風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 神社仏閣教会

Comment (0)  Trackback (0)

大人の西遊記その8 ~西の江の島?

 エトルタを後にして、さらに西へ。

IMG_5497_201907120847031e0.jpg

 休憩はサービスエリアのみ。

IMG_5495_20190712084702949.jpg

 ここまでで一番長い、約620㎞を走破した日だ。

IMG_5498.jpg

 ここまで来れば、もうフランスの西海岸、サンマロ湾と言われるエリアになる。

PTXX3429cas.jpg

 あの島が見えてきた。

   PTXX3430.jpg

 江の島でも厳島でもない。

 これは30年ぐらい前の駐在員時代に、初めて来たときの写真。

   OMI_0106.jpg

 今も変わらぬ、モンサンミシェル島だ。

PTXX3434.jpg

 ここでまたトラブル発生。

 今回の旅のプランは、昨日の記事にも写っている、独逸と英国の駐在を経験した、友人Hが練りに練って創り上げてくれたもの。
 それにヨーロッパは初めてだけど、海外旅行経験豊富な電脳老人の友人Tがホテルをすべて予約。

 ワタシは時々プランに茶々を入れるだけで、良かったのである。
 そのため宿の住所は全て判っていて、メルセデスのカーナビにそれを入力して、あとはその英語による指示に従って走ったわけ。

 それがここでは手前にゲートがあるのであって、ホテルに辿り着けないのだ。

IMG_5499_20190712084706074.jpg

 裏側からは入れないのか悪あがきもしたが、結局その二人を車から降ろして徒歩で宿に向かわせる。
 距離は大したことなかったのだが、そこから送られてきたメッセージによれば、ゲートを開けるコードが、"xxx6U8V"。(xxxは数字)

 これを押そうとしたのだが、キーパッドに"v"はあるが"u"がないのだ。
 ゲートが開かない。

 後ろには車の行列。
 しびれを切らせて、観光バスの運ちゃんが助けに来てくれたがダメ。

 後ろに動いてもらってバックする。
 参った、参った。

 またメッセージでやり取りし、結局それは"u"ではなくて"4"だったのだ。

65142789_2075579606076700_1281775179231395840_nmo.jpg

 上が実際にフロントのお姉さんに友人がもらったメモ書きだ。

 確かに向こうの人が書く4とuは似ているが、これは明らかにuだぞ。

 とにかく、モンサンミシェルの対岸地域に入ることはできた。

   OMI_0102.jpg

 上下2枚は、これまた30年前の画像。

   OMI_0100.jpg

 もちろんだいぶ様変わりしている。

 30年前はすぐそばまで車で入れたのに、今は完全閉鎖だ。

PTXX3437.jpg

 対岸エリアでさえ、入るのは宿泊者だけ?

PTXX3438.jpg

 見ての通り、立派な木道が渡されていて、そこを20分ほど歩くのだ。

PTXX3439.jpg

 手ごろなウォーキング距離ではある。

PTXX3440.jpg

 到着。

IMG_5502_20190712084708717.jpg

 引き潮だった。

PTXX3445.jpg

 これまた30年前の画像。

   OMI_0099.jpg

 そして今。

PTXX3447.jpg

 変わっていない。

     PTXX3449.jpg

 今回5ヶ所目の世界遺産だ。

PTXX3450.jpg

 修道院に入館できる時間を過ぎているためか、人は少ない。

    IMG_5505_201907120850339e4.jpg

 このあたりで軽く一杯飲むことにした。

    IMG_5506_201907120850356c1.jpg

 なんでも有名なオムレツを喰わせる店があるらしいのだ。

    IMG_5504_201907120850327e4.jpg

 しかし予約で満席。

 同じ通りを撮った30年前の画像もあった。

      OMI_0098.jpg

 同じ看板が写っている。

 ここにもオムレツはあったので、すいていた別の店へ。

    IMG_5511_2019071208532109e.jpg

 ホテルの一階のようだ。

IMG_5508_20190712085317814.jpg

 ま、旨いビールが呑めれば、それでいいのだ。

       IMG_5507_201907120853167e3.jpg

 オムレツのプレートを4人で二つ。

IMG_5509_20190712085318799.jpg

 普通だと思った。

IMG_5510.jpg

 雰囲気は異なるが、ごちゃごちゃしている参道と言う意味では、江の島や厳島と同じ。

PTXX3452.jpg

 30年前はどこに泊ったんだろう。

     PTXX3451.jpg

 今宵の宿がある、対岸へ戻ろう。

IMG_5513_201907120853234e6.jpg

 陽が沈んでいく。

PTXX3448.jpg

 無料で乗れるシャトルバスがあった。

IMG_5518_20190713105555bd6.jpg

 来るときも乗ればよかったのだ。

IMG_5515_20190712085324c08.jpg

 宿に戻って、持ち寄ってきた酒の肴と、カップラで腹を満たした。

PTXX3454.jpg

 トラブル続きの長い一日が終わった。

PTXX3455.jpg

 このころまでは、それほど暑くはなかったな。

    IMG_5521c.jpg
関連記事
テーマ : ヨーロッパ旅行記  ジャンル : 旅行

Comments






MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
最新の記事
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


1234567891011121314151617181920212223242526272829303108 2019