風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 空の旅

Comment (0)  Trackback (0)

大人の西遊記その1 ~半島へ

 6月19日の午前中は、仙台駅へ。
 コンコースで沖縄の物産展を開催中だった。

DSC_0002_2019070702345849c.jpg

 残念ながら、今回は買えない。

 混んでいて座れなかったアクセス鉄道で、空港へ。

DSC_0004_201907070234596b1.jpg

 チェックインしてから、仙台に来て、初めての出国検査だ。

DSC_0005.jpg

 保安検査場もだいぶ様変わりしていたが、これは国内線も同じなのかな。

DSC_0006_20190707023501d19.jpg

 最後に外国へ渡ったのは、1999年か2000年。20年ぶりだ。

    DSC_0008_20190707023503338.jpg

 仙台空港内にも、免税店なんてあるんだな、当然か。
 
DSC_0010.jpg

 この航空会社も初めての経験だ。

DSC_0009_20190707023504ec8.jpg

 そこそこ混んでいたが、東南アジア系の客が多かった気がする。

20190619_132010569.jpg

 温められた機内食を食べるのも20年ぶりかも。

20190619_131353037.jpg

 コチュジャンをかけて、好みの辛さにするのだ。

20190619_131511456.jpg

 およそ二時間半のフライトだから、那覇よりは近い。

IMG_5182.jpg

 機材は小さめだ。

IMG_5183.jpg

 生まれて初めての半島。と言ってもここは島らしい。

IMG_5185_20190707023510524.jpg

 いろいろ揉めている相手国なので、個人的には抵抗がある。

IMG_5190_2019070702374665b.jpg

 仁川空港だ。
 成田から飛んできた友人たちと待ち合わせ。

 そう言えば、歯ブラシを忘れてきたなぁ、と思っていたら、友人Tがレンタル予約してたSIMカードのおまけについてきた歯ブラシをくれた。

    DSC_0012.jpg

 ホテルまで乗せてくれるバスを探すが、どうもうまいのが見つからない。

 ワタシには初めての国、友人たちの方が経験豊富なので、頼りっきりだ。

DSC_0014_20190707023734a49.jpg

 バスがダメみたいなので、タクシー運転手と話を始めるが、どうも我々が予約したホテルを知らないのだ。

 もちろん住所はわかっているので、その近くまで乗せてもらった。

 しかし建物がホテルっぽくないし、そのホテルの看板もない。
 ロビーをうろうろ。

 何人かの現地人に聞いて、事務所にたどり着いた。普通のマンションだ。

 ドアに貼り紙。我々にあてたものなんだろう。

    DSC_0016_20190707023736d1c.jpg

 要は留守にしてるから、電話しろと。

 しかし友人のSIMはデータ通信専用で、通話ができない。
 ビル周辺まで探したが、公衆電話も見つからない。

 結局ドアの前を通りかかった、現地人のお姉さんに事情を話して、電話してもらった。
 すぐに担当者がが来てカードキーをもらい部屋へ。

 とても綺麗な部屋だった。いわゆる民泊なのだろう。

 携帯電話がないと生活ができない国は、日本も同じなのか。

 ここまで1時間以上かかり、予定していた街中へ繰り出す元気がなくなった4人。

 ビルの一階が食堂街だったので、近場で済ませることに。

DSC_0020.jpg

 ちんぷんかんぷんな暗号が並ぶ。

DSC_0021.jpg

 金額は一桁減らすとちょうど円と同じくらいになるらしい。

    20190619_184146590.jpg

 観光客向けの店ではなかったが、一人英語を話せる女性が、英語メニューを持って来てくれた。

20190619_184306461.jpg

 あとは何とか。

20190619_184754380cas.jpg

 昔独逸に駐在していた時に、現地の韓国レストランは、日本食食堂よりも遅くまで開いていて、仕事が延びた時にはよく通ったのだが、そこで初めてプルコギや、焼き春雨を食べたものだ。

DSC_0023.jpg

 その後仙台に来て、時々食べるようになったので、多少は知識もあるつもりだったが、現地の方が豪快。

DSC_0027.jpg

 まぁ、庶民的な店なのだろう。

    DSC_0028.jpg

 これは辛かった。

DSC_0029.jpg

 ビビンバは、もはやほっとする味。

DSC_0031.jpg

 焼酎なのかな。

    DSC_0032.jpg

 冷麺。

    DSC_0034.jpg

 なぜかお姉さんラベルが多い国だった。

    DSC_0036.jpg

 まんぷくで部屋に戻る。
関連記事
テーマ : 韓国旅行  ジャンル : 旅行

Comments






MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


1234567891011121314151617181920212223242526272829303110 2019