

 隣にはこれも変わった朱塗りの門。

IMG_E9600.jpg

 吉岡も一度ゆっくり歩いてみないとなぁ。

 七ツ森が見えるスーパーで買い物をして、早めに帰宅。

IMG_E9601.jpg

 体がずっと硫黄臭い。

関連記事
テーマ : 温泉宿  ジャンル : 旅行

Comments






MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


12345678910111213141516171819202122232425262728293011 2019