風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 美味いもん

Comment (14)  Trackback (0)

柳の下のラタトゥイユ

 先日ラタトゥイユを作った話を書いたところ、大反響だったので、また作ってみました。

 今回はユケチュウさんが教えてくれたレシピ。炒めないんです。

DSC01937.jpg

 まず、茄子と玉葱にワインをぶっかけて鍋で煮ます。

 日本酒か白ワインという指導だったのですが、ここでは赤ワインです。

DSC01938.jpg

 水を入れないのがちょっと心配だったのですが、心配ありませんでした。

 指導では、ズッキーニとパプリカにジャガイモを入れるべしとのことでしたが、無かったので、前回の感想から、エリンギと大豆の水煮を入れてみました。もちろんトマトもね。

DSC01940.jpg

 あとからオリーブオイルと、マギーブイヨンを投入し、コトコト煮て完成。

       DSC01941.jpg

 ありがとうございます。美味いです。

DSC01942.jpg

 トマトの違いか、赤ワインを使ったせいか、前回より酸味が少ないです。

 大豆がちょっと柔らかすぎかな。

 最初の画像からずっとたどっていくと、絵としてコントラストがどんどん失われていくのが判ります。
 料理というのは、ある意味、素材のとんがった個性を、失わせていくものなのでしょうか。
関連記事
テーマ : 食と健康  ジャンル : ヘルス・ダイエット

Comments


ラタトゥイユ再挑戦ですか
小生は二度目はまだです

昨日沖縄観光から帰ってきました
首里城に行ったら風写さんによく似た
警備員さんを見かけました
写真撮りたかったのですが
失礼だと思い遠慮しました

ひめゆりの塔近くで
風車3基見かけました

こんにちわ。
お料理、お上手なんですね。

とてもおいしそうです!
私も、作ってみたいとおもいます!
ほほぅ
炒めなくても、最後にオリーブオイル使うのがいいですね。
なんでもかんでも油抜きがヘルシーだと思ってる人がいるけど、
ベータカロテンは脂溶性、ノンオイルでは吸収率が弱いです。

>料理というのは、ある意味、素材のとんがった個性を、失わせていくものなのでしょうか

う~ん、「失わせる」というとネガティブ感が否めないけど
まぁそんな側面もあるでしょうね。
強烈な個性を活かす料理もあれば、和らげる料理もあるし
ときには別の個性を引き出す料理もある。。。ってカンジかなあ。

お料理、楽しくなってきたのすか?(笑)
料理は奥が深い
  ん~、、、どうだろう。
 油で炒めてから蒸し煮にする料理と蒸し煮にしてから
後で油を塗す料理では、全く異なる料理なんでしょうね。

 材料的には同じでもanegoさんが指摘しているように
脂溶性のビタミン類や色素を効率的に摂る為には、最初
から油を使った方が良いような気もしますね。

 料理は栄養摂取を楽しくするための技ですので、素材の
特性を活かしたり、大きく変化させたりの組み合わせで
豊かになります。
なるほど・・・
>風写さんへ
「風写さん、野菜もたくさん食べてね」の声に賛同&応援したく、勝手にレシピを送ってみたのですが、栄養面、不足だったようです。こりゃまた、失礼しました。でもこれに懲りずに、野菜料理にもどんどん挑戦して下さいね。

>サエモンさん・anegoさんへ
あっさりしていてたくさん食べられるので、このようにしてみたのですが、野菜の栄養が十分とれないのでは、ダメですよね。大変勉強になりました。ありがとうございます。

ラタトゥユですか。昼飯担当「人類は麺類」の私としては、アナザワールドです。
日本語にすると「冷やし野菜煮」?
でも、これじゃお客さんはセレクトしてくれませんね。
ミートソースもボロネーゼっていえば、かっこいい。
大名マークさんへ
沖縄ですか。
この時季暑かったでしょうと言いたいところですが、今年はどこも同じですね。宮城の人もだいぶ暑いのには慣れているでしょう。

首里城の警備ですか、イイ仕事ですね、昔朝ドラ「ちゅらさん」で、堺マチャアキ扮する父役のタクシードライバーが、守礼の門あたりに駐車して昼寝していたのを思い出しました。
美桜うららさんへ
冗談冗談
ぜんぜん上手じゃありません。

最近東京は世界で一番美味いものが食える街、と言う評判が定着しつつありますが、確かに日本人が一番料理という仕事に向いている人種かもしれないとよく思います。

私のクッキングはイギリス人クラス、いい加減です。
もともと性格が向いていないんです。食べるのが好きなだけ。
anegoさんへ
そうそう、確かに私も「失わせる」と言う言葉を使うのに抵抗がありました。

皆さんから期待したリアクションをいただいて満足です。ありがとうございます。
サエモンさんへ
ありがとうございます。
簡単にいうと、茄子は生の時の方が油がよく染み込むということですね。
ユケチュウさんへ
勝手にレシピを公開してしまってごめんなさい。
と言ってもだいぶアレンジしてしまいましたが。

野菜を食のメインにしようとしているのですが、サラダと鍋以外の簡単物、それも保存が利くということで、定番常備品にするつもりです。
これからもよろしくお願いします。
kazuさんへ
ラタトィユ
濃い目に味付けすればそのまんまパスタソースにもなります。

お店に出すときは、

ヘルシーで女性に優しい!!
冷製ラタトィユスパゲッティ
みたいな。

コレ、簡単でよいですね。
自炊する時は野菜をどっさり食べるワタシには良いメニュー。
マネさせていただきます。
おおさんへ
お疲れ様です。
私の真似しなくてもいいかと思いますが、頑張りましょう。






MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


12345678910111213141516171819202122232425262728293011 2019