風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: アウトドア

Comment (0)  Trackback (0)

やいま漫遊記8 ~午後も続けよ

 先月22日の午後は、引き続き野鳥観察。

PTXX2426.jpg

 写真撮影メインということなのか、午前と同じ、伊野田のキャンプ場へ。

PTXX2319.jpg

 昨日の記事と同じような画像ばかりになってしまうが、連写モードでたくさん撮ってしまったので。

PTXX2344.jpg

 個体もまず同じだろう。

PTXX2353.jpg

 時々急降下して、採餌。

PTXX2363.jpg

 その後は昼寝か?

PTXX2400.jpg

 こっちも眠くなってくる。

 車の窓を開けているので、蚊も入ってくる。

     PTXX2523.jpg

 眠気覚ましに車の外へ。

PTXX2475.jpg

 リュウキュウアオバズクだそうだ。

PTXX2483.jpg

 すぐ下に巣があって、雛を育てているのか。

PTXX2490.jpg

 目が大きくて、可愛い。

PTXX2515.jpg

 どこにでも咲いている、ハイビスカス。

    IMG_4517_20190531061017168.jpg

 八重山では天頂を向いているのだ。

IMG_4518_201905310610189ba.jpg

 仙台のベランダと違う。

PTXX2622.jpg

 車に戻って、またさっきのアカショウビン。

PTXX2627.jpg

 陽の当たり方がちょうどよくなってきたか。

PTXX2642.jpg

 なんとなく動きも活発に。

PTXX2682.jpg

PTXX2692.jpg

PTXX2700.jpg

PTXX2721.jpg

PTXX2738.jpg

PTXX2744.jpg

 また午前中と同じ林道へ移動。

PTXX2783.jpg

 たぶん同じカンムリワシだ。

PTXX2807.jpg

PTXX2810.jpg

     PTXX2828.jpg

 面白かった。
 ずっといろいろな鳥のさえずりが耳に入ってくるし、なかなか撮影できなかったけれど、さまざまな蝶が舞っている八重山の里山。

 車を停めて、ぼおっとしているだけでも癒される。

 そして夜はまた、ホタルの林道へ。前夜とは違う場所だ。

 時々ばたばたばたばた、オオコウモリが頭上を移動している。

DSC06293al16al.jpg

 今回は覚悟を決めて、アングルを固定。60枚以上連写してみた。

DSC06304al11best.jpg

 最初の4枚は、そのうち11~16枚程度ずつを順に合成してみたもの。

 光が連続して移動しているのは、点滅するヤエヤマボタルではない、別の種類だそうだ。

DSC06306al13.jpg

 前日よりも奥行きが深い藪を選んだので、遠くの小さな光が多いと思う。

DSC06319al13.jpg

 暇に任せて、試しに55枚合成。

DSC06332al55.jpg

 動かない光点が多い。
 メスがあまり動かないそうだ。

 それで何となくセンスで、15枚をチョイスして重ね、トリミングしたもの。

DSC06332al13_2c.jpg

 どうだろうか。

P5220061.jpg

 ついでに野鳥ツアーの続編、リュウキュウコノハズクだ。

P5220062.jpg

 これまた可愛い。

P5220063.jpg P5220064.jpg

 オマケにヘビも。

P5220066.jpg

 絶滅危惧種のサキシマバイカダだそうだ。

 たくさんシャッターを押せて、幸せな時間だった。
 ガイドさん、一日ありがとう。

 夜はガイドさんに教えてもらった、ひとしという店に行ってみたが、満席。

 それでここに入ってみることに。

IMG_4533_20190531061338517.jpg

 この地ビールが、旨かった。

    IMG_4523_20190531061335442.jpg

 石垣牛刺と、八重山かまぼこ揚げ。

IMG_4524_20190531061336bb2.jpg

 脂が多すぎず、ちょうど良い。

       IMG_4525_20190531061501dde.jpg

 今回気に入ったアダンを使った、アダンチャンプル。

IMG_4526_20190531061502891.jpg

 見た目はパイナップルのようだが、食感はタケノコに似ている。

ネットで見つけた画像:kiji1Img.jpg

 実を食べるのではなく、調理するのは新芽だそうだ。

 ラフティ揚げあんかけ。

IMG_4527_2019053106150350f.jpg

 やはり連れがいると、肴がいろいろ注文できて、嬉しいな。

    IMG_4529_20190531061505ce9.jpg

 地元天ぷら盛り合わせ。
 右は、父が自宅でも育てていた、オオタニワタリだ。

IMG_4530_20190531061506546.jpg

 喰えるんだな。

 山海生春巻 島ラー油掛け。

IMG_4531_20190531061508a68.jpg

 〆はビィヤーシ焼そばだった。

IMG_4532_20190531061510f71.jpg

 まんぷくまんぷく。
関連記事
テーマ : 野鳥の写真  ジャンル : 写真

Comments






MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


12345678910111213141516171819202122232425262728293011 2019