風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 美味いもん

Comment (2)  Trackback (0)

四国をぐるり3~第2ラウンド

 11日。高松で迎える朝だ。

PTXX4793.jpg

 前日の腹ごなしと言うか、当日のための準備と言うか、朝散歩に出かけた。

       IMG_8288_20190916152500fab.jpg
 早朝の時点で、すでに熱い。

IMG_8315_20190916152512774.jpg

 最初は高松城まで歩こうかと思っていたのだが、結構遠い。

IMG_8314_201909161525106ae.jpg

 それで、栗林公園をチェックしていたら、なんと朝5時から開いているというのだ。

IMG_8289_2019091615250186d.jpg

 入場料は410円と、安くはない。

IMG_8291_201909161525025f4.jpg

 広い公園だった。

IMG_8292.jpg

 学生時代に来た時に、入ったのかなぁ。

IMG_8297_20190916152507af5.jpg

 池に近寄ると、たくさんの亀が餌を求めて集まってくる。

IMG_8294_20190916152506741.jpg

 怖いな。

IMG_8302_20190916152508758.jpg

 北門から入ったのだが、南の方が良く整備されたエリアだったようだ。

IMG_8307_2019091615274669f.jpg

 これは入場料が必要だな。

IMG_8310_20190916152747d5e.jpg

 ウォーキングする人の方が、観光客より多かった。

IMG_8312_20190916152748c30.jpg

 猫はいない。

 ちょうどいつものウォーキングと同程度、50分ほど歩いて宿に戻る。

 朝の屋上露天風呂だ。

IMG_8318_20190916152749280.jpg IMG_8320_20190916152751d17.jpg

 BSが入らないホテルだったので、地上波でなつぞらを見る。

 朝メシ付きの予約だったのに、喰わずに出発だ。

 讃岐うどん店ガイド2019は、師匠が前日に本屋で購入した。

    IMG_8321_20190916152752abc.jpg

 今回の旅も、基本は師匠が行ったことがない店を訪問するのが目的。

 しっかりマーキングも終わっていた。350店は制覇しているらしい。

IMG_8322.jpg

 まずは宿から車で5分、新店の、とにかく とに麺。

IMG_8323.jpg

 朝なので、すいている。

IMG_8329_20190916152857def.jpg

 美味そうなメニューはたくさんあるが、何軒も回ることを考えると、シンプルなうどんしか注文できない。

IMG_8325_20190916152757d15.jpg

 かけうどん小、230円。

IMG_8326.jpg

 セルフ薬味に、ワカメがあるのは珍しい。

IMG_8327_201909161528549f9.jpg

 太くて柔らかめ。

    IMG_8328_20190916152855fed.jpg

 朝はコーヒーが無料だった。230円のかけうどんだけでは申し訳ないが、一杯いただき。

    IMG_8330_201909161528580fb.jpg

 続いて車でまた7-8分ほど、おうどん瀬戸晴れだ。

    IMG_8332_201909161529001ee.jpg

 またちょっとお洒落なネーミング。

IMG_8333.jpg

 セルフではない、一般店。
 ぶっかけ冷小420円

IMG_8335_20190916152903e20.jpg

 柔らかめだが弾力のある、つるつるのうどんで讃岐っぽくないかも。美味しい。

    IMG_8336_20190916152904a02.jpg

 続いて車で20分ほど、10時開店のお店へ。

IMG_8337_20190916152906343.jpg

 超有名店なかむらの関連店、なかむらうどん屋だが、この日は開店30分押し。

    IMG_8338_2019091615290789e.jpg

 待った。

IMG_8340_20190916153044077.jpg

 シンプルかつ伝統的な店の雰囲気。

IMG_8341_201909161530453a5.jpg

 釜玉うどん小、280円。

IMG_8342_20190916153047487.jpg

 出汁醤油と薬味をかけて、まぜまぜして食す。

IMG_8344.jpg

 手打ちのぷるぷるで、好みのうどんだ。

 続いて目指したのは、琴平の大庄屋製麺。おうしょうやと読む。

IMG_8345_2019091615305027c.jpg

 様々なメディアでも紹介されている、一日に10分しか開かないうどん店、ゆう玄だったが、臨時休業。

IMG_8346_201909161530510a5.jpg

 昼休みに工場長が、サービスで提供しているとのことなので、彼が夏休みなのかもしれない。

IMG_8351mo.jpg

 残念、半生麺100円と、カレーだれ100円を二つずつ購入。

 次に向かったのは、まんのう町のさぬきうどん郷 こんぴらや。

IMG_8354_20190916153054f7e.jpg

 しかし定休日だ。

IMG_8353_2019091615305350a.jpg

 大丈夫、まだまだ未訪店はたくさんある。

IMG_8355_20190916153056ad9.jpg

 丸亀に移動して、あかみちだ。

    IMG_8356_20190916153057535.jpg

 またまたお洒落な佇まいのお店、夜は居酒屋営業するらしい。

IMG_8357_20190916153156879.jpg

 ここもセルフではない一般店。
 利き出汁うどん冷小480円。出汁は上から、ざる用、ぶっかけ用、かけ用。
 
IMG_8360_20190916153157359.jpg

 上品で美味。

       IMG_8361_201909161531599f4.jpg

 四杯でもう限界だ。
 ステッカーをもらってきた。

IMG_8866_201909200525337d1.jpg

 師匠の解説はこちらで。
関連記事
テーマ : うどん  ジャンル : グルメ

Comments

マンホール
屋島の戦いなんですね!
うどんは、各店見た目にも個性があって、美味しそうです。
でも、2杯でお腹いっぱいになりそうです。😅
まんぼうさんへ
そうです、那須与一、扇の的です。
源平合戦は、昔から観光資源なんですね。

うどんは自分が飽きないように、手を変え品を変え注文してます。
なので、味比べにはなりません。

私は食べる時刻をバラした方が良いかもと思うのですが、師匠はどちらかというと勢いで食べよう派なんです。確かにその方が観光に時間を当てやすいと思います。






MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


1234567891011121314151617181920212223242526272829303110 2019