風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 博物芸術

Comment (0)  Trackback (0)

四国をぐるり9~鞆の浦

 朝一で福山城を見学した後、福山駅南口から鞆鉄バスに乗る。

IMG_8658_20190923043319014.jpg

 鉄の名前は入っているが、もう鉄道はないようだ。

 小一時間で、鞆の浦。

IMG_8684_201909230433205fa.jpg
 沖に浮かぶ弁天島と仙酔島だ。

PTXX4879.jpg

 これはダイサギ?

PTXX4846.jpg PTXX4847.jpg

 猫もいた。

PTXX4848.jpg

 良い天気だ。

PTXX4878.jpg

 知らなかったのだが、海援隊のいろは丸が、紀州藩の明光丸と衝突し、沈没したのがこの沖。

    IMG_8661_201909230433190dd.jpg

 渡船に乗った。

PTXX4851.jpg

 三連休初日だったせいか、やや客は多い。

PTXX4852.jpg

 往復240円、片道5分で仙酔島に着く。

PTXX4854.jpg

 残念ながら平成いろは丸ではなく、第二べんてん丸だった。
 無人島だが宿泊施設がある。

PTXX4857.jpg

 鞆の街が見える展望台へ。

IMG_8664_201909230435258d2.jpg

 山紫水明。

PTXX4859.jpg

 砂浜もある。

PTXX4860.jpg

 遠浅だ。

PTXX4862.jpg

 泳いでいる人もいた。

PTXX4863.jpg

 そんな陽気だ。

PTXX4864.jpg

 たっぷり歩ける周遊コースもあるのだが、早目に戻ることに。

PTXX4868.jpg

 あらためて弁天島。

PTXX4873.jpg

 釣り船がいた。

PTXX4876.jpg

 お、来てるぞ。鯛かな。

PTXX4877.jpg

 猫ちゃん募金。

    IMG_8666_201909230437015f7.jpg

 お、こんなクルーズがあるのなら、尾道に泊った方が良かったかも。

IMG_8667_2019092304370298a.jpg

 ガス天ぷらって、何だろう。

IMG_8668_2019092304370451b.jpg

 1791年、寛政3年完成の波止。

PTXX4881.jpg

 あ、あれがあれだな。

IMG_8685_2019092304370549c.jpg

 鞆の浦らしい風景。

PTXX4883.jpg

 鞆のシンボル、常夜灯だ。

     PTXX4886.jpg

 昼間に来ちゃ、ダメか。

     PTXX4889.jpg

 風情のある土産物店。

PTXX4890.jpg

 限定新酒の文字を発見した。

    IMG_8670_20190923044111724.jpg

 外よりは涼しそうなので、入ってみる。

    IMG_8671_2019092304411206a.jpg

 保命酒。なかなかうまく変換できないが、一度飲まされたことがあったかもしれない。

    IMG_8672_20190923044113edb.jpg

 おかぁさんが丁寧に説明してくれたが、いわゆる薬用酒。養命酒の親戚だ。

    IMG_8673_20190923044115761.jpg

 二種類試飲。

    IMG_8674_201909230441165d0.jpg

 悪くない。

 昼メシはここに入れた。

    IMG_8683_2019092304412172e.jpg

 ずっと鯛めしが食べたかったのだ。
 デラックスセット1650円。

IMG_8680_20190923044118ff6.jpg

 ビールも呑みたかったのだが、生がないのであきらめた。

IMG_8682_20190923044119ac7.jpg

 茶碗三杯食べられて、満足満足。

    IMG_8687_20190923044242aea.jpg

 あとはブラ風写。ウィキから引用する。

    IMG_8688_201909230442430f5.jpg

 鞆の浦(とものうら)は、広島県福山市鞆地区の沼隈半島南端にある港湾およびその周辺海域。

IMG_8689_20190923044245e2a.jpg

 本来「鞆の浦」とは「鞆にある入り江」という意味であり鞆港を中心とした海域のことである。

IMG_8692_201909230442466a2.jpg

 鞆の浦周辺は、1925年に国の名勝「鞆公園」に指定された。
 また、1934年3月16日に国立公園として初の、瀬戸内海国立公園に指定された。
 そのため、国立公園指定当時の記念切手や絵葉書には、鞆の風景が描かれているものがある。


