風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: ドライブ

Comment (10)  Trackback (0)

ゲレンデの使い道

 シルバーウイークが始まりました。
 始めの三連休は天気予報がいまいち。とりあえず旅行の予定は立てていなかったのですが、いきなり晴れたので、昨日はまず、国道48号線、作並街道を西へ。

 関山峠を越えて東根市へ。猪野沢と言う交差点を左折、県道297号線を南下します。
 田麦野行沢線と言うプチ峠道から見る、黒伏山もしくは船形山。

IMGP1755m.jpg

 天童市に入ります。
 田麦野で、県道281号線、天童高原山口線に突き当たり、また左折して天童高原スキー場へ。

 原子心母たちのお出迎え。

IMGP1757.jpg

 天童市街から月山まで見渡せる、眺望の良い高原です。

IMGP1762cc.jpg

 スキー場のゲレンデに柵を作って、若い肉牛(かな?)が飼育されているようでした。

IMGP1760mc.jpg

 ホルスタインですかね。好奇心旺盛なやつはこっちへ寄ってきますが、左奥でこっちを眺めてる牛に注目。

IMGP1765cc.jpg

 下はご存知の名盤、ピンクフロイドの原子心母、Atom Heart Motherなんですが、右のジャケット写真とよく似てますね。親戚かな。

Atomheart Mother

 イヤリングがたくさん飾られてるのは、狂牛病やら口蹄疫のせいでしょうか。

IMGP1767.jpg

 天童高原を南へ下ります。林道面白山線。

IMGP1770.jpg

 ダートかと思いちょっとひやりとさせられましたが、このカーブだけでした。
 これを下ると仙山線の、面白山高原駅。山形に入って最初の駅です。此処は山形市になるのかな。

 駅を過ぎて反対側、今度はスノーパーク面白山のゲレンデです。

IMGP1771m.jpg

 こちらのゲレンデは牧場ではなく、花園になっているのでした。

IMGP1809.jpg

 面白山コスモスベルグ。
 ゲレンデというのはドイツ語の場所とか地面、英語のグラウンドと同じような意味の言葉ですが、スキー場、シーゲレンデが略されて日本ではスキー場の意味になっちゃってます。
 Bergというのは山という意味のこれもドイツ語ですが、実際の発音はベルクのはずです。
IMGP1776.jpg

 いろんな種類のコスモスたち。

IMGP1774.jpg

 この季節、一番癒される花ですね。

IMGP1795.jpg

 特によく風になびく花なので、写真家泣かせ。この時間は逆光でもありました。

       IMGP1783.jpg

 私はこの「あかつき」が好きです。

IMGP1797.jpg

       IMGP1784.jpg

 メキシコ原産の外来生物ですが、最近ワイドショー等で話題になっている多くの外来種とは異なって、すっかり定着し日本人には愛されていますね。

IMGP1781.jpg

       IMGP1798.jpg

 地味なアゲハチョウが居ました。

IMGP1800cc.jpg

IMGP1808cc.jpg

 大好きな夏が終り、秋桜は私にとっては暗い冬に向かう、秋の寂しい花です。

IMGP1813.jpg

 面白山高原駅から仙山線沿いを下っていきます。所々狭い林道。

 これが面白山でしょうか。

IMGP1815.jpg

 次の駅は、あの山寺
 面白山とは異なり、大勢の観光客で賑わっていました。


関連記事
テーマ : やまがた  ジャンル : 地域情報

Comments

良いですね
私も8月27日に全く同じコースをツーリングしていました!
http://clublynx.seesaa.net/article/160737499.html
「原子心母」のレコードジャケット酷似の牛の写真には驚いています!
これは絶対面白いし、まずこんな事に遭遇するなんてありませんから貴重ですよ(笑)
オフロードバイクで行った私はあの砂利道に一瞬喜んだのですがね(笑)
花の写真どれも素晴らしいです・・・拍手。


この花見るともう秋ですよねえー、
叔父さんもコスモス大好きなんで来週あたり
近くの釜房湖畔の公園に行ってこようかなあー、
それと釣堀でマス釣りして焼きたて熱々もね、

 このアゲハはたぶんオナガアゲハ Papilio macilentus だと思います。
地味ですが、流れるような細長い後翅が魅力です。

いいですね(*'ー'*)♪
やっぱりコスモスはピンク系がかわいい☆彡

私も面白山に行けば良かった…。
LYNX☆さんへ
ありがとうございます

LYNX☆さんのルートを追ったわけではないのですが、結果的にほぼ同じルートになりましたね。

もうスキーは20年以上やっていませんが、天童高原みたいに景色の良い場所には冬にも行ってみたいような気がします。
ベガサポさんへ
秋桜は、写真に撮るなら風がない日が良いですね。
松山城址公園も良いですよ。
http://gallery.nikon-image.com/134894965/albums/1021028/photos/
サエモンさんへ
オナガアゲハですか。
ありがとうございます。

静止するとき、羽を開いて留まるのが特徴でした。
zepさんへ
見ての通り、まだまだ蕾がありますので、見頃は続いていると思います。

私のように峠越で入るよりは、山寺の方から登るほうがワクワク感があって良いかも。
光線的には午後の方が良いかもしれません。
トレーサビリティー
耳票は、生産履歴を知るため、農水省が始めたんですね。個体識別情報。生まれた子牛には義務付けられています。
ですから、昔の牛のストック写真は使えなくなりました。

乳牛の割には、乳房がないですね。まだ若いせいか。雄牛だったら、いずれ国産牛として店頭に並ぶのでしょう。
kazuさんへ
そうですね、メスには見えませんでしたから、乳牛ではないようです。
原子心母のジャケット写真とは異なりますね。

スペインの闘牛で殺される牛の耳にも、タグは付いているのでしょうか?






MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


12345678910111213141516171819202122232425262728293011 2019