風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 博物芸術

Comment (0)  Trackback (0)

大人の西遊記その9 ~朝の巡礼

 先月23日の夜明け。16日に及んだ旅行の、5日目だ。まだ1/4が終わっただけ。

PTXX3456.jpg

 モンサンミシェルのホテルでいろいろ充電中だった。

IMG_5522_20190712091808a39.jpg

 朝散歩に出る。

PTXX3457.jpg

 島へのバスは、7:30かららしい。

    IMG_5525_20190712091809aea.jpg

 来た来た。

IMG_5528_20190712091810d8f.jpg

 やっぱり、バスの方が全然早いや。

PTXX3458as.jpg

 このバスは両サイドに運転席があり、方向転換の必要がない。

IMG_5529_20190712091811b95.jpg

 この朝は、干潮の砂浜を少し歩いてみた。

 これが良い方向だな。

PTXX3461.jpg

 またウィキペディアから。
 モン・サン=ミシェル(Mont Saint-Michel)は、フランス西海岸、サン・マロ湾上に浮かぶ小島、及びその上にそびえる修道院である。モンサンミシェルとも表記する。

     PTXX3464.jpg

 カトリックの巡礼地のひとつであり「西洋の驚異」と称され、1979年には「モン=サン=ミシェルとその湾」としてユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録され、1994年10月にはラムサール条約登録地となった。

PTXX3462.jpg

 30年前に来たときは、すでに世界遺産だったんだ。
 しかもその後、ラムサール条約の登録地!!

PTXX3465.jpg

 ノルマンディー地方南部・ブルターニュとの境に近いサン・マロ湾はヨーロッパでも潮の干満の差が最も激しい所として知られる。潮の満ち引きの差は15メートル以上ある。

     PTXX3466.jpg

 このため、湾の南東部に位置する修道院が築かれた岩でできた小島はかつては満ち潮の時には海に浮かび、引き潮の時には自然に現れる陸橋で陸と繋がっていた(タイダル・アイランド)。

PTXX3469.jpg

 島の入口には潮の干満時刻を示した表示があり、満潮時には浜に降りないようにと記されている。

     PTXX3470.jpg

 最も大きい潮が押し寄せるのは満月と新月の28-36時間後といわれており、引き潮により沖合い18kmまで引いた潮が、猛烈な速度で押し寄せる。

PTXX3471.jpg

 このためかつては多くの巡礼者が潮に飲まれて命を落としたといい、「モン・サン=ミシェルに行くなら、遺書を置いて行け」という言い伝えがあった。

     PTXX3472.jpg

 1877年に対岸との間に地続きの道路が作られ、潮の干満に関係なく島へと渡れるようになった。

PTXX3473.jpg

 しかし、これによって潮流をせき止めることとなり、100年間で2mもの砂が堆積してしまった。

PTXX3474.jpg

 急速な陸地化(陸繋島化)が島の周囲で進行しており、島の間際まで潮がくることは滅多になくなりつつある。

     PTXX3476.jpg

 かつての姿を取り戻すべく2009年には地続きの道路が取り壊され、2014年に新たな橋が完成した。

     PTXX3477.jpg

 建築物の主要部はゴシック様式だが、内部はさまざまな中世の建築方式が混ざり合って構成されている。

PTXX3478.jpg

 教会堂はカロリング期の様式で、身廊はノルマン様式(11~12世紀)、百年戦争後の1421年に破壊されたロマネスク様式の内陣はフランボワイアン・ゴシック様式(15世紀半ば~16世紀初頭)として再建された。

     PTXX3481.jpg

 これら周囲を13世紀の重層構造の修道院建築と13~15世紀の軍事施設が取り囲んでいる。

     PTXX3484.jpg

 やはり軍事施設でもあったんだ。

IMG_5540_20190712092317a8a.jpg

 とあるホテルの食堂で、軽く朝メシ。

IMG_5539_20190712092315af3.jpg

 その後、散歩は続く。
 この島はもともとモン・トンブ(墓の山)と呼ばれ先住民のケルト人が信仰する聖地であった。

IMG_5541_201907120923188ee.jpg

 708年、アヴランシュ司教オベールが夢のなかで大天使ミカエルから「この岩山に聖堂を建てよ」とのお告げを受けたが、悪魔の悪戯だと思い信じなかった。

IMG_5543_20190712092320bc8.jpg

 再び同じ夢を見たが、また信じなかった。ついに3度目には大天使はしびれを切らし、今度はオベールの額に指を触れて強く命じたところ、オベールは稲妻が脳天を走る夢を見た。翌朝、オベールは自分の頭に手を置くと脳天に穴が開いていることに気づいて愕然とし、ここに至って大天使ミカエルのお告げが本物であると確信してここに礼拝堂を作ったのが始まりである。

IMG_5545.jpg

 966年にはノルマンディー公リシャール1世がベネディクト会の修道院を島に建て、これが増改築を重ねて13世紀にはほぼ現在のような形になったものである。中世以来、カトリックの聖地として多くの巡礼者を集めてきた。

IMG_5546.jpg

 百年戦争の期間は島全体が英仏海峡に浮かぶ要塞の役目をしていた。モン・サン=ミシェルの入り口には今もイギリス軍が捨てていった大砲とその弾が残っている。

     PTXX3487.jpg

 18世紀末のフランス革命時に修道院は廃止され1863年まで国の監獄として使用され、その後荒廃していたが、ヴィクトル・ユゴーの紹介がナポレオン3世を動かし、1865年に再び修道院として復元され、ミサが行われるようになった。

    IMG_5547_20190712092634403.jpg

 19世紀には陸との間に堤防を造成して鉄道・道路ができ陸続きになり(鉄道は後に廃止)、フランス西部の有数の観光地となっている。

    IMG_5548_2019071209263634a.jpg

 1979年にはユネスコの世界遺産に登録された。2006.8.5現在、3人の修道士が在住し、9人の修道女が近隣の町から通って運営に当たっている。

    IMG_5551_201907120926375dd.jpg

 満潮時には訪問できなかったので、スマホアプリでなんちゃって画像。

IMG_5538_2019071209263314c.jpg

 堤防道路(1849年築造)の影響により、島の周囲が砂洲化したため、国家事業として2億3000万ユーロ(約312億円)をかけて、かつての「島」に戻す工事が行われた。2006年から着手し、駐車場となっている堤防の代わりに橋でつなぎ、海流により堆積砂を取り除くもので、潮の流れを妨げにくい脚付きの橋(長さ約760m)が2014年7月22日に開通した。

IMG_5553_20190712092639e9b.jpg

 宿に戻って、出発だ。ゲートを脱出。

IMG_5554.jpg

 近くの丘の麦畑の中に、風車があった。

IMG_5556_201907120926420b9.jpg

 観光案内所のようだ。

    IMG_5571_20190712092646c2f.jpg

 ベースはエーゲ海風の風車だが、羽だけが現代風。

    IMG_5560_20190712092643482.jpg

 モンサンミシェルも見えた。

IMG_5563.jpg

 もう収穫も近そうな、麦とヒナゲシ。

    IMG_5566_20190712092747a5a.jpg

 西フランスの丘の上にも、ヒナゲシは咲いていたぞ、アグネス。

    IMG_5568_201907120927484f2.jpg

 これは、ミレーの世界かな。

IMG_5574_201907120927507d7.jpg
関連記事
テーマ : フランス  ジャンル : 海外情報

Comments






MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
最新の記事
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


1234567891011121314151617181920212223242526272829303108 2019