風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: ドライブ

Comment (2)  Trackback (0)

大人の西遊記その7 ~カレーと蕎麦?

 6月22日は、朝6時過ぎにブルッへの宿をチェックアウトしていた。
 今さらだけれど、パリやローマ、ロンドンなどにある超有名観光スポットにこだわらなければ、一番気軽にヨーロッパの文化を感じ、食を楽しむことができる国は、間違いなくベルギーだと思う。

 また高速に乗って西へ。

 最初のサービスエリア(とは呼ばないけれど)で給油だ。

IMG_5423_2019071203141402d.jpg

 今回初めてだったかな?

 売店とカフェテリアも併設されていたのでトイレ休憩も。

       IMG_5430_2019071203141709f.jpg

 ドイツやベルギーの高速は無料で走れるが、トイレは基本有料。0.5ユーロほどだ。
 朝メシはカフェテリアでサンドウィッチとエスプレッソ。。

IMG_5427_2019071203141533e.jpg

 何を注文したんだっけ。

IMG_5428_20190712031415121.jpg

 今回の旅はホテルでのんびり朝食する時間が勿体ないので、これが基本と言う縛りになっていた。

PTXX3404.jpg

 ベルギーの高速沿いにも風車は多い。

PTXX3406.jpg

 バードアタック対策なのだろう、珍しい赤い縞模様仕様だ。

PTXX3408.jpg

 欧州四ヶ国目の、フランスに入る。

PTXX3411.jpg

 ドイツ→オランダ→ベルギー→フランス。
 昔あった税関と入国ゲートは、もうない。

 カレーにダンケルク。聞いた名前だな。

PTXX3416.jpg

 カレーの海岸に寄ってみた。

PTXX3421.jpg

 ユーラシア大陸がイギリスに一番近い場所で、今も大型フェリーが頻繁に往復している。

 独逸駐在員時代、英国で展示会があると、機材を大きめのヴァンに乗せて、何度もフェリーでここを渡った。
 3ヶ所ある国境では毎度面倒な通関手続き。

PTXX3423.jpg

 一度はブライトンでの展示会会期中に、当時頻発していたテロ対策の一環で、突然フランス政府が日本人含む外国人の入国に、ヴィザが必要と言い出し、帰りのカレー行きをキャンセルしてオステンデ行きに変更したことがあるのを想い出した。

 おかげで国境での手続きが一つ減ったが、ドーバーからベルギーのオステンデまでは2時間以上余計に時間がかかったはず。

 独逸と英国、両方に駐在経験がある友人には、グレートブリテンが見えたらしい?

IMG_5433_2019071203141895c.jpg

 綺麗な砂浜が続く場所だった。

IMG_5437_20190712031421f00.jpg

 ふと見つけた公衆トイレ。
 タダで使えそうだったので、早めにオシッコしようとしたのだが、どうも挙動不審。

    IMG_5438.jpg

 ドアが閉まらないので、友人に見張りを頼んだが、フランス語表示が分からないし、色々ボタンを押しまくっているうちに突然水が流れた挙句、便器が引っ込んでしまった。
 ぎりぎりセーフだったのだが、どうも便器をいったん上げて水洗することで、清潔さを保っているよう。

 怖いので以後もこのタイプのトイレには近づかなかった。

 フランスでは電話回線が、Orange Fになっている。

IMG_5434c.jpg

 この国の大手電話会社のようだった。

 またしばらく高速道路を激走、次のトイレ休憩もサービスエリアだ。

    IMG_5448_2019071203142697a.jpg

 フランスのサービスエリアにあるトイレは、無料で使えた。

 珈琲はカードで買う。

    IMG_5445_20190712031424a11.jpg

 池に鴨がいた。

    IMG_5444_201907120316372bc.jpg

 さらに北フランスをひたすら西へ。

IMG_5450_201907120316387e6.jpg

 そうそう、フランスの高速道路は、昔から日本と同じように基本有料。
 それもチケットをもらうゲート、支払いの料金所、チケットなしで一発支払いの場所があってややこしいのに加え、たぶんETCのような停止不要のシステム用ゲートもあって危険だ。

