風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: ドライブ

Comment (2)  Trackback (0)

やいま漫遊記9 ~岬めぐり

 5月23日。

P5230069.jpg

 天気は薄曇りだった。

 朝食バイキング。

IMG_4535_20190531144823c16.jpg

 ホテルグランビュー石垣は、変な形の交差点に面していた。

IMG_4536_20190531144823174.jpg

 その名も730交差点。
 1978年だから、ワタシが大学3年の年の7月30日朝6時、それまで車は右側通行だった沖縄、せーーので左側通行になったのだ。
 その記念碑。

IMG_4538_20190531144825c3d.jpg

 交通標識はその直前8時間で一斉交換されたそうだが、大変だったことだろう。

 この日はレンタカーを借りた。トールという無意味に天井が高い車で、まだ800㎞そこそこしか走っていない新車だった。

IMG_4543_20190531144828488.jpg

 アイドリングストップが付いているが、そもそもあまり停止することがない島の北部をドライブ。 

PTXX2878.jpg

 まずは玉取崎展望台。

PTXX2888.jpg

 島の北端が、函館山にそっくりだ。

PTXX2867.jpg

 海の色はイマイチだが、アカショウビンの囀りが聴こえる。

PTXX2892.jpg

 美しい花があったが、名前はわからない。

    IMG_4542_2019053114482695e.jpg

 さらに北へ進み、石垣島の最北端。

PTXX2906.jpg

 平久保崎だ。

PTXX2915.jpg

 沖縄を代表するオーシャンビューとのことだったが、天気が残念。

PTXX2931.jpg

 また、次の機会に。

 南へ戻る。

 島の西岸を走っていると、西表島に似た風景。

PTXX2934.jpg

 吹通川の河口だ。

PTXX2942.jpg

 小魚とマングローブ。

PTXX2944.jpg

 駐車場にいたおっちゃんが、何か装置を弄っていると思ったら、ドローンがテイクオフ。

PTXX2956.jpg

 川下り中のお嬢さんたちの上空を飛び回っていた。

PTXX2971.jpg

 いろんな遊びがあるものだ。

 米原海岸。

    IMG_4548_20190531145005516.jpg

 天然記念物のヤシ林があった。

     PTXX2980.jpg

 これは西表の沢登りの時に、落ちた実を踏んで、滑って転ぶ原因になった不思議な樹。
 結構いろんな場所で見かけた。

PTXX3015.jpg

 ここでまた、楽しい被写体発見。

6K4A6207.jpg

 キノボリトカゲだな。

PTXX2986.jpg

 タモリのカメレオンイグアナに似ている。

PTXX2999.jpg

 飛んだぞ。

PTXX3000.jpg

 カメラ目線。

PTXX3013.jpg

 カメレオンのように、色を変えられるらしい。

 ランチタイム。

P5230075.jpg

 県道沿いの看板につられて。

P5230071.jpg

 八重山 嘉とそば。

    IMG_4549_20190531145218ace.jpg

 海が見えるテラスで、海老そばだ。

IMG_4550_201905311452206fa.jpg

 海老出汁たっぷりのこってりスープは、もはやラーメンの範疇。

    IMG_4554_20190531145320662.jpg

 海老の殻剥きは、正直めんどくさかった。

P5230074.jpg
関連記事
テーマ : 離島の旅  ジャンル : 旅行

Comments

タモリさんは
イグアナ、だったと思います。(笑)
お天気が残念でしたねー。
青空と海の色があったら、全然違ったでしょう。
でも、やっぱり沖縄は暑そうです。
なぜか北海道も暑いですが。(^_^;)
まんぼうさんへ
ありがとうございます。
訂正しました。

竹富島の天気は良かったんです。
ま、正平さんが行った時よりは、どっちも良かったですね。






MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


12345678910111213141516171819202122232425262728293011 2019