風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: Car & Bike

Comment (2)  Trackback (0)

大人の西遊記その10 ~24時間といえば

 モンサンミシェルを後にして向かったのは、ここ。

PTXX3488.jpg

 2時間以上の移動だ。

IMG_5578_2019071410304093c.jpg


 例によって料金所が次々と。
IMG_5581.jpg

 停め方が悪いと、左手で届かなくなり、右手登場。

IMG_5585_201907141030430a9.jpg

 途中参加の友人Mは、別途エールフランスでシャルルドゴールに降り立ち、TGVでルマンまで来ているはず。

65242797_2736711899737394_1966572448602128384_n.jpg

 駅前で待ち合わせなのだ。上下二枚はそいつが送ってきた画像。

64951840_428951364592774_8669465648176300032_n.jpg

 無事遭遇。

 荷物も何とか積み込めた。

IMG_5587_20190714103044039.jpg

 5人乗りになって、また走り始める。

IMG_5588_20190714103046e3f.jpg

 目的地は、もちろんここ。

IMG_5589_20190714103047bed.jpg

 初めての訪問。博物館に入る。

IMG_5590_20190714103528e7e.jpg

 まずは古いバイク。

IMG_5591_2019071410352963a.jpg

 二輪レースもあったんだな。

IMG_5593_201907141035317ba.jpg

 ウィキから引用すると、ル・マン 24時間レース(ル・マンにじゅうよじかんレース、仏: 24 Heures du Mans )は、フランスのル・マン近郊で行われる四輪耐久レースである。24時間でのサーキット周回数を競う。

IMG_5594_201907141035324bc.jpg

 1923年に「ラッジウィットワース杯24時間耐久グランプリ (Grand Prix d'Endurance de 24 Heures "Coupes Rudge-Whitworth")」として初開催された歴史あるレースのひとつで、フォーミュラ1のモナコグランプリとアメリカのインディ500と並び「世界三大レース」と呼ばれる。


PTXX3493.jpg

 競技はフランス中部にあるル・マン市のサルト・サーキットと呼ばれる全長13kmを超える周回コースで行われる。その2/3は普段は一般道で、レースウィーク中のみ閉鎖される。

PTXX3494.jpg

 スタートおよびゴール地点とその周辺は競技専用のブガッティ・サーキットの一部を使用する。なお、オートバイの24時間レースはブガッティ・サーキットのフルコースで行われる。


PTXX3498.jpg

 初めて、自動車部OB遠征隊らしい見学場所になった。

PTXX3499.jpg

 館内には2017年までのすべての出場車のミニカーが展示されている。
 
IMG_5595_2019071410353430a.jpg

 18-19年分は制作中なのだろう。
 いずれもトヨタがワンツーフィニッシュ、この日はわずか一週間後の訪問だった。

IMG_5598_2019071410353519d.jpg

 ピット周りの変遷もジオラマで。

IMG_5597_20190714103657cf6.jpg

 これは毎年分と言うわけではなかった。

IMG_5596_2019071410365669c.jpg

 マツダロータリーが強かった時期もあったなぁ。

PTXX3500.jpg

 写真パネルだが、昔のお得意さん、何度も何度も訪問した、パリのプロダクション会社、VCFの中継カメラが写っていた。
 VFが凹んでるぞ。

PTXX3489.jpg

 往年のレースカーが無造作にたくさん並べられている。

PTXX3501.jpg

 各コーナーには「テルトル・ルージュ」、「ミュルサンヌ」、「ポルシェカーブ」、「フォードシケイン」などの、レース業界で著名な名称がついている。

PTXX3503.jpg

 サルト・サーキットの名物といえば全長6kmに及ぶロングストレート「ユノディエール」であったが、マシンの進歩により1988年には最高速が405km/hに達するなどしたため、危険性を低減させるべく1990年に2箇所のシケインが設けられた。


PTXX3504.jpg

 毎年6月に、1年の内で最も昼の長い夏至の頃に開催される。6月上旬にはサーキットの一般公道部分を閉鎖してテストデーが行われる。

PTXX3507.jpg

 レースウィークは日・月曜日にル・マン旧市街地のリパブリック広場で一般公開の公式車検を行い、水曜日にフリー走行と公式予選1回目、木曜日に公式予選2・3回目を行う。

PTXX3508.jpg

 レース中に夜間走行があるため予選も深夜近い時間帯に行われるが、初夏のル・マンは日の入りが22時頃と遅い。日没後には気温が下がり、タイムアタックに適した時間帯となる。金曜日はル・マン市内でドライバーズパレードを行う。

PTXX3509.jpg

 土曜日の午前中にウォームアップ走行を行い、午後3時にスタートフラッグが振られレース開始となる。例年、主催者のフランス西部自動車クラブ (ACO) がスタートフラッグを振る人物を選ぶ。日没後に日曜日を迎え、午前6時に日の出、午後3時に栄光のチェッカーフラッグを受ける。


PTXX3511.jpg

 常設部分のコースも見学できた。

PTXX3512.jpg

 この部分はごく普通のサーキット。

PTXX3514.jpg

 ただ、ピットの数がものすごい。

PTXX3513.jpg

 Le Mansは年に一度だけだけど、ほかにもレースはあるのかな。

66720659_847290495650691_2122760330185539584_n.jpg

 ちなみに、サルテサーキットはまだ、世界遺産ではない。

 ピット裏にも入ることができたが、ほとんどシャッターが閉まっている。

PTXX3516.jpg

 何やら凄い車が並んでいた。

PTXX3518.jpg

 この建物はレースの時のプレミアム席か何かか、プライベートで使っているとかで、入らせてもらえず。

PTXX3519.jpg

 プロモーション撮影か何かだっただろうか。

 本番レース一週間後の日曜日と言うことで、まだのんびり撤収作業も進んでいた。

    IMG_5599c.jpg

 一般道を使用するコースも走ってみたかったが、時間が無くてまた高速道へ。

 またサービスエリアでランチになったので、アントレコート。やはりフランスのステーキは筋っぽい。

IMG_5600_20190714103802da0.jpg

 この日から5人乗りになったレンタカー内。

GOPR0081mo.jpg

 メルセデスのEクラスと言えども、狭い。
関連記事
テーマ : 自動車の歴史  ジャンル : 車・バイク

Comments

なつかP
かつて胸をときめかせたクルマが並んでますねー。
ルマンはドラマがあって好きでした。
マツダ787Bの優勝したレースレポートを読んで、ココロ揺さぶられました。
まんぼうさんへ
すごいでしょう。
無造作に並べられた車たち。
一台一台来歴を読み始めたら二日ぐらい必要です。

ほかの観光地と比べたら、もうガラガラ。
もう一度ぐらい行かないと。






MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


1234567891011121314151617181920212223242526272829303110 2019