風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 神社仏閣教会

Comment (0)  Trackback (0)

大人の西遊記その16 ~桜田家族?

 バルセロナのビヤホールで夕飯を終え、少し街を彷徨った先にあるのは、もちろん。

     PTXX3697.jpg

 これまた世界遺産の、サグラダファミリア教会だ。

     PTXX3698.jpg

 パリのノートルダム大聖堂や、ケルンのドームと並んで、世界でもっとも有名な教会のひとつだろう。

     PTXX3695.jpg

 29年前に来た時と、いちばん大きな違いはこの周辺の彫刻群だ。

PTXX3699.jpg

 様々な絵画で見たことがある聖書の場面だな。

PTXX3706.jpg

 あらためて教会だったことを思い知らされる。

     PTXX3703.jpg

 このクレーンもいつの日かなくなるのだろう。

PTXX3705.jpg

 29年前の図。

バルセロナ 21

 宿に戻って、洗濯の後始末。

 交代で入浴、三ヶ所に別れてぐっすり睡眠。

 欧州7日目、先月26日の早朝はまた散歩だ。

PTXX3752.jpg

 路駐の車は無事だった。

PTXX3748.jpg

 また1990年の画像。

バルセロナ 20

 そしてその29年後の朝。

     PTXX3712.jpg

 爽やかな朝だった。

PTXX3713.jpg

 遠目にも特異な建築だが、アップで切り抜いても、普通の教会とは全く違う。

     PTXX3716.jpg

 またウィキから引用。
 サグラダ・ファミリアは、カタロニア・モダニズム建築の最も良く知られた作品例であり、カタロニアの建築家アントニ・ガウディの未完作品である。

PTXX3717.jpg

 バルセロナ市のシンボルであるこの建物は、綿密に構成された象徴詩的なシンボロジーと共に、パラボリックな(放物線状の)構造のアーチや、鐘楼に据えられた自然主義と抽象主義の混在する彫刻などで、大胆な建築様式を誇っている
 
PTXX3720.jpg

 生前のガウディが実現できたのは地下聖堂と生誕のファサードなど、全体の4分の1未満であるが、これらは2005年に「アントニオ・ガウディの作品群」を構成する物件としてユネスコの世界文化遺産に登録された。

PTXX3721.jpg

 9代目設計責任者のジョルディ・ファウリは、ガウディの没後100年にあたる2026年に完成予定と発表している。
 彫刻家の外尾悦郎が1978年から従事している。

     PTXX3723.jpg

 サグラダ・ファミリアは、民間カトリック団体「サン・ホセ教会」が贖罪教会(信者の喜捨により建設する教会)として計画し、初代建築家フランシスコ・ビリャールが無償で設計を引き受けた。1882年3月19日に着工したが、意見の対立から翌年にビリャールは辞任。

     PTXX3724.jpg

 これは1990年当時、工事は進んでいるが、約30年でこれだけだとすると、まだ先は長そうだ。

     バルセロナ 16

 その後を引き継いで2代目建築家に就任したのが、当時は無名であったアントニ・ガウディである。ガウディは設計を変更したものの既存の計画の踏襲はされた。

     PTXX3726.jpg

 1926年に亡くなるまでライフワークとしてサグラダ・ファミリアの設計・建築に取り組んだ。

     PTXX3733.jpg

 ガウディは、模型と、紐と錘を用いた実験道具を主に使ってサグラダ・ファミリアの構造を検討したとされる。

     PTXX3734.jpg

 これも29年前の撮影。

     バルセロナ 15

 ガウディの死後の1936年に始まったスペイン内戦により、ガウディが残した設計図や模型、ガウディの構想に基づき弟子たちが作成した資料のほとんどが散逸した。

     PTXX3736.jpg

 これによりガウディの構想を完全に実現することが不可能となり、サグラダ・ファミリアの建造を続けるべきかという議論があったが、職人による口伝えや、外観の大まかなデッサンなど残されたわずかな資料を元に、その時代の建築家がガウディの設計構想を推測するといった形で現在も建設が行われている。

     PTXX3738.jpg

 北ファサード、イエスの誕生を表す東ファサード、イエスの受難を表す西ファサードや内陣、身廊などはほぼ完成したがイエスの栄光を表すメインファサード、18本建てられる内の10本の塔が未完成である。

PTXX3744.jpg

 これらの塔の12本が12使徒、4本が福音記者、1本が聖母マリア、1本がイエス・キリストを象徴するものとされている。

     PTXX3739.jpg

 かつては完成まで300年はかかると予想されていた工事だが、スペインの経済成長や拝観料収入などに支えられて進捗は加速している。
 さらには21世紀に入ってから導入されたIT技術を駆使し、ソフトウェアによる3D構造解析技術と3Dプリンターによるシミュレーション検証、CNC加工機による成果が著しい。

     PTXX3745.jpg

 2026年の完成予定が現実となれば、1980年代に見込まれた約300年という建築期間はその後の30年で半減し、約144年の工期で完成することになる。

PTXX3746.jpg

 このセメント色の構造には、ちょっとショックを受けた。

PTXX3747.jpg

 宿に戻り、また車に荷物を積んで東へ向かう。
 民泊は、キーを部屋に残してオートロックのドアを閉じれば、それがチェックアウト。

 高速に乗って最初のサービスエリアで朝食だ。

IMG_5794mo.jpg

 目の前で絞っている、ヴァレンシアオレンジの生ジュースが滅茶苦茶美味い。

IMG_5793.jpg

 挽肉が入ったパイと、スペイン風オムレツをシェア。

IMG_5795_201907211611078de.jpg

 またピレネーの端を越えた。
関連記事
テーマ : スペイン  ジャンル : 海外情報

Comments






MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


1234567891011121314151617181920212223242526272829303110 2019