IMG_8695_2019092304424829e.jpg

 瀬戸内海の海流は満潮時に豊後水道や紀伊水道から瀬戸内海に流れ込み瀬戸内海のほぼ中央に位置する鞆の浦沖でぶつかり、逆に干潮時には鞆の浦沖を境にして東西に分かれて流れ出してゆく。つまり鞆の浦を境にして潮の流れが逆転する。

IMG_8696_20190923044249533.jpg

 「地乗り」と呼ばれる陸地を目印とした沿岸航海が主流の時代に、沼隈半島沖の瀬戸内海を横断するには鞆の浦で潮流が変わるのを待たなければならなかった。

IMG_8697_20190923044251f44.jpg

 このような地理的条件から大伴旅人などによる万葉集に詠まれるように、古代より潮待ちの港として知られていた。
 また、鞆は魏志倭人伝に書かれる「投馬国」の推定地の一つともなっている。


    IMG_8698_20190923044252925.jpg

 鞆の浦の港町である鞆には古い町並みが残り、1992年には都市景観100選に、2007年には美しい日本の歴史的風土100選にも選ばれた。

IMG_8700_20190923044255255.jpg

 また、1927年に日本二十五勝の海岸景勝地として、「鞆の浦・屋島・若狭高浜」が選ばれた。江戸時代の港湾施設である「常夜燈」、「雁木」、「波止場」、「焚場」、「船番所」が全て揃って残っているのは全国でも鞆港のみである。

    IMG_8699_20190923044254b01.jpg

 江戸時代中期と後期の町絵図に描かれた街路もほぼすべて現存し、当時の町絵図が現代の地図としても通用する。そのような町は港町に限らず、全国でも鞆の浦以外には例がない。

    IMG_8669_2019092304445700e.jpg

 2008年公開された『崖の上のポニョ』で、宮崎駿監督が構想を練った地として有名になり、映画・テレビドラマ等、映像作品のロケが増えている。

    IMG_8701_201909230444585c7.jpg

 2017年11月には「福山市鞆町伝統的建造物群保存地区」の名称で8.6ヘクタールの区域が重要伝統的建造物群保存地区として選定された。 かなり最近だったんだ。

    IMG_8702_20190923044459b85.jpg

 保命酒の蔵。

    IMG_8703_20190923044501e71.jpg

 また、保命酒。

IMG_8704_20190923044502a05.jpg

 見ていないが、流星ワゴンにも登場したらしい。

IMG_8705_201909230445035d3.jpg

 またバスで30分、福山駅に戻った。

 最初はマッサンの竹原に行ってみようかと思っていたのだが、福山で思いのほか時間を使ってしまい、ちょっと無理そう。
 そして、とにかく暑くて、もうあまり外を歩きたくない、という事で山陽線で倉敷へ。

IMG_8707_201909230445055c4.jpg

 写っていないけど、すごい人だ。

    IMG_8718_20190923044510ced.jpg

 鞆の浦とは、桁が違う。

IMG_8720_20190923044508a6b.jpg

 でも暑い。

IMG_8716_201909230445075c5.jpg

 避暑も兼ねて、ひょっとしたら初めてだったかもしれない、大原美術館へ。

    IMG_8711_201909230446136d3.jpg

 名画を楽しんだ。

IMG_8710.jpg

 館内は撮影不可。

IMG_8709_20190923044610e26.jpg

 ちょうど良い時間調整になった。

    IMG_8721_20190923044614701.jpg

 2年前に倉敷に来た時のレポートは、こちらそちら

 倉敷から岡山経由、また新幹線に乗る。

IMG_8722_20190923044616ab1.jpg

 のぞみは混みそうなので、こだまの自由席。

IMG_8723.jpg

 淡路島のウィンドファーム。

PTXX4896.jpg

 明石海峡大橋。

PTXX4897.jpg

 景色を楽しんでいたら、待ち合わせばかりでずいぶん時間がかかり、新大阪からのリムジンバスは渋滞に嵌るし、伊丹からの仙台便に危うく乗り遅れるところだった。

 仙台空港から、またアクセス鉄道と市営地下鉄で帰宅。
関連記事
テーマ : 日本の路地裏  ジャンル : 旅行

Comments






MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


12345678910111213141516171819202122232425262728293011 2019