 これは支払いのゲート。

IMG_5457_201907120316401c9.jpg

 慣れない左ハンドル運転で、左にぎりぎり寄せるのが難しいうえ、表示がフランス語、まず一番左にチケットを入れ、その後下にクレジットカード、ちょっと待ってカードが戻ったら、その右のボタンを押すと一番右から領収書だ。

 機械によってレイアウトも変わるし、ドライバーにとって最もドキドキする瞬間。
 ただ、我々以外にも立ち往生してしまう車も多く、ホーンを鳴らされても焦らず開き直るしかないのだ。

 13時過ぎに辿り着いたのは、初めて聞くエトルタというノルマンディーの街。

IMG_5464_20190712031646e70.jpg

 仮設のような駐車場に停めるスペースを見つけるのが大変だったのは、土曜日だったせいかも。

IMG_5460_20190712031641fdc.jpg

 それなりに観光地のように見えた。

IMG_5462_20190712031643a06.jpg

 美しい青空の下に、古い建物がある。

IMG_5466.jpg

 我が物顔の海鳥がいる。

IMG_5489_20190712031650fa1.jpg

 東北地方の海辺の町のようだ。

IMG_5491.jpg

 少し歩いて、浜辺に出た。

IMG_5472_20190712031649123.jpg

 ここは小砂利浜。

IMG_5471_20190712032318429.jpg

 ブラタモリ風に言えば、対岸にあるドーバーの白い崖と、同質の岩盤帯らしい。

IMG_5469_20190712032315fd8.jpg

 象の鼻のような、アヴァルの門と呼ばれる奇岩の向こうに、牙のような尖った岩が少しだけ見える。

IMG_5470_20190712032316fec.jpg

 アルセーヌルパンの生みの親、モーリスルブランは近くのルーアン出身、この岩はその小説奇巌城のモデルなのだそうだ。
 小学生のときに図書館から借りてきて、むさぼるように読んだものだ。

 クロードモネもこの岩を描いている。

Monet_-_Sonnenaufgang_bei_Etretat.jpg

 オレの方が晴れ男だな。

 街にはライバル、シャーロックホームズ風の絵を描いた、探偵ホテルも。

IMG_5463_20190712031644641.jpg

 この街で昼メシと言うことで、裏通りのクレッペリーへ。

    IMG_5485_20190712032325f01.jpg

 ノルマンディーと言えば、ガレット。

IMG_5477_20190712032319275.jpg

 そば粉を使ったクレープである。上はサーモンクレープだな。

 週末はデザートのクレープとのセット。

    IMG_5479c.jpg

 これはデカい。

IMG_5480_20190712032322b01.jpg

 喰いきれなかったぞ。

     IMG_5482_20190712032323778.jpg

 苦労して狭い駐車場からメルセデスを救出し、その後も雄大なノルマンディーの風景の中、さらに西へ。

PTXX3425.jpg

 明日に続けよ。

GOPR0066mo.jpg
関連記事
テーマ : くるま旅  ジャンル : 旅行

Comments

フランスのイギリス海岸?(笑)
賢治先生、何て名前を付けるんでしょう?(笑)
カレー、って、昔美術の授業で、カレーの市民、っていうじーさん達がモデルの、塑像を見たような・・・。😅
まんぼうさんへ
そうそう、そんな聞いたことがあるような無いような地名が続くエリアです。
ここが繋がっていたら、シーザー、ナポレオンやヒトラーの軍隊がイングランドを蹂躙してたかもしれないし、EUからの離脱もないかもしれないし。
イギリス人がヨーロッパと言う言葉を使う時、自分たちを含めないこともありました。

島と大陸の微妙な関係は、日本と似ているのかも。






MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


1234567891011121314151617181920212223242526272829303110 2019